Bitcoin(ビットコイン)

ビットコイン(bitcoin)とは?〜デジタルゴールドと言われる仕組みと特徴について

ビットコイン(bitcoin 通貨単位:BTC)は、仮想通貨(暗号資産)で最も古く歴史がある通貨で、その希少性から別名「デジタルゴールド」とも言われています。

専門家ビットコインの将来の価格予想ではポジティブなものが多く、将来価値が値上がりをしていく可能性があるということです。

ビットコインの仕組みとして支払いとしての決済手段という側面もありますが、実際には価値を保有する「安全資産としての影響力が強くなっているのが現状です。

ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコインbitcoinとは何?

ビットコインは仮想通貨の中の一つです。 

仮想通貨は現在1,000種類以上と言われ、大変多くの通貨があります。 

なぜこのように通貨がたくさんあるかというと、仮想通貨の仕組みのプログラムが公開されており、それを使ってプログラムの知識がある人は仮想通貨を作れるからです。

ビットコインは仮想通貨の中心的とも言える存在であり、2009年の発行以来最も多く取引がされています。

以下ビットコインの概要になります。

項目内容
通貨名ビットコイン
通貨単位BTC
発行上限21,000,000BTC
主要開発者ナカモトサトシ(人物は特定されていない)
主な取引所全ての国内取引所(詳しくは本記事の下部に記載)
ウォレットレジャーナノSブロックチェーンウォレット
開発年2009年

 

仮想通貨全体の仕組みについて「仮想通貨とは何か?将来性について」の記事を参考にしてください。

ビットコインの現在価格

ビットコインの現在価格は以下の通りです↓


ビットコインの時価総額は仮想通貨の中で1番

上の図は、仮想通貨の時価総額ランキングです。  

このランキングについては、「Coinmarket cap」で掲載されています。

トップの赤枠で囲んだ通貨が『ビットコイン』になります。 

左から2番目の項目に『Market cap』つまり時価総額のことです。

図の時(2018年7月)には約12兆円の取引がされています。

この数値が他の通貨に比べて桁違いに多いのがわかると思います。

通常通貨の取引量が多いということは、その価値の高さを表し、通貨が信頼性がある、安定しているという理由で取引がされます。

2019年ビットコインの価格予想

ビットコインの2019年の価格について多くの専門家が具体的な金額を控えているのが現状です。

しかしながら2019年1月の40万円の価格は超えてくるというのが多くの見解となっています。

あわせて読みたい
ビットコイン2019年の価格は上がるのか?下がるのか?予想を検証
ビットコイン2019年の価格は上がるのか?下がるのか?予想を検証仮想通貨ビットコインの価格は2018年に220万円から45万円へと80%近い大きな下落となりました。 このような状況ですが、専門家...

ビットコインの中核とも言える技術「ブロックチェーン」

ビットコイン(仮想通貨)の技術の革新とも言えるものが『ブロックチェーンシステム(Block Chain)』と言われるシステムです。

このブロックチャーンの技術は現代では非常に革新的な技術であり、その技術上にビットコインが取引されているのです。

ブロックチェーンとは上の図のように、各取引が一つのブロック上となっており、チェーンでつながっている状態になっています。

その特徴は

管理者がいない

取引履歴が世界中に公開されていて、改ざんが不可能

個人間で世界中で直接取り引きが可能

24時間365日取引が可能

というものになります。

管理者がいなく、個人間でやりとりができる。

そして全世界の人がどのような取引があったか見ることができるというのは今までにない技術でした。

ケイシ
ケイシ
通常お金を誰かに送金する場合は、銀行にシステムを使って送金をしなくてはいけません。 それがブロックチェーンだとネット上で個人間で送金することができるのです。管理者がいないため手数料が安く合理的な仕組みとなっています。

ブロックチェーンについては、「ブロックチェーンの仕組みについて」の記事を参考にしてください。

 

ビットコインの送金について〜手数料は格安!

条件送金額送金手数料手数料率反映にかかる時間
日本 → 海外(銀行)100,000円3,750〜5,500円3.75〜5.50%1〜2週間
日本 → 海外(ネット銀行)100,000円2,500〜5,000円2.50%〜5.00%3〜5日間
ビットコイン → ビットコイン1BTC数百円0%10分〜1時間

 

ビットコインはBTC(ビーティーシー)という単位で扱われ、2018年7月現在で1BTC=70万円からとなっています。

このBTCを使ってBTC同士や他の通貨とも交換ができるとても便利な通貨なのです。

ビットコイン手数料は取引所によりますが、送金のやりとりで一般的には0.02%と言われています。もちろんオンライン上なので、全世界どこでも同じです。

通常の海外送金では、アメリカやカナダなど先進国に送付する場合数千円は最低かかります。 

また新興国(シリア等)になると、なんと送金額の20〜40%もの手数料がかかるとも言われています。

とても高い手数料です。

これがビットコインになると「国内送金手数料」並みで世界中に送金が可能になります。

👉送金は24時間365日可能。

👉送金手数料は「国内送金手数料並み」

👉ビットコインの送金スピードは約30分程度

 

透明性が高いシステム

ビットコインは、ブロックチャーンシステム上で、2009年の発行以来からこれまでの記録を見ることができます。 

上の画像は「ブロックチェーンインフォ」というサイトで、ここでビットコインの世界中の送金履歴を見ることができます。

また個別に自分が送った送金についても「ビットコインのアドレス」を入力することで取引がわかるようになっています。

ビットコインや他の仮想通貨も同じで、ブロックチェーン技術で成り立っており、このように管理者がいなく、改ざんができなシステムとなっています。

ケイシ
ケイシ
ブロックチェーンを使った技術の取り組みは、世界的な大手企業を中心に現在積極的に実用化されて来ています。

ビットコインのハードフォーク について

ビットコインは2017年1月にハードフォーク を行い、全く新しい通貨であるビットコインキャッシュが誕生しました。

もともとビットコインは取引量が1MBというものであったため、さらなる取引量の拡大からハードフォーク により8MBに対応したビットコインキャッシュが誕生し、時価評価額第3位となっています。

ですが、既存のビットコインはやはり、これまでの初代仮想通貨としての価値と金と同じ安全資産しての価値を有しており、今もなお世界で一番取引されている通貨となっています。

ビットコインのこれまでの相場(チャート)

こちらは、ビットコインの2013年からの価格を示した相場になります。 

緑の線は対ドルでのビットコインの価格になります。

ビットコインは2013年に当時世界最大の取引所と言われていた「マウントゴックス」から約470億円のビットコインが流出するという、世界大のハッキング事件となりました。

そしてその後相場が低迷していましたが、2017年にビットコインは10万円から200万円まで価格上昇することになります。

その後価格が下落し、2018年7月現在で70万円となっています。

ビットコインの主な出来事

2013年にマウントゴックスからビットコインが流出

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

記者会見で頭を下げるMTGOXのカルプレス社長(28日午後、東京・霞が関)

MTGOXのマルク・カルプレス社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。消失したのは顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコイン。金額にして「114億円程度」としているが、他の取引所の直近の取引価格(1ビットコイン=550ドル前後)で計算すると、470億円前後になる。-日本経済新聞

 

コインチェックで仮想通貨ネムが流出


仮想通貨が盗まれたニュースはマウントゴックスだけでなく、現在も引き続きおこっています。

ビットコインではありませんが、国内の仮想通貨取引所「コインチェック」で、仮想通貨ネムが580億円流出し、今世紀最大の流出事件へと発展しました。

しかしながらコインチェックは当時の顧客26万円に対し、全額日本円にて返金することを発表しています。

この事件については「コインチェックが不正送金された仮想通貨ネム(NEM)を補償!〜驚きのスピード対応」を参考にしてください。

あわせて読みたい
コインチェックが不正送金された仮想通貨ネム(NEM)を補償!〜驚きのスピード対応国内仮想通貨取引所コインチェック(Coinchekc)で仮想通貨ネム(NEM 通貨単位XEM)460億円分がハッキングを受け不正送金され...

 

ビットコインで家を建てた!? ビットコインの有名な話

ノルウエーの男性が2009年にビットコインを2700円程度で買い、その後買ったことを忘れていたのですが、4年後にビットコインの価格を見て本人はその価値が886000ドル(=9000万円)に膨れ上がっているのを見て驚愕したと言うニュースです。

その後税金を支払った残りの金額で、その男性は家を建てたという話になっています。

仮想通貨はなぜ盗まれるのか

仮想通貨はデジタル上の通貨であり、「盗みやすい」という性質があります。

なのでハッカーは常に仮想通貨取引所からか仮想通貨を盗もうと狙っているのです。

なぜビットコインや他の通貨が盗まれるのかというのは、
価値を有しているから」ということが言えます。

日本円やドルなどと同じ価値を持つからこそ盗まれるのです。

ビットコインの相場を分析する。

ビットコインなどの仮想通貨相場を分析する場合には「コインマーケットキャップ」と言われるサイトから確認をすることができます。

ビットコインの「時価評価額(取引量)」「現在の価格」「これまでのチャート」などを確認することができます。

ビットコインの購入方法

ビットコインは、「仮想通貨取引所」というところで買うことができます。

👉ビットポイント

👉ビットバンクCC

👉GMOコイン

👉QUOINEX

👉ビットトレード

👉ザイフ

👉ビットフライヤー

上の表はビットコインが買える取引所の一覧ですが、ほとんど全ての取引所でビットコインを買うことができます。

買う方法については、取引所へ日本円を入金して、ビットコインを買うという流れです。

オススメの仮想通貨取引所位について下記の記事を参考にしてください。

ビットコインの保管方法について

ビットコインの保管方法について主なものとして、

👉取引所のウォレット

👉ウェブウォレット

👉ハードウェアウォレット

があります。

「取引所のウォレット」はビットコインを買った場合、自動的に取引所に保管されます。

しかしながら既に述べましたように、取引所はハッカーに常に狙われているため、大きな金額については「ハードウェアウォレット」に保管するのが主流となっています。

「ウェブウォレット」についてハッキングのリスクがあり、支払用のウォレットとして、通常の財布に入れる程度のお金を入れておくと考えていいと思います。

セキュリティが高い「レジャーナノS」

既にご紹介したセキュリティーが高いウォレットとしてオフラインで保管ができる「レジャーナノS 」が世界的に有名なウォレットとして知られています。

まとまった資産で取引をしなく持っておくものについては、レジャーナノSのようなウォレットに保管することがオススメです。

👉レジャーナノSではオフライン状況で保管できるため、ハッキングされる可能性が低い

👉日本では公式代理店があるため、公式代理店を通じて購入可能。

レジャーナノSの詳細については「公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレット」の記事を参考にしてください。

ビットコイン(bitcoin)にまずは触れてみることが重要な理由

ビットコインはその取引を行うことで非常に重要な技術を体験することができます。

ビットコインはかなり少額から持つことができ、100円からでもビットコインを持つことが可能です。

日本では本当に「支払いとしての」仮想通貨が必要かというとまだその段階ではないことも事実です。

ビットコインがなくても他国と比べて割と安い手数料で海外送金ができるし、電子マネーもあり特に不便がないともいえます。 

しかしながらビットコインの特徴として

👉送金手数料が安く、迅速に行える。

👉価格変動が大きく支払い通貨としてはいまの段階では向かない。

👉クラウドファンディングなどは、仮想通貨を使うと資金を従来よりも集めやすく注目されている。

👉次世代の安全資産としての価値が注目されている。

👉ビットコインが先物やETFなどの金融商品としても期待が集まっている。

ということが挙げられます。

ビットコインを持つ方は、その値上がりを期待して持つ人が大半ですが、中にはビットコインが世界で注目されているため純粋にビットコインを持ってみたいという方も中にはいます。

実際にビットコインを取引所を通じて所持して、実際に仮想通貨送金を行って見るとその便利な性質を実感することができると思います。

「その価値を実感すること」ができれば、仮想通貨はその人にとって有力な投資対象となるのです。

ビットコインは少額から持てるため、詳しくは「仮想通貨はいくらから買えるの?」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
仮想通貨(ビットコイン)はいくらから投資可能?〜少額投資について仮想通貨(ビットコインなど)を投資するときに、少額投資として最低購入単位(購入額)はいくらなのか、国内大手取引所『ビットフライヤー&#x...

ビットコインの将来性について

ビットコインの将来性にについては、これまでにご説明してきたことをプラスして、「ビットコイン(bitcoin)が長期的に値上がりする理由について」にまとめていますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
ビットコイン(bitcoin)が長期的に値上がりする理由について仮想通貨(暗号資産)であるビットコイン(bitcoin)が投資の対象として、これから長期的(将来的)に価格が上昇(上がっていく)していく...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【10月末まで】注目の仮想通貨IEO「Horos(ホロス)」
仮想通貨Horos(ホロス)とは?〜注目のIEOと価格、そして将来性について

2018年のIEOで成功を納めシンガポールのタイムイノベーション社からリリーされたクロノコイン。クロノコインは上場後最大160倍の値上がりを記録その第二弾となる仮想通貨「Horos」。クロノコインの実績から大注目の案件と言えます。

詳細ページ

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら