ニュース

ビットコイン350万円を記録!2021年最高価格更新中

ビットコイン350万円を記録!2021年最高値更新中

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(通貨単位BTC)1月6日に350万円を記録しました。

2021年1月1日時点で298万円だった価格はわずか5日で17%もの上昇を見せました。

「ビットコインはバブルなのか?」「いつまで価格の上昇が続くのか?」そういった目線でみている投資家も増えてきている状況です。

直近ではビットコインのグーグル(google)などの検索数でも右肩上がりの上昇を続けており、世間一般でもビットコインの値上がりが注目されつつあります

2017年末にビットコインが220万円を達成した時のまだ半分の検索数と言われていますが、すでに350万円と220万円より大きく価格が上昇しています。

はたして今後もビットコインの価格上昇は続くのか注目される状況と言えます。

ビットコイン350万円の歴代最高値を更新

上の画像はビットコインの1年間チャートなります。

ちょうど一年前の2020年1月は100万円だった価格ですが、3月のコロナウイルスによる暴落から徐々に価格を上げ、12月をすぎたあたりから大きな高騰を続けています。

ビットコインの値上がり率は以下の通りです。

1週間 2週間 1ヶ月 1年
+26.8 +46.1 +78.8 +354

ここ1ヶ月の値上がりをみても80%近い高騰となっています。

Googleの検索では検索数が急上昇中

こちらはビットコインの検索指数を表示したものです。

真ん中の大きな上昇は2017年末にビットコインが220万円を記録した時です。

この時が最も大きく、現在は350万円と220万円を大きく抜いていますが、検索数自体は2017年末と比べて半分となっています。

しかしながら今後のトレンド方向としてビットコインが伸びる検索予想がでており、ビットコインの検索数が増加するにつれてビットコインの価格にどう影響してくるかが注目されます。

2017年末の仮想通貨バブルと比べても、まだ世間一般では大きな認知はされておらず、大きな高騰を見せているビットコインも投資家の中ではまだバブルの序章ではと考えている人も中にはいます。

ビットコインの時価総額が100兆円。Googleの時価総額に迫る

こちらはビットコインと株式市場の時価総額をランキング形式で並べた画像です。

1位は230兆円のアップル、次にサウジアラビアの国有石油企業のサウジアラムコが並びます。

この中でビットコインはGoogleの次となっておりすで巨大な取引がされていることがわかります。

*時価総額は発行枚数に価格をかけて表したもの。

ヨリコ
ヨリコ
ちなみにゴールド(金)の時価総額は900兆円と言われているの。なのでビットコインの9倍の時価総額。

もしゴールドからビットコインに資金が流れれば・・・・

注目はグレースケールの資産組換え

米国の有名暗号資産(仮想通貨)投資会社のグレースケールは、ビットコインやイーサリアムなどの投資信託を販売している会社です。

グレースケールではSECが暗号資産(仮想通貨)リップルを提訴したことをうけ、2021年1月5日にリップルを資産から外し、それ以外のビットコインやイーサリアムなどの資産い組み換えをおこなっています。

6日未明からビットコインやイーサリアムなどが高騰した理由の一つと言われています。

リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?
リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?米証券取引委員会(SEC)がリップルの暗号資産(仮想通貨)XRPが有価証券に該当するとして12月23日にリップル社を提訴しました。 24時間で40%以上下落したリップルですが、リップルに投資をしている投資家はこのままリップルを売るべきか(利確・もしくは損切り)、それとも将来に向けてまだホールドしておくべきかを考えないといけない状況となっています。...

ビットコインのバブルまだ続くのか?

現在のビットコインの高騰は非常に驚くべきパフォーマンスとなっています。

投資家の中には(私もですが)3月の暴落時に50万円の価格をビットコインがつけた際に投資した人もおり、それから7倍ものパフォーマンスとなっています。

ビットコインについては2017年バブル時とくらべてまだ世間一般では認知がされており、主に機関投資家の参入が大きな要因と言えそうです。

もしかしたら今後は数年に一度の大相場になる可能性もないとは言えません

このような大相場では大きな波に乗れる場合もありますが、ふるい落とされる場合もあり、資金管理については分散するなど慎重さが求められる相場ではないでしょうか。

しかしながらこのビットコインの高騰が世間一般でも広く認知されることになり、中長期的な上昇トレンドを形成する可能性も考えられると思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算はクリプタクト

2016年から多くの実績がある暗号資産(仮想通貨)の損益計算所であるクリプタクト。

国内だけでなく海外取引所を含めて暗号資産(仮想通貨)の損益計算に対応

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら