初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

リップルの国際会議「SWELL」の参加者について〜再度価格高騰の要因となるか

リップルの国際会議「SWELL」の参加者について〜再度価格高騰の要因となるか

仮想通貨リップル(Ripple 通貨名XRP)が開催する国際会議である「SWELL(スウェル)」のスケジュールが発表されました。リップルはリップルのネットワーク(ブロックチェーン)を使った銀行間の低コストかつ迅速な送金システムを世界的に進めており、この会議はリップルにとって大変重要な会議と言えます。 

果たしてリップルの取り組みは価格高騰の要因となり投資のチャンスとなるのか

会議には元FRB議長のバーナンキ氏や、インターネットの生みの親であるティム・バーナーズ=リー氏、そしてオバマ政権下で経済の顧問として働いたジーンスパーリング氏などそうそうたるメンバーが参加することになっています。

そして仮想通貨では世界的に有名なイーサリアムの開発者であるビタリク氏も参加することになっています。

関連記事▼▼

主なSWELL(スウェル)の参加者について

元FRB議長のベン・バーナンキ氏

ベンジャミン・シャローム “ベン” バーナンキ(Benjamin Shalom “Ben” Bernanke、1953年12月13日 – )は、アメリカ合衆国の経済学者。専門はマクロ経済学である。第14代連邦準備制度理事会 (FRB) 議長(在任:2006年 – 2014年)  

1979年からはスタンフォード大学経営大学院で教鞭をとる一方、ニューヨーク大学で客員教授職にもついている。1985年、プリンストン大学経済学部教授に就任し、日本銀行の政策がいかに間違っていたかを研究[6]。1996年から2002年までのあいだは学部長も務めた。またこの間、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの金融理論・金融政策の講義を行っているほか、マクロ経済学の教科書を3冊、ミクロ経済学の教科書を1冊執筆、全米経済研究所の金融経済学における教程監督、アメリカン・エコノミック・レビュー誌編集者などを歴任している。特にデフレ史の研究に優れ、友人であり同僚でもあったポール・クルーグマンとともに、インフレターゲットの研究者として名を高める。 

2009年3月から1年間、住宅ローン担保証券などを1.75兆ドル買い入れる量的緩和第1弾(QE1)を、2010年11月から2011年6月には米国債を6000億ドル買い上げる量的緩和第2弾(QE2)を、2012年9月からは期限や総枠を設けない無制限な量的緩和第3弾(QE3、「無制限緩和」[19])を実施した。ーウィキペディア

FRBとは日本で言えば日銀にあたり、重要な政策金利を発表したりする機関になります。つまりそこで議長を務めた方です。SWELLでは一番のキーパーソンと言えます。

インターネットの生みの親であるティム・バーナーズ=リー氏

ティモシー・”ティム”・ジョン・バーナーズ=リー(英語: Timothy “Tim” John Berners-Lee, 1955年6月8日 – )は、イギリスの計算機科学者。ロバート・カイリューとともにWorld Wide Web(WWW)を考案し、ハイパーテキストシステムを実装・開発した人物である。またURL、HTTP、HTML の最初の設計は彼によるものである。メリット勲章(OM)、大英帝国勲章(KBE)、FRS(王立協会フェロー)、FREng(王立工学アカデミーフェロー)、FRSA(王立技芸協会フェロー)を保持する。

1994年、マサチューセッツ工科大学に着任した直後 World Wide Web Consortium(W3C)を設立。WWWの仕様や指針、標準技術を策定・開発することで、WWWの可能性を最大限に導くことを目的としている。1999年、MITコンピュータ科学研究所内の 3Com 創業者会会長に就任。2004年12月にはサウサンプトン大学電子コンピュータ科学部の学部長兼教授に就任し、次世代のWeb技術として、Semantic Web技術の標準化を進めている。ーウィキペディア

インターネットの生みの親とも言われているティム・バナーズ氏

経済学者 ジーンスパーリング氏

1988年大学院を飛び出して大統領選のデュカキス陣営に参加したほどの政治好き。’90〜91年クオモ・ニューヨーク州知事の経済顧問を務めた。’92年大統領選でクリントン陣営の経済政策チームに参加。’93年1月からクリントン政権の国家経済会議(NEC)副議長、’97年1月〜2001年同議長を務め、財政黒字を達成した。その後は米財務省の顧問を務めていたが、2011年1月オバマ政権で再びNEC議長に任命される。ーコトバンク

イーサリアムの開発者ビタリク氏

イーサリアムの開発者であるビタリク氏も会議に参加します。 

仮想通貨関連の人では最も注目を集めている人物といえます。彼は最近もOmisego(オミセゴー)とアジア圏の決済システムを目指した仮想通貨についても積極的に参加しており、それがオミセゴーの認知にも広がり通貨の価格高騰の原因の一つといえます。 また最近はオミセゴーはタイ政府からフィンテックの分野で表彰を受けています。

関連記事▼▼

その他の会議参加者について

その他の参加者としては  

  • SBI ripple Asia 沖田貴史氏 
  • SBIグループ傘下のSBIレミット代表取締役の安藤伸生氏 
  • MUFGデジタルイノベーション推進部長である相原寛史氏 
  • Hyperledgerプロジェクト理事のBrian Behlendorf氏

などが会議に参加することになっています。

スウェルの詳しい参加者はこちら

リップルは再度価格高騰するのか

上のチャートはリップルの1年間のチャートです。

リップルは2017年3月から価格が上がり始め、一時は45円まで高騰しました。その後価格は下落し、17円で推移していましたが、リップルが8月末に国際会議SWELLを発表するための「カウントダウン」で価格が一時高騰し32円を記録しました。

関連記事▼▼

その後価格がまた17円まで下がり推移している状況です。

リップルの17円付近の価格

リップルが最高価格約45円を記録した後は最安値として17円付近で上がったり下がったりを繰り返しています。つまりこの17円付近の価格というのは強い「買いの圧力」があると考えられます。

その要因の一つとしては、リップル社が自身の通貨リップルを保有(ロックアップといいます。)しているからその価格付近からは価格が下がりにくいと言えるのが一つあります。

関連記事▼▼

最近はリップルのライバルとも言えるネムが8月に大きく一時は高騰したり注目を集めたのですが果たしリップルは今後上がらないのでしょうか。

一つの考えとしては、リップルの17円付近が底が硬いと判断できるのであればそこで保有すると後は何かもし大きなニュースがあった場合に大きく利益を得れる可能性もあるということです。 これまでリップルは50円近い価格を経験をしています。

最近は与沢翼氏もリップルに1億円投資したというニュースで話題になっています。与沢氏が投資を判断したのもリップルが国際的に非常に革新的なことに取りくんでいるということと、値上がりを続けているライトコインやネムなど他の通貨と比べて安値で推移している通貨(*ここは詳しくは説明していませんせんが)であるというのが要因ではないかと考えています。

関連記事▼▼

将来性のある通貨を底堅いと判断するところで保有することは、高騰中に通貨を買うより、リスクが低くより安定した投資判断と言えます。(*投資は自己判断でお願いします。)

リップルも含め私が具体的に投資する仮想通貨はこちらでご紹介しています▼▼

リップルが中国市場で使用される可能性

 


翻訳→中国中央銀行を歓迎します。最新のブロックチェーン技術の活用について議論

中国中央銀行がリップルの本社があるサンフランシスコに行き、リップルを中国市場で活用する方法を議論しています。

これはリップルの投資家についてはプラスの要因になり、リップルが中国で決済手段の一つとして使用されるようになれれば、価格に影響する可能性あるからです。まだ進行中の計画と言えますが、今後も中国とのニュースには目が離せません。

リップルの今後について

これまでご紹介してきましたが、リップルは国際間の銀行取引でこれまでの取引を変える画期的な取り組みを行っています。

ここで一つ言われているのが、通常仮想通貨は管理者がいない個人間の取引であり、リップルが主に活動を行っているのが管理者がある銀行間の取引です。(個人間でもリップルの取引はもちろん可能です。) 銀行口座を持たずとも送金が可能な仮想通貨の技術と今後相入れるのかという意見もあります。

銀行が管理主体としてこれまでの送金をより安くそして迅速に送金できることも一つの未来として求められているのも確かです。もちろんどのサービスがより必要なのかも含めてより、ユーザーが求めているものということが影響してきます。銀行が仮想通貨を脅威として考えているのも理由としてあり、銀行なりに仮想通貨以上のサービスをユーザーに提供するしか生き残る方法はないのではないでしょうか。

また加えてリップルは銀行間取引だけでなく、決済手段としても、中国市場のご紹介で説明した通り可能性を持っており、今度も最も注目していきたい通貨の一つと言えます。

注目の仮想通貨「リップル(リップル)」が取引ができるオススメの国内取引所コインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)