wallet(ウォレット)

TronLink(トロンリンク)ウォレットの作成方法、使い方について解説

TronLink(トロンリンク)ウォレットの作成方法、使い方について解説

仮想通貨トロン(TRON 通貨単位TRX)が開発したメインウォレットがTronLink(トロンリンク)になります。

トロンは以前はイーサリアムベースのERC20でしたが、現在はメインネットに移行したため、トロンのメインネットでの取引ができ、ウォレットの送金でもかなり安い手数料でやりとりができるのが特徴です。

またトロンはSUN(サン)というDeFiのシステムを2020年にリリースさせたことで、トロンの通貨TRXなどを使って高金利でSUNトークンを金利収入として得ることができるようになりました。

その際に使うウォレットがTronLink(トロンリンク)となっています。

この記事ではトロンリンクの作り方(インストール方法)、使い方についてご紹介していきます。

ヨリコ
ヨリコ
イーサリアムを使ったDeFiは人気だけどガス代(手数料)が高騰しているところもあって、トロンのウォレットに注目も集まっているわ。

TronLink(トロンリンク)ウォレットについて

TronLink(トロンリンク)については、基本的にGoogleのブラウザであるグーグルクロームでダウンロードをして使用するウォレットになっています。

特徴としては

グーグルクロームでウォレットを作成。

手数料が安い

トロンのDeFiのメインウォレットとなっている。

 

ということがいます。

ヨリコ
ヨリコ
トロンがリリースしたSUNというDeFiのシステムは2020年9月時点では年利60%でトロンが運用できたりとかなり収益が良いわ。トロンのメリットは加えて取引ごとの手数料も安いことね。

トロンリンクを使って仮想通貨トロンを高金利で運用することが可能

仮想通貨トロンがリリースしたDeFiのSUN

SUNでトロンをステーキングすることで、高金利でトロンを運用することが可能です。

SUNではトロンリンクで接続する必要があり、SUNでの運用のためにトロンリンクを作成する人が増えています。

仮想通貨トロンをDeFiで高金利でステーキングする方法について
仮想通貨トロンをDeFi(SUN)で高金利でステーキングする方法について暗号資産(仮想通貨)のトロン(Tron 通貨単位TRX)をトロンのDeFi(分散型金融システム)であるSUNで預けることで通常のステーキ...

トロンリンクの作成方法について

それではトロンリンクを作成していきます。

トロンリンク公式(グーグルクロームで使用)

公式サイトをグーグルクロームで開いてダウンロードします。

Add extensions をクリックします。

するとグーグルクロームのエクステンションに追加されます。

パスワードとアカウント名

ウォレットのパスワードを設定します。*2段目はパスワードの確認用

ウォレットを新規作成するか、他のウォレットから移行するかなどを選ぶことになります。ここでは新規作成(creat)を選びます。

次にウォレットのアカウント名を入力します。*お好きな名前で

ウォレットの秘密鍵を設定・保管

 

 

次にウォレットの秘密鍵が表示されるため、バックアップをとります。*手書きで保管するのを推奨

この画面の後にサイト秘密鍵を入力する画面に映るので、順番どおり言葉を選んでいきます。

無事にウォレットが作成完了しました。

上の画像では英語ですが、グーグルクロームが日本語ならウォレットも日本語で表示されます。

このウォレットに取引所などからトロンや他の通貨を送信して保管したりします。

以上がトロンリンクの作成方法でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら