bitcoincash(ビットコインキャッシュ)

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?取引できる仮想通貨取引所と将来性

2017年8月1日以降ビットコイン(Bitcoin)が分裂してビットコインキャッシュ(仮想通貨名:BCH)が誕生しました。

ビットコインキャッシュは現在先行して海外の仮想通貨取引所で取引することができていましたが、分裂後はなんとリップル(Ripple)を抜いて時価評価額3位に上昇しています。 *通貨名BCCはBCHへ変更になりました。

ビットコイン キャッシュは、ビットコイン と同じように、『ビットフライヤー🔗』『ザイフ🔗』などすでに多くの取引所で取引が可能となっています。

そしてビットコインキャッシュは持つべきなのか?価値があるものなのか? 現在多くの注目を集めています。 

分裂についてネガティブなニュースが流れていますが、その認識は少し違うと思います。分裂はビットコインの取引量を増やす方法であり、将来的にさらに価値を引き揚げるのものなのです。 

(関連記事)ビットコイン キャッシュが取引できる国内取引のランキングはこちら

あわせて読みたい
仮想通貨取引所の徹底比較ランキング〜登録したい取引所一覧ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を売買取引するところを『取引所(販売所)』と言います。  ここではこれまでの私の仮想通貨投資経験...

 

ビットコインキャッシュが発生する原因について

関連記事でご説明していますので、ここでは簡単に説明しますが、ビットコインの取引量は現在上限に達しており、送金スピードの遅れが出ている状況です。 そのような状況ではお店でビットコインを支払うなどの、通貨の決済手段としては致命的な状況といえます。

ビットコインの取引上限の1MB(1つの取引上限)を拡張(スケーリング)するために、分裂する可能性があるのです。

ビットコインとビットコインキャッシュ


ビットコインが分裂した時は同数のビットコインキャッシュが割り当てれると言われています。*BCHはビットコインキャッシュの通貨単位です。

現在ほとんどの国内取引所がビットコインキャッシュを恒久(永遠に価値がある)のものと判断した場合取り扱うとしており、現在の状況から、ほとんどの取引所でビットコインキャッシュの取引ができそうです。

また取引は8月1日に一時停止されましたが、安全が確認された一部の取引所で取引が再開されています。

またトレザーやレジャーなどのオフラインのウォレットでもビットコインキャッシュは取り扱うとしています。詳しくは取扱のウォレットを確認してください。

ビットコインキャッシュの特徴

  • 取引量を1MBから8MBに拡張される。
  • レプレイアタックなどのハッカーからの攻撃に対する防御。
  • トレザー(USD型ウォレット)などのハードウォレットのセキュリティの向上。

などオリジナルのビットコインに負けない取引の特徴を持つ通貨と言えます。とは言え、実際にリリースされてその使い道については実際に明らかになってくると思います。

 

現在は約6万円で取引をされています。 リリース後利益確定の売りから価格が下がっていましたが、一気に上昇しています。

ビットコインキャッシュのチャートはこちら

ビットコインを8月1日の分裂前に持っていた人は

つまり8月1日の分裂前にビットコインを持っている人はすでに説明したように同数のビットコインキャッシュをもらえることになります。

例えば10BTC(約300万円)を8月1日前に持っていたとすると分裂後は

10BTC(300万円)+10BCH(60万円分)=360万円

つまり60万円をただでもらえたことになるのです。

私が連載中の有料記事で、8月1日前にビットコインを買い増した記事を書いていましたが、無事分裂が終わり一安心しています。

➡︎ビットコインを分裂までに買い増した時に書いた記事はこちら

 

各国内取引所のビットコインキャッシュの動向(追記)

各国内取引所はビットコインキャッシュの付与に向けて動き出しており、すでに付与が済んでいる取引所もあります。詳しい内容は情報が上がり次第記事で更新します。

ビットコインキャッシュについては2018年現在、国内のほぼ全ての取引所で取引が可能です。 取引する取引所の選び方としてはやはりセキュリティが高いところを選んだ方がいいでしょう。

セキュリティが高い仮想通貨取引所

 

海外取引所のビットコイン分裂に対する動向(2017年7月)

ビットコインキャッシュについては、すでに取引可能なViaBTCを筆頭に上の画像の取引所が取り扱うと現在のところ表明しています。  

またアメリカの大手仮想通貨取引所「コインベース(coinbae)」はビットコインキャッシュを取り扱わないと発表しており、コインベースからビットコインの引き出しが行なわれているのが現状です。

ビットコイン キャッシュはなぜ期待されているのか

SBIバーチャル・カレンシーズが取り扱う通貨については、ビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュなどを想定しているという。北尾氏は「とくに僕は、ビットコイン・キャッシュに力を入れたい。ビットコインは83%、84%、マイニング(採掘)され尽くしている。決済通貨としてもしんどい。値段も高くなりすぎている。ビットコイン・キャッシュは決済通貨として、リップルは送金通貨としていけると思う。匿名通貨は一切やらない」と話している。ービジネスインサイダー

ビットコイン キャッシュは、マイニング(採掘)においてビットコイン に比べて報酬が高い傾向になります。

今後ビットコイン キャッシュの価格が上がればその傾向もさらに高くなることから、マイニングをする人(マイナー)から大きな支持を受けているのです。

(関連記事)ビットコイン キャッシュがマイナーに人気の理由はこちら

あわせて読みたい
ビットコインキャッシュ(BCH)が価格高騰!!〜ハードフォークと期待感についてビットコインキャッシュ(bicoincash)が現在価格高騰中です。11月に初のハードフォークを控え、これまで価格が安値で推移していたの...

今後のビットコインキャッシュについて

多くの人が注目しているのは、ビットコインが分裂した際に「ビットコインキャッシュは価値が有るのか?」ということです。

すでに説明したように取引量が従来の1MBから8倍の8倍に拡張され取引が向上しています。

ビットコイン キャッシュについてはマイニングの観点から将来的に支持される可能性もあります。やはりビットコインキャッシュが取引拡大するということではビットコインと同じように支払いに使われていくことだと言われています。

ビットコイン から分裂したビットコインキャッシュですが、大手の仮想通貨を取り扱うヘッジファンドもビットコイン、イーサリアムと共にビットコインキャッシュを投資通貨として採用しており、今後の動向に目が離せないと言えます。

ビットコインキャッシュやその他の通貨については『有料メルマガ🔗』で具体的な私の投資と市場分析を行っていますし、『無料メルマガ🔗』でも仮想通貨を基礎から学べるように配信をしています。

初めてビットコインやビットコインキャッシュを持つにはセキュリティが高いビットフライヤー🔗がいいと思います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら