Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨のハードフォークの意味とは? 影響・対処方法はどうするのか?気になる価格動向

仮想通貨では仮想通貨の仕様を変更(改良・改善)するためにハードフォークという通貨の分裂(分岐)を伴う場合が発生します。

有名な仮想通貨であるビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインが分裂して生まれました。

ハードフォーク って何?メリットやデメリットは?」「ハードフォークの影響は?ハードフォークする通貨を持っている場合にはどうすればいいの?」「ハードフォーク の後の価格はどうなるのか?」

以上のことを含めてハードフォークや関係するソフトフォークなども含めてこの記事で解説をして行きます。

ヨリコ
ヨリコ
ハードフォーク では分裂を伴うものと、伴わないものがあるけどこの記事では分裂する場合の対処法を紹介するわね!

仮想通貨のハードフォークとは?

仮想通貨については通貨の仕様を変更することとして

ハードフォーク

ソフトフォーク

とう2つのパターンが存在します。

仮想通貨におけるハードフォーク については

仮想通貨の仕様を以前と比べて全く新しくする

ということが言えます。

上の図は、ビットコインがハードフォーク をして、ビットコインをビットコインキャッシュに分裂したときの状況ですが、ビットコインキャッシュ という新しい通貨が誕生し、ビットコインと比較しても仕様が別のものになっています。

例えば取引量について

  • ビットコイン→1MB(1回の取引)
  • ビットコインキャッシュ→8MB(1回の取引)

と大幅に取引処理の改善がアップし、セキュリティも新しく追加されました。

ヨリコ
ヨリコ
ビットコインは以前から取引量が増えると処理が追いつかなくなって送金が1日くらいかかったりと問題があったわ。だからビットコインキャッシュという通貨でビットコインとは新しい通貨を作ってビットコインの代わりを目指したの。
ケイシ
ケイシ
ビットコインキャッシュは時価評価額3位の仮想通貨で、実際にビットコインキャッシュで支払いをしたことがあるのですが、送金スピードも早いです。

ソフトフォークについて

ソフトフォークについては、同じ通貨について仕様を変更して、以前の機能も引き続き引継ぐことを言います

上の図の赤の矢印から新しい通貨としての機能を持たせるというイメージになります。

ハードフォーク 時の注意点について

仮想通貨のハードフォークで通貨が分裂するときにはチェーンが2つに分かれるため、基本的には通貨の送金などが制限されることになります。

ビットコインキャッシュ(BCC)のアップグレードに係る対応について

いつもビットバンクをご利用いただきありがとうございます。

2018年11月15日にビットコインキャッシュ(BCC)の大規模アップグレードが予定されています。
これに伴い、BCCにハードフォークが発生する可能性があるため、ビットバンクではお客様資産のスナップショット(保有残高の記録)を2018年11月16日01時40分JST(Unixtime 1542300000)頃に取得し、またBCCの預入・引出を、2018年11月15日22時00分JST頃より停止いたします。
BCC預入・引出の停止期間においては、預入を行わないようお願い申し上げます。ービットバンク

ハードフォークではチェーンが2つに分かれるため、2つの通貨をしっかりと区別する必要があります。

なので、分離した直後ではそのような問題が発生するために、送金などが制限されることになります。

新しい通貨の付与について


ハードフォークで仮想通貨が分裂するときには、

以前持っていた通貨と同数の通貨数が付与される

ことになります。

ですが、そのためには以下の条件があります。

・新しい通貨に対応した取引所やウォレットにハードフォーク対象の通貨を預ける。

ということが必要になります。

ヨリコ
ヨリコ
タダで新しい仮想通貨がもらえるからラッキーよね!

世界でも有名な取引所が分裂した後の通貨を取り扱う表明をするとその通貨の価格が上がったりするわ。

ケイシ
ケイシ
新しい通貨は全く別の通貨と認識されるので、同じ数量の通貨量が付与されますが、通貨単位や通貨の価格が違います。

ハードフォーク後の価格について

ハードフォーク後の価格については、ビットコインが分裂してできたビットコインキャッシュを例に取りたいと思います。

ビットコインキャッシュは8月1日にビットコインが分裂して誕生しました。

分裂後3万円でしたが、その後価格は10万円まで上昇し、次第に下落することになりました。

ハードフォークに対しての価格の影響については

要点まとめ

▶️ハードフォーク後の通貨にどれだけ期待があるかが価格を左右する。

▶️大手取引所がハードフォーク後の新しい通貨を採用すると、既存の通貨の価格が高騰しやすい。

▶️新しい通貨については必要とされるかはユーザーの取引で判断されることになり、ハードフォーク後に期待が大きいほど取引され価格が上昇しやすい。

▶️ハードフォーク前後は取引量が大きく価格が変動しやすいため注意が必要

まとめ

以上仮想通貨のハードフォークについて解説をしました。

ハードフォークで発生した新しい通貨を手に入れたい人は、サポート予定の取引所やウォレットにハードフォーク前に預けておく必要があります。

ハードフォーク直前であると送金が制限されるため、余裕を持って資金を送金して預けることをオススメします。

仮想通貨はこのようにどんどん仕様を変更し、アップグレードしてより将来的な需要に対応した取り組みを行なっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら