wallet(ウォレット)

Argent(エージェント)〜DeFi,L2に対応したイーサリアムウォレット

Argent(エージェント)〜DeFi,L2に対応したイーサリアムウォレット

Argent(エージェント)はイーサリアムベースの仮想通貨ウォレットで、現在のイーサリアムのエコシステムであるDeFi(分散型金融)やNFTなど包括的なサービスを提供するウォレットです。

また2020年に大手VC(ベンチャーキャピタル)のparadiumが主導し1600万ドルの資金調達を行っています。

通常のウォレットではシードフレーズ(秘密鍵)が必要ですが、こちらのウォレットはシードフレーズなしに仮想通貨を保有できる仕組みが取られており、より幅広いユーザー目線のでのサービス言えます。

この記事ではArgentのウォレットの特徴、そして現在行っているエアドロップイベントについてご紹介していきます。

現在Argentでは$285K(3000万円)のエアドロップを計画中

Argent(エージェント)〜DeFi,L2に対応したイーサリアムウォレット

現在Argentでは、3000万円分の仮想通貨を配布するエアドロップイベントを開催中です。

公式サイトからメールアドレスを登録。その後ツイッターでシェアなどをしていくと抽選に当たりやすくなるチケットが増えていきます。

また今回のエアドロップの資金提供先は以上のようなブロックチェーンプロジェクトから提供されています。

これはArgentから、これらのDeFi(分散型金融)にアクセスができるから提携しているものです。

オオヒラ
オオヒラ
あくまでも抽選なので当たったらラッキー的な感じで考えています。

 

Argentについて

Argent(エージェント)はイーサリアムベースのウォレットで、以下のような特徴があります。

●イーサリアムベースの仮想通貨を保管

●L2に対応

●ウォレットからDeFiにアクセス

●NFTの所有。販売

●zkSyncによるセキュリティの向上

以上のようにArgentはウォレットとしての機能を今のイーサリアムエコシステムの大きな部分を包括するような内容となっています。

特にウォレットについてはシードフレーズなしで管理する体制をとっているのが大きな特徴です。

通常個人用ウォレットではシードフレーズを紛失すると、仮想通貨を永久に復元することができません。

その点Argentはより管理しやすい体制をとっていると言えます。

Argentによる、取引量の拡大、低コストのためのL2について

最も重要なユースケースから始めて、L2でサポートされるプロジェクトが増えるにつれて、そこから拡張していきます。

L2ウォレットは次のように始まります。

L2に直接オンボーディングします→単一のL1トランザクションなしで、L2に直接オンボーディングできるようにすることで、暗号化へのオンボーディングのコストを大幅に削減します。

キートークンの取引。→いくつかのマーケットメーカーから始めて、zkSyncで利用可能になったら分散型取引所を統合します。

EthとStablecoinsでリターンを獲得できます→発売時に利用可能なDeFiDappには、Aave、Lido、Yearnが含まれます。

L2で直接法定通貨で暗号を購入する。→Rampと協力して、リリースからこれを可能にします。また、より広範囲のオンランプと交換により、まもなくL2にオンランプが追加されると確信しています。

インデックスへのエクスポージャーを取得する→IndexedFinanceを使用してトークンのポートフォリオへのエクスポージャーを簡単に取得します。

取引所またはL1ウォレットからL2ウォレットに直接暗号を転送します→取引所がzkSyncやその他のL2をサポートするまで、この移行をブリッジとシームレスに行い、簡単な転送で資金をL2に直接送金します(ただし、ガス代がかかります)。あらゆる取引所またはウォレットのETHおよびERC20で動作します。

自己管理と検閲への抵抗-シードフレーズなし→各人には、L2から移動する必要がある場合にアクティブ化できるレイヤー1アドレスが割り当てられます。

→(参考サイト

ArgentのVC主導による1600万ドルの資金調達について〜2020年3月

ロンドンを拠点とするArgentは、デジタル資産とIDを制御するためのスマートウォレットであり、セコイアキャピタルが支援するファンドであるParadigmが主導するシリーズAで1200万ドルを調達し、ヨーロッパで最初の投資を行いました

既存の投資家であるインデックス・ベンチャーズ、クレアンダム、ファーストミニッツ・キャピタルもこのラウンドに参加しました。

2019 Europasで「最もホットなブロックチェーンスタートアップ」を受賞したArgentスマートウォレットは、暗号通貨と分散型アプリケーション(現在はイーサリアムに焦点を当てています)で動作し、銀行アプリのように機能します。

Cryptoは多くの人に馴染みがないので、すべての複雑さを取り除き、MonzoやRevolutと同じくらい簡単なモバイルウォレットを構築しました」と、共同創設者兼CEOのItamarLesuisseは述べています。

Argentを使用すると、誰でもどこでも新しい経済的機会にアクセスし、電子メールと同じくらい簡単に価値を交換し、データを犠牲にすることなくデジタルサービスを楽しむことができます。

Lesuisseと共同創設者のGeraldGoldsteinは、起業家精神や成功に不慣れではありません。以前に、ダウンロード数が6,000万回に達し、2014年にAppleStoreで「ベストアプリ」を獲得した脳トレーニングアプリであるPeakを設立しました。

Argentの3人目の共同創設者は、量子情報の博士号を取得し、量子セキュリティのスタートアップSQRTechnologiesを設立したJulienNisetです。3人の起業家はすべてベルギー出身です。

Argentは、ユーザーウォレットの純資産は数百万米ドルを超えており、過去6か月で580%増加したと主張しています。これまでのところ、ユーザーは招待されています。2020年4月に一般公開を予定しています。

2017年に設立されたブロックチェーンスタートアップはロンドンに本社を置いていますが、そのチームはヨーロッパ中に分散しています。新しい資金提供により、同社は大陸全体でより多くの技術者を採用する予定です。これまでに総額1600万ドルが集められました。

参考記事

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら