Civic(シビック)

仮想通貨シビック(CVC)とは?今後の将来性と特徴について

仮想通貨シビック(CVC)とは?今後の将来性と特徴について

仮想通貨シビック(CIVIC 通貨単位CVC)は、ブロックチェーンのアプリを使った個人認証(ID)を行うプラットフォームになります。

シビックは2017年のICOからのリリース以来バイナンスなど海外の大手取引所で購入することができ、シビックの個人認証システムははメディアにも度々登場しています。

シビックのプロジェクトのCEOは仮想通貨界でも影響力があるVinny Linghamビニーリングハム氏で彼のビットコインの価格予想などは多くの投資家が注目をしているのが現状です。

ブロックチェーンを使ったIDは、免許証、パスポート、保険証など様々で煩雑な証明書を一つにまとめ、スマホ一つでとても効率的に認証をすることができるもので今後注目のプロジェクトの一つと言えます。

また世界的な仮想通貨セキュリテイ機関であるビットゴート提携したサービスを展開するのも同じく注目を集めています。

仮想通貨シビックとは

 

項目内容
通貨名CVC
発行上限10億CVC
主要開発者ビニーリングハム
主な取引所バイナンス、ビットレックス
通貨の種類ERC-20(イーサリアムベース)
ウォレットシビックアプリ(スマホ)

 

仮想通貨シビックはブロックチェーンのシステムをつかった個人認証を行うシステムで以下のような特徴があります。

●安全なID(個人認証)のシステム

●様々に利用可能な個人印象

●自動販売機での簡単な個人印象

●IDのコード

ブロックチェーンを使った安全な個人認証

シビックがコンセプトとしている個人認証は上の動画が説明になります。

動画のまとめ

現在の個人認証は指紋認証などの動体認証とパスポートなどの証明書があります。

シビックはこれらを一つのものとしてシンプルに認証を行うシステムです。

例えば、個人が旅行をする場合に、飛行機のチケットを手配します。その際に面倒な文字入力が必要なく、アプリを使って簡単な認証で済むことができます。そしてそのアプリを使ってそのまま空港でチェックインをすることが可能です。

そして滞在先のホテルでのチェックインなどスマホ一つでさまざま個人認証が可能となります。

その人の情報はブロックチェーン上で存在しているため政府機関なども認証として、その人の情報を信頼性をもとに参考にすることが可能です。

ヨリコ
ヨリコ
今の個人認証は、海外旅行ではパスポート、病院では保険証、車の運転では免許証などさまざま証明書があり、それぞれに大きなコストがかかっているわね。

このように低コストで素早い取引が可能なブロックチェーン を使って個人認証をスピーディーにそして安全に行うのがシビックになります。

 

シビックを使って自動販売機で個人認証をしアルコールを買う。

 

価値と情報の両方の伝達を容易にするブロックチェーンの能力は、近い将来に、より洗練された多機能の支払い方法を生み出す可能性があります。最近  発表された Civic Payアプリはその鮮明な例です。

このソリューションにより、自動販売機のオペレータは、支払い、身元確認、およびポイント獲得を1つのトランザクションに組み合わせることで、年齢ゲート商品へのアクセスを簡素化できます。ーコインテレグラフ 

シビックが開発したアプリでは

支払い

身分証明書(お酒が飲める年齢かどうか)

をスマホアプリ簡単に自動販売機で認証をしてお酒を買うことが可能です。

ヨリコ
ヨリコ
シビックのアプリは個人情報だけでなく、仮想通貨などの資産も保管できるのね。

ちなみに動画で自動販売機でお酒を買う実演をしている人が、CEOのビニーリンガムさんね。

個人IDでビジネス間での信頼ができるつながりを目指す

シビックの個人認証で役に立つことの一つがビジネス間での自己紹介になります。

現在はフェイスブックで個人情報を登録することができ、それを使ってさまざなサイトでアカウトを簡単に作成することが可能です。

ヨリコ
ヨリコ
シビックはさらにそれを一歩信頼性を進めたものね
ネット上の個人の問題

偽アカウントが簡単に作れる。

経歴や年齢を詐称が簡単にできる

などビジネスなどで個人を証明する場合ネット上では簡単に嘘の情報を作ることが可能です。

そうした中で個人認証では信頼性の置ける情報をもとに、ビジネス間で自己紹介ができるシステムを構築しています。

シビックCEOのビニーリングハム氏は仮想通貨界で有名人

シビックのCEOを務めるビニーリンガムは仮想通貨界で有名で、度々ビットコインの価格予想などメディアに登場している人物です。

「自動販売機を通じて一般市場への展開に着手します。人々にデジタル身分証明が現実世界でどのように機能するのかを見せられるだけでなく、自動販売機に全く新しい市場を提供します」とシビックのCEO、ヴィニー・リンガム(Vinny Lingham)氏は述べた。

同社によると、提携企業が展開しているコネクテッド自販機(ネットワークに接続している自販機)の数は合わせて100万台を超える。同社は、2019年の終わりまでに自販機1000台に同社の技術を搭載することを目指している。

仮想通貨シビックの価格について



シビックのチャートは上の画像の通りです。*マウスのホイールでチャートの期間を変更することが可能です。

2017年にリリースされたシビックは2018年1月にバブルで最高価格を記録し、その後価格が落ち着いています。

以下の表はこれまでのシビックの価格の推移です。

時期価格
2017年7月20円
2018年1月90円
2019年1月7円

2019年7月現在で約6円の価格で推移をしています。

私が2017年にICOからシビックに投資をしていた。

私は2017年のICOの時からシビックに投資をし現在も保有しています。

ICO後の取引所上場では2倍の値上がりとなり、その後2018年1月には10倍近い値上がりを経験しています。

あわせて読みたい
Civic(シビック)が仮想通貨取引所に上場!!〜購入方法(買い方)について私が注目する仮想通貨Civic(シビック、通貨名CVC)がBittrex(ビットレックス)からリリースされました。  シビックは仮...

仮想通貨シビックが買える取引所

シビックはバイナンスを始め世界中の大手の取引所で取引をすることが可能です。

オススメの取引所

バイナンス

ビットレックス

以上の取引所が日本人には馴染みがある取引所と言えます。

ヨリコ
ヨリコ
特にバイナンスは世界最大級の取引所でたくさんの通貨を取り扱っているからオススメと言えるわ。

シビックの個人認証アプリが2019年秋にリリース

これまで紹介した機能を持つシビックのアプリが2019年秋にリリースされます。

ケイシ
ケイシ
個人的に私もブロックチェーンでの認証を体験するため使ってみるつもりです。
アプリの特徴

進化した個人認証システム・・顔認証、政府発行の免許証を利用

プライバシー優先・・認証はその時に必要な情報のみを開示

認証、支払い・・お酒の購入や投資をしたり年齢認証が必要なサービスで簡単に行う。

仮想通貨を保管・アプリでは資産として仮想通貨を保管が可能。

あなたが管理するアプリ・・あなたは自分自身のデータやお金をアプリで管理することが可能。本人しか使えないようにセキュリティ。

シビックは世界的に有名なセキュリティー会社ビットゴーと提携

シビックは世界的に有名なセキュリテイ会社である「Bitgo(ビットゴー)」と提携しています。

ビットゴートはカストディサービスという、仮想通貨のセキュリテイに特化したサービスをこなっており、大手の取引所もビットゴーと提携して仮想通貨の管理を委託しています。

世界的なセキュリティー会社とシビックとの提携は注目を集める。

シビック・ウォレットは、ビットゴーのマルチシグ技術を採用することで、ユーザーが仮想通貨と自分自身の個人情報の両方に関して、より多くの制御・管理を行うことと、セキュリティを備えることを可能にするという。

ヨリコ
ヨリコ
マルチシグとは、ウォレットにアクセスするときに複数の秘密鍵が必要になるもので、通常のウォレットよりもセキュリティーが高いのが特徴

ビットゴーの共同設立者兼CEO、マイク・ベルシェ氏は、今回のような技術はユーザーにとって大きな前進だと強調。

「ユーザーは、自分の仮想通貨ウォレットの秘密鍵を記録したモバイル機器を紛失した場合、すべての仮想通貨を失うしかなかった。しかし、これはシビック・ウォレットには当てはまらない」と述べた。 

このようにシビックは世界的な仮想通貨セキュリテイ会社にセキュリテイの提携をすることで、セキュリティも従来以上に高度なものを提供することが実現できています。

次世代の個人認証であるシビックアプリを体験する

以下のボタンからシビックアプリの情報を得ることが可能です。

シビックアプリ(スマホ)

ヨリコ
ヨリコ
アプリのリリースは2019年秋だから、メールアドレスを登録しておけば案内の通知が来るわ。

シビックのアプリページから「I’M IN」をクリックします。

次に、名前、メールアドレス、国を入力して、チェックボックスにチェックを入れて最後に「I’M IN」をクリックします。

その後メールが送られてくるので、そのメールをクリックすれば登録が完了です。

ケイシ
ケイシ
後は、アプリの紹介が2019年秋頃に来る予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の仮想通貨取引所「CoinCheck(コインチェック )」

 

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら