初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨について(Cryptocurrency)

仮想通貨について(Cryptocurrency)

仮想通貨で有名なのはビットコインBitcoin)で、皆さんもご存知だと思います。 仮想通貨は別名暗号通貨とも言われ、現在はたくさんの種類があり、ブロックチェーンという技術をもとにネット上で取引される通貨になります。

中本哲史(ナカモトサトシ)という方が発明したとされる通貨で、海外のみならず、国内でも現在大手の銀行や会社で取引の対象が拡大されつつあり、将来性が非常に高い通貨と言われています。

この通貨が非常に革新的なため、近年通貨の価値が上がり取引する数も増えてきました。 将来性があるから投資として魅力的だということができるのです。

中本哲史が2008年10月にネット上で発表

実はこの仮想通貨は中本哲史(Satoshi Nakamoto)という方が発明し、ネット上で発表したとありますが、本人は誰なのかわかっていません。

日本人の名前なので、日本人ではないかとされていますが、それすらもまだわかっていないのです。

しかしその発表された技術が革新的であったため、2016年にノーベル経済学賞に推薦されるなど、その功績は認められつつあります。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴として

  • 管理者がいない。
  • 世界中で取引される。
  • 手数料がすごく安い
  • 発行上限が決まっている

が主な特徴としてあげられます。

管理者がいない?? 。考えると???という感じですが、やはり技術が革新的であるからこそ注目の通貨なのです。

管理者がいない分散型の取引

例えば、通常銀行が管理者で海外や国内送金をすると手数料が取られます。つまりこれは銀行の収入になるわけです。 これは銀行が決めることができます。

ですが、仮想通貨は管理者がいないため、不正ができず、また手数料が格安ということが特徴になります。 通常は電子データのやり取りで通常管理者がデータを見ることができますし、またそれを改ざんできる可能性があります。

しかし管理者がいない仮想通貨は、これまでのすべての全取引データを見ることができ不正ができないことになっています。 この仕組みこそが仮想通貨の技術革新とも言えるものなのです。

世界中で取引される。

仮想通貨はたくさんの種類があります。 例えば一番取引量が多い『ビットコイン』を例であげると、どの国の人ビットコインで取引するとすると、簡単に取引ができてしまいます。

通常はドルと円やユーロと円の交換という感じで、通貨の種類が違うのでその分手続きが複雑になりますが、仮想通貨の場合は同じ種類とした場合簡単に取引ができてしまいます。

手数料が格安

つまり管理者がいない、世界中で簡単に取引されるから、手数料が格安です。

条件 送金額 送金手数料 手数料率 反映にかかる時間
日本 → 海外(銀行) 100,000円 3,750〜5,500円 3.75〜5.50% 1〜2週間
日本 → 海外(ネット銀行) 100,000円 2,500〜5,000円 2.50%〜5.00% 3〜5日間
ビットコイン → ビットコイン 1.62BTC 0.0002BTC(約12円(YEN)) 0% 10分〜1時間
上の表のように、ビットコインでの取引は海外送金に比べてとても安いことがわかると思います。
 
でも手数料はどこに行くのでしょうか? 
それは仮想通貨の送金のやり取りで監視をする人が抽選で選ばれることになりますが、その方の手数料になるのです。 すべての取引データがすべての人が見れるため、不正をすることができません。
 

 発行上限が決まっている

仮想通貨の中のビットコインの発行上限は2100万コインと言われ、現在は1200万コイン程度発行されていると言われています。

通常通貨については、国が赤字を補ったり、急に支出が必要であれば通貨を発行しますが、ビットコインは発行上限が決まっているため、そのようにいつでもというわけには行きません。

最終的にはその発行上限の中での取引になっていきます。

ビットコインで発行のことはマイニング(採掘)と言われ、パソコンを使ってマイニングをした場合には、報酬としてビットコインがもらえる仕組みになっています。

まとめ

以上説明してきたように、仮想通貨はこれまでの通貨の考えを変えていくシステムだということができます。

仮想通貨の中のビットコインは発行当初から120万倍までに価格が上がっているため、海外の投資家で当初200万円を億単位にした方も実際おり、今後も通貨が広まるにつれ通貨の価値が上がっていくものと言われています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)