ニュース

ビットコインがSuicaにチャージできる可能性!?〜価格上昇となるか?評判を検証

ビットコインがSuicaにチャージできる可能性!?〜価格上昇となるか?評判を検証

ビットコインを含む仮想通貨(暗号資産)について国内大手鉄道会社のJR東日本が電子マネーSuica(スイカ)へのチャージを検討していることが明らかになりました。

Suicaといえば国内最大級の電子マネーで2019年12月末時点でSuicaの発行枚数が8000万枚を突破しています。

もし将来的にSuicaでビットコインでチャージが可能になればビットコインが一つの金融資産として非常に大きな影響力を持つと考えられます。

Suicaチャージをきっかけにデジタル通貨として仮想通貨の認知度が高まればさらに仮想通貨市場の資金の流入となり価格大きく上がる可能性も考えられます。

JR東日本がSuicaを仮想通貨チャージの検討は本当だった

上の動画は2019年3月に報道されたニュースで、JR東日本がSuica(スイカ)などの電子マネーに仮想通貨でチャージを検討しているという報道になっています。

ヨリコ
ヨリコ
JR東日本は実際に仮想通貨取引所に出資をしているの。

つまり将来的にビットコインを含む仮想通貨が普及することを期待しているということにもなるわ。

JR東日本が出資している取引所は以下の記事で詳しくご紹介しています。

ディーカレットとは?〜暗号資産(仮想通貨)取引所の評判と特徴について
ディーカレットとは?〜暗号資産(仮想通貨)取引所の評判と特徴についてディーカレット(Decurret)は2019年3月に暗号資産交換業として金融庁から認可を受けた暗号資産(仮想通貨)取引所になります。 ...

デジタル通貨(銀行系)とSuicaが連携を検討

3メガバンクとJR東日本などは、デジタル通貨や電子マネーの相互利用に向けた検討を始める。

3メガのデジタル通貨をJR東のSuica(スイカ)と連携できるようにする方向だ。

デジタル通貨や電子マネーを使うキャッシュレス決済は急速に利用者が増えている。参入が相次いで競争が激しくなっており、囲い込みより利便性を高めて顧客の裾野を広げる。

2020年6月2日に国内大手メガバンクとJR東日本が連携してSuicaへのチャージを検討しているとうニュースが話題となっています。

メガバンクは仮想通貨と同じブロックチェーンの仕組み使った銀行専用のデジタル通貨を開発しており、将来的にSuicaなどの電子マネーのチャージや支払いに使うことを検討しています。

また銀行のデジタル通貨はデジタル通貨での送金は従来の送金よりもコストが圧倒的に安いと言われており、コストの削減と通貨の普及のためにしのぎを削っている状況です。

suicaの仮想通貨チャージも検討課題に

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が、デジタル通貨でのデジタル決済インフラの実現を目指すための勉強会を開催する。

3メガバンクのほか、KDDIやセブン銀行、NTTグループ、JR東日本なども参加する。

日経の報道では、みずほ銀行の「Jコイン」、三菱東京UFJ銀行の「coin」(MUFGコイン)などのデジタル通貨と、JR東日本のSuica(スイカ)の連携などもこの中で検討すると見られるという

 

主な論点として、

▽国内外におけるデジタル決済、 デジタル通貨の実例研究のほか、

ブロックチェーン、 分散型台帳技術など新しい技術の取引・決済インフラへの応用

▽デジタル通貨決済の潜在的な活用領域と効果や可能性の検討

▽サービスの提供範囲や 利用価値の対価、 提供者・関係者の役割、 標準化など実現における課題の検討──

などが挙げられている。

ブロックチェーンの決済はすなわちビットコインでの決済を含む

ブロックチェーン、 分散型台帳技術など新しい技術の取引・決済インフラへの応用

大手企業、大手金融機関が参加する検討会での主要項目に「ブロックチェーン」があります。

ブロックチェーンとはすなわち仮想通貨に使われている技術であり、おそらく今後銀行でのデジタル通貨(いわゆるブロックチェーンを使った仮想通貨)をまずはSuicaなどの電子マネーにチャージを行い、その普及からビットコインなどの仮想通貨にサービスを広げていくことになると思っています。

なので、ビットコインが将来的にさらに身近になる。さらに認知されるという可能性が高いと言えます。

ビットコインのSuicaチャージの評判について

認知前にビットコインを仕込んでおくべきなのか?

Suicaとの連携が期待されているビットコインですが、コロナウイルスでの暴落からいち早く上昇し価格回復をしたビットコインは、安全資産として非常に大きな影響力を持ちつつあります。

今後資産として影響力をもつことができ、またSuicaなどの実需としての支払いシステムとの連携がさらにビットコインの認知度を向上させ、それが価格上昇につながる可能性が高いと感じています。

ビットコインは1000円くらいからの少額から持つことが可能なので、将来的な普及の前にもっておくことは良い選択肢だと言えます。

おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所
おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『暗号資産(仮想通貨)取引所』というところで法定通貨である円...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら