未分類

イーサリアムのスケールを取引所がサポートする可能性−The Daily Gwei #323

イーサリアムのスケールを取引所がサポートする可能性−The Daily Gwei #323

米最大手の仮想通貨取引所であるコインベース(coinbase)がイーサリアムの送金問題を解決(手数料削減)に導くためにL2(レイヤー2)の導入をPolygonから始めているという情報があります。

イーサリアムエコシステムで有名なアンソニー氏(Anthoniy sassano)の記事Scale or Die(スケーリングか死か) – The Daily Gwei #323より、仮想通貨取引所がイーサリアムのL2を採用しスケーリング問題に対処する可能性と今度の動向についてご紹介します。

すでにコインベースはPolygon意外のL2導入のために人員を増やしているという情報があり、今後流動性プロバイダー等の収益が彼のビジネスモデルとなっていくるのかも気になるところです。

スケーリングとは取引を処理する能力。現在イーサリアムのスケーリングのためにL2(レイヤー2)と言われる様々なチェーンが誕生し、高速かつ安価な手数料の実現に向けて動いています。

イーサリアムのレイヤー2(L2)とは?〜プロジェクトと対応分散型取引所(DEX)
イーサリアムのレイヤー2(L2)とは?〜プロジェクトと対応分散型取引所(DEX)イーサリアム、DeFiやDEX(分散型取引所)などでレイヤー2(Layer2、L2)、セカンドレイヤーという言葉が2021年になり盛んに言われるようになりました。 レイヤー2は簡単にいうとイーサリアムの取引処理を向上させ、手数料(ガス代ともいU9を削減する技術となっています。...

イーサリアムのスケールリングを取引所がサポートする可能性

数日前にCoinbaseが出したブログ投稿から、以下の小さな文章に出くわしました。

それは私を本当に興奮させました。

投稿の中で、Coinbaseは、Ethereumスケーリングソリューションのサポートを追加できるように、プロトコルチームにさらに多くの人を採用する方法について詳しく説明しています。

彼らはPolygonのPoSチェーンから始めて、さまざまな人気のあるレイヤー2プロトコルのサポートを追加することを計画しています-明らかにこれは非常に注目の内容と言えます。

 

これはどういうわけか先週レーダーの下で飛んだが、Coinbaseはより多くのイーサリアムスケーリングソリューション(取引を拡大させる)をサポートするために彼らのプロトコルチームのために人々を雇っている。

イーサリアムが実際にスケーリングの夢を実現するためには、すべての暗号オンランプが可能な限り私たちをサポートすることが重要であると私はしばらく前から言っていました。

つまり、集中型交換などのサービス(従来の仮想通貨取引所)では、さまざまなスケーリングソリューションや、ConnextやHopなどのブリッジへの引き出しを可能にする必要があります。

その点で、ここで交換の利点についてあまり話されていないのは、それらがさまざまなレイヤー2 /サイドチェーンブリッジの流動性プロバイダーになることができ、これがそれらの別の収入源として機能する可能性があることです。

その上、最初にこれらのスケーリングソリューションをサポートすれば、競合他社よりも優れたエクスペリエンスを顧客に提供できます。

これは、ちょっとしたマーケティング活動としても機能します。

4月にイーサリアムのスケーリングと一元化された仮想通貨の交換やサービスについて話すときに関連すると思われる「信頼できる中立性」について話しました。

基本的に、イーサリアムプロトコルは分散化されており、個人やグループにバイアスをかけないため、すべての取引所がそれをサポートし、誰もがそれを使用して開発することができます。

これと同じ原則がさまざまなスケーリングソリューションに当てはまると思いますが、ここにはいくつかの追加のニュアンスがあります。

より大きなニュアンスの1つは、これらのスケーリングプロジェクトの多くが従来のベンチャーキャピタリスト(VC)から資金を調達していることです。

これにより、取引所がスケーリングプロジェクトと投資家を共有できるため、これらのネットワークにある程度の主観が加わります。

だから、順番でいうと特定の取引所が他の取引所よりもはるかに早く特定のスケーリングソリューションのサポートを追加することに気付くかもしれません(または彼らが既得権を持たないものをサポートしないかもしれません)。

それでも、すべてのスケーリングソリューションをサポートすることは、取引所の純利益にあると主張します。サポートしない場合、競合他社がサポートする可能性が高いからです。

これらすべてが、私が話したかった最後のこと、つまり競合他社のネットワークに私を導きます。

明らかに、レイヤー1ブロックチェーンスペースにはイーサリアムだけではなく、トップの座を争ういわゆる「イーサリアムキラー」がたくさんいます。

これらの他のネットワークの多くは、イーサリアムよりも「優れたスケーラビリティ」と「低料金」を備えていると主張しますが、もちろん、これを達成するために取るトレードオフについて議論することはめったにありません。

しかし、これらのネットワークを構築しているチームを非難することはできません-彼らは、レイヤー2エコシステムが離陸する前に、イーサリアムから市場シェアを奪うための非常に短い時間枠があることを認識しています。

イーサリアムレイヤー2の方がうまくいく可能性があります。

そうは言っても、これが今後数年間でどのように機能するかを見るのは興味深いでしょう-私はまだ私のことを大いに信じていますー経済ネクサス論文で以前記載

イーサリアムのスケーリングの展望は、これまでよりも熱く、多くのソリューションがすでに稼働しており、まもなくさらに多くのソリューションが登場します。

これらのソリューションが私たちが望む採用を確認するためには、ユーザーをオンボーディングする(L2を利用するユーザーを増やす)だけでなく、イーサリアムの周りの物語を変えるためにエコシステム全体の努力が必要になります(最悪の場合、イーサリアムは「拡張できない」)。

私たちはそこにたどり着くことができると確信しています-それはただ少し時間がかかるでしょう。

イーサリアムのアップデート

今回のイーサリアムのスケーリング問題は非常に大きな問題であり、今後取引所がL2を採用することがあれば、ユーザーにとってもDeFiの使用など非常に利便性が高くなると感じています。

国内取引所がそれを採用するか(海外での取引を望んでいない?)は不透明ですが、今回のコインベースのL2採用に向けた動きはイーサリアムにとっての重要な項目の一つと言えます。

またイーサリアム自身のアップデートも前回の記事にかいているので、ぜひ目を通してみてください👇

イーサリアム3つの主要アップグレード〜The Daily Gwei #297
イーサリアム3つの主要アップグレード〜The Daily Gwei #297最近最も注目を集めている通貨と言えるイーサリアム(通貨単位ETH)について、イーサリアムエコシステムで有名なアンソニー氏の記事The Holy Trinity of Ethereum - The Daily Gwei #297 から今後のイーサリアムの主要アップグレードの3つについてご紹介していきます。 イーサリアムの主要なアップグレードの3つは、○EIP-1559(ロンドンアップグレード)○EIP-3074○EIP-3675と言われており、このうちロンドンアップグレードは2021年8月初旬に開始される重要なアップグレードの一つです。...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら