仮想通貨の基礎知識

2017年末の仮想通貨バブルで損した人はどうすればいいのか?〜チャンスはあるのか?

2017年末(12月)からバブルとも言える大高騰を見せたビットコインやリップルをはじめとした仮想通貨市場(相場)

仮想通貨バブルと言われたその時期で、仮想通貨を買った人は2018年に入り通貨の価格の下落から、大きく損(大損)した人も少なくありません。

ですが、あの時の相場で通貨を買った人は、価格が戻ってくるまで待つべきなのか?対処法はないのか?

当時はコインチェックのCMで芸能人の出川哲郎さんが出演するものがメディアでは有名となっていた時期で、高騰中の相場で買った人で、2018年の相場で損をした人を「出川組」とも表現されたりします。

投資で収益を上げていくにはまずは相場で退場しないことが重要ですが、ずっと塩漬けにするのではなく、早くに収益が出るような視点を持つ必要があります。

ヨリコ
ヨリコ
2017年末から仮想通貨が高騰して仮想通貨投資をはじめた人も多いわね。そのような人はもう今後チャンスがないのかしら?

仮想通貨バブルからの終焉へ〜価格の値下がり

上のチャートはビットコインの価格チャートになります。

ビットコインは2017年の初めに10万円だったものが、2017年末には200万円を記録し、その後は80万円くらいで価格が落ち着くことになりました。

時期ビットコイン価格上昇・下落率
2017年1月10万円
2017年12月200万円2000%
2018年9月80万円ー60%

また他のアルトコインについてはそれ以上に下落率が大きくなっています。

通貨名2017年1月2018年10月下落率
イーサリアム160000円23000円−85%
リップル400円50円−87%
ネム200円10円−95%
ヨリコ
ヨリコ
こう見るとビットコイン以上にアルトコインの下落が目立つわね。

この値下がりをどう考えていけばいいのかが大事よね。

相場を退場しないことが重要

年末の高騰相場で通貨を買った場合、大きな損失を出ている人が多くいます。

俗にゆう損切りというものも、どこでしていいのかわからずそのまま値下がりした通貨を持っている状態を「塩漬けと言います。

通貨が下がれば人は手放したくなる心理になりますが、そのまま持っている人も多くいると感じています。

相場は基本的に上昇と下落のサイクルになります。 なのでその中で利益を出すためにチャンスに乗るために多くの人が参加をしています。

しかしながらバブルの時などの高騰中に投資した場合に、その後の暴落で大きなマイナスになってしますことも少なくありませんが、ですが、そこで投資を辞めて(諦めて)しまうとマイナスのままになってしまいます。

ヨリコ
ヨリコ
上昇と下降が繰り返す相場で、大きな上昇で買って損したからってあきらめたら、次のチャンスに乗れなくなってしまうわ。

相場はサイクルなので次のチャンスをのればこれまでの損失も取り返せる可能性も大きくなるのよ。

仮想通貨を塩漬けをしている人はどうすればいいのか?

仮想通貨を塩漬けにしている人は、「次のチャンスに乗る」ということが重要です。

仮想通貨を塩漬けにしたままにして、価格が戻るまでにそのまま待っているだけであれば、投資の上では機会的な損失とも言えます。

・仮想通貨を塩漬けのままだとチャンスに乗ることができない。

・仮想通貨の価格が買った価格に戻しても、そこから何十倍の利益を見込むのは現時点では難しい。

以上のことが特徴といえます。

なのでこうしたことも含めて、

仮想通貨が値下がりしているときにこと買いのチャンスを伺う。

という投資の次のチャンスに乗るために積極的な姿勢が重要だといえます。

ケイシ
ケイシ
以前はみんなが買っていた高騰中に買って損をしました。 ですが、次はみんなが買わない値下がりしているときに買うという視点も非常に重要なのです。
ヨリコ
ヨリコ
投資で収益をあげるのはあきらめずに次のチャンスを伺う積極的な姿勢が重要よね。

今の価格水準から元に価格を戻したとしても、大きな値上がり益を得ることが可能だわ。塩漬けのままだと相場で大きな収益を得ることは難しいと言えるわね。

買いのポイントとは

買いのポイントとして、一つは「相場が落ち着いているときに買いを入れる」ということが言えます。

こちらはビットコインのチャートですが、2018年の高騰からビットコインの価格は次第に70万円を目指して収束をしています。

このような状況としては、昨年末に見られた投機的な資金の流入はあまりないと考えられるため「買いのポイント」として見ることができます。

ケイシ
ケイシ
通貨の投資のポイントとしてはビットコインだけでなく、イーサリアム やリップルなど下落率が高く、時価評価額が高い通貨の投資も検討することが収益をあげる上でも重要です。

大きな利益を狙えるのか?

現在のビットコインやリップルなど時価評価額が高い通貨で、以前のように数十倍から100倍の値上がりを狙うのは難しいと言えます。

しかしながら、現在時価評価額額が低く取引が大きくない通貨でも今の値下がりしている相場では、将来的に大きく高騰する可能性があるため、余裕資金があり将来性がある通貨で時価評価額が低い通貨を知っているのであれば投資して見るのも一つの選択肢と言えます。

ケイシ
ケイシ
実際私も少額ですが、下落相場で時価評価額の低い仮想通貨についても投資を続けています。 詳しくは「有料メルマガ」にて毎週配信を行っています。
あわせて読みたい
まぐまぐで仮想通貨実践投資メルマガをスタート!!大手メールマガジンのまぐまぐで、この度仮想通貨実践投資メルマガ(メールマガジン)をスタートさせました。 メルマガでは投資で収益を上げるこ...
ヨリコ
ヨリコ
資金に余裕があって、仮想通貨のことを幅広くしっかりと調べれる人はそういった通貨に投資をしておくのもいいわね。 将来的に当てればでかいかも^^

投資か与沢翼氏も次の仮想通貨の高騰を確信している。


仮想通貨リップルに投資をして12億円の利益を出して日本人投資家の与沢翼氏も仮想通貨の高騰は再度訪れると発言をしています。

上の動画では、この記事のタイトルと同じで、昨年末の高騰相場でリップルを買って塩漬けをしている人について、「積極的に仮想通貨を買い増すこと」が重要だとメディアで発言をしています。

ヨリコ
ヨリコ
そう言えば与沢さんは、2017年にリップルに投資をしたときにもまだ仮想通貨については消極的な人が多かった時期ね。

成功するには人と違う視点が重要ということね。

これから仮想通貨を始める人へ

これから仮想通貨を始める人も、将来的に仮想通貨相場が値上がりしていく可能性があれば下落相場はチャンスと言えます。

なので、このような機会にこそ、仮想通貨がどのようなものか?将来的に使われていくのか?という視点で調べて見ることをオススメします。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨取引所は「ビットポイント」など国内で資本力が高く、セキュリティも高いところがおすすめね!

仮想通貨取引所ランキング

まとめ

以上年末の相場で損をしている人の仮想通貨投資についてまとめてきました。

塩漬けしているままの状態ではなく、「次のチャンスはあるのか?」という視点を持って相場を見ることが重要です。

将来的に価格がもし上がると仮定するのであれば、どのタイミングで買っていたらいいのかというと、それは価格が落ち着いて底のに近いところで買っていく必要があると言えます。

ヨリコ
ヨリコ
当サイトの「無料メルマガ」では初心者からわかる仮想通貨の基礎知識と投資方法を配信しているから購読してみてね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら