仮想通貨の取引所

Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録(口座開設)方法と評判について

海外で世界最大級の仮想通貨取引所と言われる中国のBinance(バイナンス)は、海外で仮想通貨の売買をしたい人にオススメしたい取引所の一つです。

バイナンスでは取り扱い仮想通貨が100種類以上とほとんどの仮想通貨をカバーしています。

バイナンスの独自通貨であるバイナンスコイン(BNB)をはじめ、世界的に有名なコインであるトロン(TRX)、カルダノ(ADA)、イオス(EOS)などが取引できるため、日本人でも海外の取引所ではメインで取引する人が多くいるのが現状です。

この記事では、バイナンスの特徴と魅力、そして分りやすい登録方法(口座開設)についてご紹介していきます。

バイナンスには現在世界中のユーザーが登録をしており、その人気になっている理由は仮想通貨の豊富さにあります。

バイナンスでは日本で取引ができな仮想通貨がたくさんあり、弾力的に仮想通貨に投資できることが大きなメリットとなります。

これから急成長する通貨に投資をして仕込んでおけば将来的に大きな利益を得ることも可能性あるということです。

 

バイナンスの詳細はこちら▼▼(登録方法はこの記事の下段にあります。)

バイナンスの公式ページ

 

世界最大の取引所Binance(バイナンス)の特徴について

会社名 BINANCE(バイナンス)
CEO(代表取締役) Changpeng Zhao (通称CZ)
設立年月日 2017年7月
取り扱い仮想通貨 100種類以上。バイナンスで主要な仮想通貨が取引可能。
所在地 香港→マルタ島

 

バイナンスは以前香港を拠点に活動していましたが、その後仮想通貨取引所の運営や税金から有利なマルタ島に会社の所在地を移しています。

バイナンスは現在世界各地に支店を設立しており、広域的に事業の拡大を行なっていることがで有名です。

取り扱い通貨数が多く、大きな値上がりの投資のチャンスがある

バイナンスは数多くの通貨を取り扱っており

●100種類を超える数多くの通貨の取り扱いがある。

●ICO後のリリース直後の通貨を取引きできる時がある。

●ハードフォーク(分裂)のコインがもらえる。

という特徴があります。

 

バイナンスでは、日本でも有名な通貨から、日本で取引ができない、EOS、TRXなど世界的に有名な通貨が取引できるのが大きなメリットです。

また、まだリリースされたばかりで取引が少ない通貨も上場されることがあり、

仮想通貨がいち早くリリースされる→価格が安いうちから通貨を買うことができる。

という魅力があります。

なので、大きな仮想通貨の値上がり益を得るために世界中から多くの人がバイナンスの登録をし、以前は一時新規登録を停止したりするほどの人気になっているんです。

ICOで買えなかった仮想通貨もバイナンスでいち早く取引きをすれば、もしその後取引が大きく増えた時には、大きな利益を得ることができる可能性も出てきます。

バイナンスでは過去に大きな値上がりをした通貨が多数

 

バイナンスで大きな取引高が大きい注目の通貨にTron(トロン 通貨名TRX)があります。 

一日の取引は780億円で常にバイナンスで大きな取引高を記録しています。

 

トロンはリリース後半年もしないうちに100倍もの値上がりを記録した通貨になります。10万円の投資で1000万円の利益となる計算です。

このトロンを取引するために毎日多くの人がバイナンスの登録を行っています。

 

 

ハードフォーク(分裂)後の通貨もいち早く付与

またハードフォークによる分裂で分裂後のコインがもらえるのも特徴があります。

2017年10月にビットコインがハードフォーク(分裂)をして

ビットコイン」「ビットコインゴールド」に分かれました。

ビットコインゴールドもいち早く取り扱ったのがバイナンスになります。

国内ではまだビットコインゴールドは付与されてませんが、バイナンスにビットコインを入れていた人はビットコインゴールドがもらえたことになります。

またバイナンスは以下のようにすべての分裂した通貨を取り扱うとツイッターでツイートしています。

私たちは全てのハードフォークして分裂した通貨をサポートする予定としています。

 注目の仮想通貨「バイナンスコイン(BNB)」

バイナンスでは独自通貨として「バイナンスコイン(BNB)」を発行しています。

バイナンスコインの特徴は

●バイナンス独自の通貨のため、バイナンスの信用が上がれば価格も上昇する傾向にある。

●独自通貨でなんと時価評価額7位(2019年4月現在)

●バイナンスコインを使った取引は手数料が割引される。

というものです。

 

バイナンスは日に日に世界的に影響力を高めており、仮想通貨の売買以外にも、独自のICOを実施したり、仮想通貨を使ったチャリティー活動をしたりしています。

そのような事業の進歩が、現在のバイナンスコインの高騰の要因になっているのは間違いありません。

 

バイナンスは他の海外取引所に比べて手数料が安い

取引所 手数料
バイナンス 0.1%
ビットレックス 0.25%
ポロニエックス 0.15%~0.25%

 

バイナンスは、多くの通貨が取引できるだけでなく、手数料は現在「0.1%」となっており、ポロニエックスなどの他の取引所「0.15%ー0.2%」に比べて安いのも人気の理由となっています。

バイナンスコインでの仮想通貨売買は手数料のメリットが大きい!

バイナンスはで独自通貨の「バイナンスコイン(BNB)」でもビットコインと同じように様々な通貨を買うことができます。

●BNBによる割引率
1年目 50%
2年目 25%
3年目 12.5%
4年目 6.75%
5年目以降 値下げなし

バイナンスコインを使った取引では上のように、通常0.1%の手数料に加えて割引をする仕組みが取られています。

ヨリコ
ヨリコ
このようなお得な取引になると、バイナンスコインを使う人が増えてくるのは納得がいくわ。
ケイシ
ケイシ
取引所が発行している独自の仮想通貨は、取引所が人気になれば価格に影響してくると言われています。

バイナンスが進めている注目の事業

バイナンスは取引所の運営だけでなく、様々な事業を行なってます。

慈善事業(チャリティー活動)

バイナンスは仮想通貨を使った寄付を行うチャリティー活動を積極的に行なっています。

 

チャリティーページ

 

Binance(バイナンス)での取引について

バイナンスで取引するためには

  1. 国内取引所からビットコインなどの仮想通貨をバイナンスに送金
  2. バイナンスで他の通貨を買う(ビットコインやイーサリアムなどで)

という流れになります。

 

バイナンスで入金用アドレスについては上の画像のように、「資産」→「預金の引き出し」→「アドレスを確認」の流れで確認ができます。

取引のリスクについて

バイナンスは中国の取引所となるので、中国政府の規制の影響がある取引所と言えます

2017年9月に中国政府が仮想通貨の取引を停止しました。なので今後そう言ったリスクがないわけでもありません。 

また取引停止した時は仮想通貨間の取引は許可されていたと聞きますし、基本的には中国在住の方の資産を仮想通貨で海外に出さないため、中国政府が行ったものと言われています。

現在のところは大きな値上がりを見せる通貨を多数取り扱っていることから、多くの新規登録者がいる状況です。

バイナンスは会社を香港からマルタ島へ移しました。

 

バイナンスで仮想通貨を保管する場合についての注意点

バイナンスは世界最大級の取引所として多くのユーザーを抱えています。

しかしながら他の取引所と同じようにこれまでハッキングの脅威も受けてきているのが現状です。*大きな被害はありません。

7日にハッキング事件が起こった仮想通貨取引所最大手バイナンスは11日、同事件の犯人逮捕につながる情報を提供した人に対し、25万ドル(約2673万円)相当の報奨金を支払うと発表した。

 同所が発行する仮想通貨のバイナンスコイン(BNB)で支払い、提供者が複数いた場合は分割する。ーコインテレグラフ

*このようなことができるのは、バイナンスが資本を持っているからだと考えられます。

 

仮想通貨取引所バイナンスがブロックチェーンセキュリティー企業CertiK(サーティック)と提携した。サーティックが17日の発表前にコインテレグラフ日本版に共有したリリース内容から明らかになった。昨年10月、バイナンスの投資ファンド「バイナンス・ラボ」はサーティックへの出資を発表。今回の提携によって、バイナンスで取引されるトークンのセキュリティをさらに高める狙いだ。ーコインテレグラフ

 

バイナンスは他の海外の取引所に比べて、資金力もあり、これまでのハッキングについてもセキュリティは高い水準と言えます。

しかしながら、バイナンスで買った通貨で個人用のウォレットで保管できる場合には、よりセキュリテイを高めるために個人で保管することをオススメします。

バイナンスで買った通貨で、多くの通貨を保管できるウォレットは

●レジャーナノS

●マイイーサウォレット(イーサリアム以外のERC20トークンも保管可能)

になります。

 

ケイシ
ケイシ
バイナンスで買った通貨は、上記の2つのウォレットで保管できる場合が多いです。

 

Binance(バイナンス)の登録方法について

世界最大級の取引所「バイナンス」はこちらから▼▼

バイナンスの公式ページ

*(重要)バイナンスのフィッシングサイト(類似のアドレスを使っている)が確認されています。

上のボタンから登録をした場合は、必ずバイナンスのアドレスを「ブックマーク」して次回からそのブックマークしたサイトからアクセスをおすすめします。

 

バイナンスでは現在日本語対応は不可となっている。

現在バイナンスでは日本語の表記はありません。

これからの説明は日本語表記ですが基本的に英語の場合と同じになります。

メールアドレス、パスワードの登録

バイナンスのトップ画面になります。

画面右上から「日本語」設定が可能です。*現在は日本語設定がなくなり英語になりました。 その後「アカウントを作成します」または「登録」から口座開設に進みます。

 

上の画像は新規登録画面になります。 画面に「メールアドレス」「パスワード(登録者が設定する。)」を入力して、最後に「登録」ボタンを押します。

 

その後認証画面が出ますので、緑のボタンをクリックして押したままスライドして、上の画面のパズルのピースを埋めるようにします。

 

その後登録した「メールアドレス」にメールが送れてくるので確認する。*迷惑メールフォルダに入っている場合もあります。

 

バイナンスからのメールの「Verify Email(メールを認証する)」のボタンを押せば登録が完了となります。

バイナンスにログインをする

バイナンスにログインする時は上の画面のように、「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインすることができます。

 

ログイン後は上のような画面になります。

(重要)セキュリティ設定をする(二段階認証)

ログイン後の右上画面から「ユーザーセンター」を選択します。

 

その後「Googleの認証」の「有効ボタン」から設定を行います。*事前にグーグルアプりの『Google Authenticator」をダウンロードしておく必要があります。

 

スマホのグーグルアプリを起動させ、QRコードをスキャンします。スキャン後の6桁の数字を入力して最後に「確認」ボタンを押して終了します。

 

バイナンスについて

バイナンスの新規登録者が急増しているのも既に説明した

  • リリース後の仮想通貨が取引できる
  • 手数料が他の取引所に比べて安い

という大きな魅力があります。

バイナンスでしか買えない魅力的な通貨をメインに売買することができるなど、バイナンスは大きな可能性を秘めています。

大きな資産の通貨については、売買後に取引所に置いておくのではなく、個別に個人の「コールドウォレット🔗」で保管することがセキュリティの面においておすすめです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在仮想通貨がもれなくもらえるキャンペーンを実施中!!

 

詳細ページ

公式ページはこちら

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら