bitbankcc(ビットバンクCC)

ビットバンク(bitbank)CC取引所について〜評判と特徴(手数料等)について

ビットバンクCCとは国内仮想通貨取引所であり、ビットコイン以外にもリップル(Ripple)をはじめとするアルトコイン(イーサリアムEthreum、ライトコインLitecoin 等)が取引できる取引所になります。

ビットバンクCCの取り扱い仮想通貨は世界で多く取引されている時価評価額の高いアルトコインで、今後もモナコインやなどその他の仮想通貨を随時追加する予定としています。

ビットバンクにはビットバンクトレードビットバンクCCの2つの取引所がありますが、現在の位置付けとしてはビットバンクトレードはレバレッジを使ったビットコインFXトレード。

ビットバンクCCは通常の現物取引でビットコイン以外にもイーサリアム、リップルなど魅力的な通貨が取引できる違いがあります。

 

(参考記事)ビットバンクCCの口座開設方法はこちらから

あわせて読みたい
ビットバンクCCの口座開設(アカウント登録)方法についてリップルなどのアルトコインが取引できる仮想通貨取引所「ビットバンクCC(bitbankcc)」の口座開設(アカウント登録)方法をご紹介し...

 

 

ビットバンクトレードの会社について

会社名ビットバンク株式会社
資本金11億3100万円(資本準備金含む)
設立年月日2014年5月
代表社員代表取締役 廣末紀之
会社情報本社所在地
東京都品川区西五反田7丁目20-9KDX西五反田ビル7F

 

ビットバンク株式会社は、仮想通貨取引所としてビットコインFXに特化して「ビットバンクトレード」として、リップルなどアルトコインの取引ができる「ビットバンクCC」を運営しています。

ケイシ
ケイシ
私も2017年にビットバンクに訪問しました。画像の左側の女性「永井さん」が対応してくれましたが、とても丁寧な対応で印象に残っています。

 

ビットバンク(bitbankCC)の特徴は板でアルトコインが取引できる。

ビットコインCCの特徴は、ビットコイン以外のアルトコインの取引を板を使って取引ができることです。

上の画面はビットバンクCCの取引画面になります。ログインをすると上の画像が表示されます。

ビットバンクCCの特徴はビットコイン以外の仮想通貨も取引ができ、同時の取引で「売り板、買い板」を使って取引ができるということです。

この板を使った取引というのは個人間の取引になり、例えばリップルを買いたい場合は、「売り板」を見て誰かが出している売りの注文について買うことができます。

板を使った取引により通常取引所より直接通貨を買う場合に比べて、安く仮想通貨が購入出来る特徴があります。

取引できる仮想通貨数自体はコインチェック取引所より少ないですが、ビットバンクCCで取り扱っている通貨のみの取引であるならば手数料を抑えて取引ができるのが特徴となります。

bitbank.cc とは
bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。ービットバンクCCより

 

ビットバンクCCの取引通貨について

ビットバンクCCの取り扱い通貨(2017年7月現在)は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

になり、時価評価額の高い通貨の取引ができるが特徴です。

ビットバンクCCの特徴

以下ビットバンクCCの特徴(ビットバンクホームページより)

– 業界最安値
ビットコインも、アルトコインも、bitbankでは板で売買するから価格の透明性が段違い。 常に最適なレートで、隠れたコストもありません。いつでも、どこでも、快適に仮想通過の売買を行うことができます。

– 高い流動性
bitbankなら、国内最大級のアルトコイン流動性にアクセス可能。 新たな資産クラスとして注目されている仮想通貨アルトコインを、安心してお取引できます。もちろん、API取引にも対応しています。

– 強固なセキュリティ
マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティで、お客様の仮想通貨は安全に守られています。また、お客様のアカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護されます。お客様の仮想通貨を弊社の世界最高水準の技術と運用によってお守りします。

 

ビットバンクCCの手数料について

取引手数料は基本的に取引板で取引をすると「メイカー手数料」となり、手数料はかかりません。(手数料がマイナスなのは逆にコインがもらえることになります。%が少ないので微々たるものですが)

 

入出金の手数料は上の通りです。ここで説明しておくところは「BTC、LTC」の「出金手数料」です。

仮想通貨の出金とは「送金」と同じ意味です。他の取引所やウォレットに送金する時にかかる手数料で、「*3」にあるように承認にかかる手数料で一般的にどこでも送金にかかる手数料という意味になります。(取引所がもらう手数料ではありません。)

ビットバンクの2つの取引所を使い分ける

ビットバンクのではすでに紹介したように「ビットバンクCC」と「ビットバンクトレード」の2つの取引所があります。

通常の売買でビットコイン以外のイーサリアムやリップルを取引するのであれば「ビットバンクCC」で、レバレッジを効かせて少額でもある程度大きな額の資金を取引したいのであれば「ビットバンクトレード」になります。

ビットバンクトレード」では通常の売買ができず、ビットコインFXのみが取引できることができます。

それぞれ違いがあるため、お互いの機能を理解することで運用の幅が広がります。

(参考記事)ビットバンクトレードとビットバンクCCの違いについて

あわせて読みたい
ビットバンクトレードとビットバンクCCの違いについてビットバンクトレード(bitbank trade)とビットバンクCC(bitbank CC)は、国内仮想通貨取引所として別々の違う機能を...

 

人によってはイーサリアムやリップルなどのアルトコインのために「ビットバンクCC」を開設し、同時にビットコインの売買をレバレッジを効かせてトレードするために同時に「ビットバンクトレード」の口座を開設する人も結構います。

ユーザーのニーズに合わせて賢く仮想通貨を運用するように使い分けができるのが特徴です。

仮想通貨のアルトコインが取引できるビットバンクCCはこちらから▼▼(メールアドレスですぐに登録できます。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら