初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨リップル(Ripple)がアメックス(AMEX)と業務提携で価格高騰!

仮想通貨リップル(Ripple)がアメックス(AMEX)と業務提携で価格高騰!

仮想通貨リップル(Ripple XRP)が大手クレジットカード会社であるアメリカンエキスプレス(アメックス、AMEX)リップルネットワークを使った国際送金について業務提携を結びました。

その後リップルの価格が高騰し、23.6円であった価格は32円まで高騰し現在は25.7円で落ち着いています。

リップルは最近専門家の予想で約1年で110円、そして数年以内に600円など価格予想が出ており注目されています。

関連記事▼▼

関連記事▼▼(リップルについて)

リップルが大手クレジットカード会社アメックスと提携

The most recent is an important connection between American Express (AMEX) and Ripple (XRP) to create a Blockchain-based payment infrastructure. Per the announcement, the platform is already being used.-cointelegraph

翻訳→最近のもっとも重要ことはアメリカンエキスプレスとリップルが、ブロッチェーンに基づく支払いシステムを提携してことです。そしてそのプラットフォームはすでに使われていると発表があっています。

The specific application is for Business to Business (B2B) payments between US corporate customers and UK based customers banking with Santander UK. The service will provide real-time trackable payments between customers.

特徴的なものは、ビジネス間の資金の取引になり、アメリカの顧客とイギリスの顧客をSantander銀行間の取引で行います。サービスはリアルタイムな支払いのシステム(ブロックチェーンを使った)を顧客間で利用することになります。

”Whereas beforehand Amex had to send Swift messaging to the banks to request the payment to happen, now Amex is connected directly to the banks using Ripple and Ripple’s cryptography, so that the movement of value happens immediately.”

翻訳→一方でアメックスは支払いについては銀行にSWIFT(スイフト)のメッセージを送らなければなりませんでした。今アメックスは直接リップルの通貨を使って銀行と取引をすることが可能です。この動きの価値はすぐに実現していくでしょう。

 

アメリカンエキスプレスについて▼▼

アメリカン・エキスプレス(英語: American Express Company)は、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業である。国際ブランドとしてはチャージカードに位置付けられているが、一部発行国では分割払のできるクレジットカードとしても機能する。略称は「アメックス (Amex)」 。ーwikipedia

 

アメリカンエキスプレスとのニュース発表時に価格について

 

 

リップルの4時間足チャートになります。

昨日16日のアメリカンエキスプレスとの提携のニュースからリップルは23.6円から最大約32円まで価格高騰しました。その後25.7円ほどで価格が落ち着いている状況です。

リップルの日足チャートです。(2017年4月から11月)

5月に50円を超える歴代最高価格の高騰を見せた後は価格が値下がりし、17円から23円程度の価格で主に推移をしていた状況です。また一時期価格を上げた時は今回のように30円台前半までの価格上昇となっています。 

まずは30円台前半の価格を突破し、最高価格である50円に向けて意識されてくると思います。

与沢翼氏のリップルの利益について

 

国内で有名な投資家として知られる与沢翼氏は3億円の仮想通貨の予算のうち1億円をリップルに投資をしています。

与沢氏が仮想通貨を買った9月6日のリップルの価格は23円程度となっており、現在のところ収支はあまり変わらない状況となっています。

しかしながら今後専門家の予想のように110円に到達するとなると、与沢氏のリップルの資産は4億7千万程度まで膨れ上がることになります。

関連記事▼▼

国際送金取引に注目を集めるリップル

リップルは従来の国際送金にブロックチェーンを使うことで、従来のより大きなコストの削減とリアルタイムな送金システムの銀行間取引での運用を目指し積極的に取り組みをしています。

また直近では10月に国際会議である「SWELL(スウェル)」を開催し、元FRB議長の「バーナンキ氏」や仮想通貨でもっとも有名とも言えるイーサリアムの開発者「ビタリク氏」を招いています。

数ある仮想通貨の中でも特に積極的に世界的な取り組みを行っているリップルの動向にますます目が離せません。

注目の仮想通貨「リップル(リップル)」が取引ができるオススメの国内取引所コインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] ただ、11月にはアメックスとの提携も発表するなど、仮想通貨投資としての価値よりも、お金の送金手段としての価値が高まっているように感じます。 ただの投機目的での値動きではなく、Rippleの本来の目的である、銀行間取引の手数料削減や送金関連のメリットが広まり、 シェアが拡大することでRipple自体の価値も高まるいい循環に進んでいってほしいと考えています。 […]

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)