Bitcoin(ビットコイン)

ビットコイン2021年に748万円?〜上昇シグナルの要因を解説

ビットコイン2021年に748万円?〜上昇シグナルの要因を解説

2020年3月のコロナウイルスの影響からの大きな暴落を経験した金融市場でしたが、その中で仮想通貨ビットコインはいち早く反発上昇し、金融商品では第一位の上昇率となりました。

コロナウイルスでの経済危機から各国は法定通貨(ドルや日本円)を大量に発行し、給付金や補助金という形で経済の立て直しを図っていますが、それが将来的に通貨のインフレを引き起こす可能性があると言われています。

そのような状況で私たちが考えるは、価値が下がらないものを持つこと。

ゴールドと同じ希少性を持つビットコインがその中で注目され、それが価格上昇の要因となっていると言われています。

ビットコインの2021年の価格予想について、第三者の格付け機関であるワイスレーティング 社の分析を解説していきます。

 

世界大手格付け企業Weiss Ratingsが、ビットコイン(BTC)に対して強気な見方を示している。

同社仮想通貨部門Weiss Crypto Ratingsが挙げている根拠とは、「無制限の量的緩和策(QE)の実施」、「機関投資家マネーの流入」、「ストック・フロー比率(S2F)による価格予想」だ。

Weiss Crypto Ratingsについて

Weiss Ratings, which began operations in 1971, is the only financial ratings agency that provides a combination of five critical advantages for users: The broadest coverage, the strictest independence, complete objectivity, high ethics and a commitment to safety.ーワイスレーティング

1971年に営業を開始したWeiss Ratingsは、ユーザーに5つの重要な利点を組み合わせて提供する唯一の財務格付機関です。最も広いカバレッジ、最も厳格な独立性、完全な客観性、高い倫理、および安全への取り組みです。

ワイスレーティング はアメリカの格付け機関で、第三者期間として利害関係なしに金融商品を評価するということが定評の機関なります。

ワイスレーティング の現在の仮想通貨格付けについて

こちらは2020年7月時点のワイスレーティングの総合部門の格付けになります。

時価総額順にビットコイン、イーサリアムの順に並んでいますが、3位には仮想通貨カルダノとなっています。

カルダノは直近で他の通貨以上に大きく高騰するなど、かなり他の通貨に比べて存在感を出しています。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨の格付け自体は珍しいけど、他には中国も格付けしているわよ。でも中国の格付けは中国産の仮想通貨を上位に来ているなどちょっとひいき的な部分もあるわ。

でも他はちゃんと評価しているみたいだけど。

カルダノの詳しい上昇要因は以下の記事より

仮想通貨市場の価格全面高!!ADAの高騰とデジタル通貨の流れを解説7月7日は仮想通貨市場全体が全面高となっています。 仮想通貨の中で特に価格を上げているのは仮想通貨カルダノ(通貨単位:ADA)。 ...

Weiss Crypto Ratingsが語るビットコインの上昇要因

コロナでの通貨発行がビットコインに前向きな理由

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米連邦準備理事会(FRB)は13週間で2.9兆ドル(約310兆円)規模の景気刺激策を行なっていた

このような状況下では今まで、インフレによって法定通貨の価値が下がることを懸念した投資家が、逃避資産としてゴールド(金)に資金を投じてきた。これからはその資金がBTCにも流れると、Weiss Ratingsはみている。

コロナ蔓延以来、BTCのパフォーマンスはゴールドを超えていると説明。BTCの価値の上昇はまだ序盤にすぎないと主張している。ーコインポスト

コロナウイルスでの経済の悪化から各国政府は給付金や補助金なので新しく通貨を発行していますが、それが将来的な通貨の価値を下げることになるとワイスレーティング はみています。

実はこれはワイスレーティング だけでなく、たとえば、世界的ベストセラーの「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバートキヨサキさんも同じようなことを言っています。

「正気か? 中央銀行が毎日のように“偽物のドル”を数兆も印刷して金融緩和しているのになぜ貯金するのか? “敗者”には何ももたらさないゼロ金利政策の最中、なぜ貯金するのか? 貯めるなら、神のお金である金(ゴールド)か、人々のお金であるビットコインだ」──。

世界中で売れているベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』で知られるロバート・キヨサキ氏が4月、ツイッターでこうつぶやき、ビットコインの価値を説いた。

ここで発言されている「偽物のドル」というのはたくさんのドルを中央銀行が発行して、コロナウイルスの対策で配っていることを言っています。

このことで将来的にドルの価値が下がるからこそ、「偽物のドル」と発言をしているのです。

機関投資家がビットコインを買う?

機関投資家の需要の高まりについては、まずヘッジ・ファンド業界の大物「ポール・チューダー・ジョーンズ」を例に挙げている。チューダー・ジョーンズは5月に、2.1億ドル(約225億円)をBTCに投資したと明かした。

その他、米大手仮想通貨投資企業グレイスケールが提供する機関投資家・大口投資家向けの金融商品「BTC投資信託(GBTC)」も例に挙げた。マイニングで新規発行されるよりも速いスピードで、ビットコインを買い集めていると説明した。

このように機関投資家マネーがBTCのような小さい市場に流入すると、非常に大きな影響を与える可能性があると述べた。

ビットコインについては、以前からコロナウイルスの影響からビットコインを買う動きがあるというニュースが度々流れていました。

 

ヨリコ
ヨリコ

基本的に機関投資家は、投資をしていることは他の投資家には知られたくない傾向があると言われているわ。価格がまだ落ち着いている時にちょこちょこ買って、わからないようにしているみたい。

一度に大きな資金を入れると価格が上がり、さらに上昇を引き起こすからよ。

オオヒラ
オオヒラ
つなり他に分からないように安く買いたいということです。

ビットコインの価格予想であるストックフローについて

S2Fは「S2F=市場に存在する量(ストック)/年間生産量(フロー)」で計算され、貴金属などの希少性と価値を測るモデルとして利用される。

ほとんどの商品は、生産量に比例して流通量も増加し、価格が下落する。一方、ゴールドなど一部の希少性が高い商品は、市場に存在する量に対して年間の生産可能量が小さく、供給過多によって価格が崩壊する可能性が極めて低いという。

S2Fは「需要面を考慮に入れていない」や「根拠が乏しい」などと懐疑的な声が少なくないが、著名アナリストのPlanBがBTC市場の分析で利用していることがよく知られている。

今年5月の半減期で、ブロックの採掘報酬が6.25BTCになった。Weiss Crypto RatingsがS2Fモデルで算出した試算によると、2021年中頃にはBTCの価格は7万ドル(約748万円)になる。

以下のグラフの青い線がBTCの価格で、オレンジの線がS2Fモデルによる予想価格。今までの値動きもS2Fモデルによる予想と一致していると主張した。

ストック・フローという分析を行った場合にビットコインは2021年に748万円の価格になる予想となっています。

ビットコインは基本的に発行枚数が決まっているため、発行されればされるほど残りの枚数が少なくなり、希少性が高まると設計になっています。

また5月には半減期という、発行枚数が従来の半分になる時期となっていて、その設計もより希少性を高めることになると言われています。

ビットコインの半減期とは?仕組みと価格上昇の期待感の理由について
ビットコインの半減期とは?仕組みと価格上昇の期待感の理由について仮想通貨(暗号資産)のビットコインの半減期とは、ビットコインの発行される枚数が半減する(半分になる)ことを言います。 よくビットコ...
ヨリコ
ヨリコ
つまりゴールドと一緒ね。だからこのストックフロー分析で価格予想しているの。

まとめ〜ビットコインの存在感は日に日に増している

ビットコインは2020年3月の金融市場の暴落から、いち早く反発し他の金融商品と比較して価格上昇率が1位となっています。

このことからも、ビットコインの設計がゴールドと同じ希少性を持つ設計となっており、各国の法定通貨が大量発行され、将来的にインフレを引き起こす可能性があることから、代替資産として大きな注目を集めています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら