globalcoin(facebook)

フェイスブック(リブラ)の仮想通貨グローバルコインとは?将来性と展望について

フェイスブックの仮想通貨グローバルコインとは?将来性と展望について

世界的に有名なSNSであるFacebook(フェイスブック)は、現在仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトを「リブラ(Libra)」と名付け独自の仮想通貨開発を行っています。

フェイスブックの創始者であるマークザッカーバーグは以前からビットコインを含む仮想通貨の実用性と将来性について考えていきたいと発言をしています。

フェイスブック(リブラ)が現在開発中の仮想通貨が「グローバルコイン(Global coin)」という名前のコインになります。

フェイスブックは、より法定通貨の機能を備えたグローバルコインを開発し、利便性の高い送金や実店舗での支払いなどあらゆるものにグローバルコインを流通させ独自の経済圏を作ろうとしています

*2019年6月(追記)→リブラの提携企業が大手すぎて話題に

ケイシ
ケイシ
注目のフェイスブックの仮想通貨で、一般投資家がビットコインのような利益を上げることはおそらくできないでしょう。

ですが、グローバルコインをリスクヘッジとして、またグローバルコインか仮想通貨市場に及ぼす影響を考えるとチャンスは見えてきます。(詳しくは記事に記載)

フェイスブックの仮想通貨グローバルコインとは?

ヨリコ
ヨリコ
そもそもなんでフェイスブックは独自の仮想通貨を作ろうとしのかしら?

仮想通貨でなくても楽天ポイントなどの、ポイントでもよかったんじゃないの? 支払いもできるわよ。

ケイシ
ケイシ
フェイスブックがなぜ独自の仮想通貨を作ろうとしているのかは、より法定通貨(ドルや日本円)に近い機能を持ち、独自の経済圏を作りたいと考えているからです。

現在日本ではLINE PayやPayPayなどキャッシュレスが進んでいますが、仮想通貨であるグローバルコインは、送金や支払いが可能で、さらにドルや日本円、ビットコインなどあらゆる通貨と交換を可能にする予定です。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど。 LINEポイントなどは現金に換えられないものね。

フェイスブックは世界中で使われているSNSだからこと、一つの国に匹敵する経済圏ができるかも

ケイシ
ケイシ
そうですね、それを「トークンエコノミー」と言っています。

現在楽天が楽天コインなどの仮想通貨を開発しているのも同じ理由なのです。

「我々の最終的なゴールは、何十億という人々が現在持っていないものにアクセスできるようにすることで、それは例えば、ヘルスケアや公平な金融サービス、あるいは情報を保存または共有する新たな方法などだ」ーfacebook

フェイスブックの仮想通貨グローバルコインの機能は?

フェイスブックの仮想通貨であるグローバルにコインは以下の機能になると言われています。

○米ドルや他の法定通貨と連動した仮想通貨

○手数料なしで自国通貨の変動が激しい新興国でも使えるようにする。

○メッセンジャーなどのアプリを使って送金や実店舗での支払いができるようにする。

○他国通貨(ドル、日本円、ビットコイン)との交換が可能

このようにフェイスブックでは独自の仮想通貨の機能を発表しています。

ヨリコ
ヨリコ
これって、まさに米ドルなどの法定通貨と同じ機能と言えるわね。

 

ケイシ
ケイシ

送金を考えてみても、仮想通貨の送金は現在の銀行送金とは違い、迅速にそして格安の手数料ですぐに世界中に送金ができるのです。

利便性が高まるからことグローバルコインをフェイスブックでの統一通貨にしようと考えているのでしょう。

仮想通貨 法定通貨(銀行送金)
送金スピード 数秒から30分 1週間(営業日中)
手数料 0.1%程度 少額国際送金でも数千円から
管理者 基本的に分散化されているのでいない。 発行している国

実店舗でグローバルコインが使える可能性

フェイスブックでは現在のところ、グローバルコインを使って実店舗でも使えるように検討をしているとしています。

例えば、グローバルコインを使って実店舗のレストランやアマゾンなどのインタネットでの買い物でも利用可能に将来的にはなるかもしれません。

リブラの仮想通貨に参画する企業がすごい

フェイスブックは現在世界で約26億人(月間)もの人が利用する巨大SNSとなっています。

それにその他のカテゴリー(決済会社、タクシ、ホテル、、)の分野で提携が増えれば増えるほどフェイスブックの仮想通貨はより多くの人が使うようになります。

以下にカテゴリー別に現段階(2019年6月)での代表的な企業をまとめました。

提携企業

VISA、マスターカード、パイパル

ウーバー

コインベース 、XAPO

eBay

Sotify

ヨリコ
ヨリコ
この流れで行くと今後は間違いなく、提携企業が増えてくるわ。

フェイスブックの仮想通貨で大きな利益は難しいでも。。

*画像参照元(ヤフーファイナンス)

フェイスブックの仮想通貨はすでに説明しましたが、

ドルなどの主要な複数の通貨と連動した動き

になると言われています。

なので、フェイスブックのグローバルコインを持つことは、法定通貨を持つことと近い意味になります。

フェイスブックのグローバルを資産として持つことを考えた場合には

将来的に日本円の価値が目減りする→ドルを代表とするフェイスブックグローバルコイン(外貨のように)をリスクヘッジとして持つ

という使い方はできると思われます。

ヨリコ
ヨリコ
中でもドルは世界での基軸通貨となっているから、日本円だでなく合わせてドルを持っている資産家もいるわ。

グローバルコインはビットコインの脅威にはならない。

一部ではフェイスブックのグローバルコインが現状のビットコインなどの仮想通貨の脅威になるという言われていますが、そもそも資産としてのあり方が違っています。

ヨリコ
ヨリコ
グローバルコインというフェイスブックの仮想通貨が出てくればビットコインは用無しになりそうな気がするけど?

だってビットコインは誰が作ったかもはっきりしてないんでしょ?

ケイシ
ケイシ
ビットコインはグローバルコインとは違ってより分散化された、つまり管理者がいない通貨として今後も安全資産の価値として存在感を持つと言われています。

いかにビットコインの特徴をまとめています。

ここにタイトルを入力

ビットコインは管理者がおらず分散化されたネットワークで成り立っている。

ドルなどに連動するグローバルコインと違いビットコインの価格は独立している。

○仮に金融危機などのでドルなどの法定通貨の価値が暴落しても、安全資産としての逃避先としてビットコインなどの仮想通貨が買われる可能性がある。

ケイシ
ケイシ
実際に2019年5月には米中貿易問題でビットコインが買われ、40万円から90万円まで価格上昇した経緯があり、安全資産としての価値がますます高まってきています。

このように実際にビットコインは、金融危機が起こっているアルゼンチンやベネズエラで買われている現状があり、フェイスブックのグローバルコインとは違う資産価値として存在していくと思われます。

フェイスブックのグローバルコインが仮想通貨投資家を呼び込む可能性

LendEDUは、18歳以上のアメリカ人1000人を調査。以下のような回答を得た。

・「ビットコイン、イーサリアム、リップルのような仮想通貨に投資したことがあるか?」—91%が「いいえ」と回答
・「フェイスブックが開発中の独自仮想通貨には投資するか?」—
  18%が「はい」と回答
  64%が「いいえ」と回答
  18%が「分からない」と回答
・(上記の質問に「はい」と回答した人に質問)
「それはフェイスブックが立ち上げるからか?」—57%が「そうだ。仮想通貨企業より信頼している」と回答。ーコインテレグラフ 

 

フェイスブックの仮想通貨プロジェクトでグローバルコインが多くのユーザーに利用されることになれば、同じ仮想通貨取引所で取引をされているビットコインなど他の仮想通貨を資産として持つ人も増えてくると予想されます。

なぜならグローバルコインはビットコインなどと同じブロックチェーンで使われており、一般層がグローバルコインを保有することは、ビットコインを保有するハードドルを下げるからです。

ヨリコ
ヨリコ
このような仮想通貨が普及して当たり前になる前に、有望な仮想通貨を事前に保有しておくのは大事かもしれないわ。
ケイシ
ケイシ
価値は常に移り変わっています。

日本人は日本円を信頼していますが、今後は金融危機などで暴落をしないなんて理由はどこにもないのです。

現状として年金の支給年齢の延長や退職金の減額など日本経済がどんどん後退しつつあります。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら