仮想通貨の種類

API3トークンとは?〜暗号資産(仮想通貨)の将来性・価格・買い方について

API3トークンとは?〜暗号資産(仮想通貨)の将来性・価格・買い方について

暗号資産(仮想通貨)API3トークンはデータベースであるオラクルに関係したものになります。

同じオラクルを使ったものにチェーンリンク(chainlink)がありますが、API3はチェーンリンクのライバルとも言われている通貨です。

分散型APIともいい、今後プロジェクトをどのように進めていくのかが注目されます。

この記事ではAPI3トークンの概要と、API3が購入できる取引所、将来性についてご紹介していきます。

API3トークンとは何?

通貨名 API3
通貨単位 API3
最大供給量 100,000,000
通貨規格 ERC-20
公式サイト ページ
チャート ページ
ツイッター ページ

API3トークンは、イーサリアムベースの仮想通貨で、メタマスクなどのウォレットでも保管することが可能です。

API3トークンの特徴を以下のようにまとめています。

コアを分散している。

API3では、利用者、業界の専門家、プロジェクトパートナーのオープンソースで管理されているプラットフォームになります。

またプラットフォームではAPI3トークンをAPI3保険ステーキング契約することができ、より安全性に配慮してある設計となっています。

APIのプロバイダーが運営

API3のノードをAirnode(エアーノード)と言っています。

Airnodeは、任意のAPIプロバイダーが無料利用ができる完全なサーバーレスのオラクルのノードであり、日常の管理は最小限で済みます。

 分散型のセーフティーネット

API3は保険の選択が可能で、それがセーフティーネットとしてネットワーク上で働くことになります。

分散型のプラットフォームでは、自動で機能することになっていますが、外部からのハッキングや誤作動などの取引にに対してユーザーが安心して取引できる環境を作っています。

海外で有名な分析家はAPI3について長期的に期待できると発言

海外での仮想通貨の分析に定評があるEllio trade crypt さんはAPI3については、チェーンリンクのライバルとして注目され、そして将来的に大きなファンダメンタルがあると動画で発言をしています。

→動画の公式サイト

API3が取引できる取引所について

 

上の画像は2020年12月時点のAPI3が取引できる取引所となっています。

私自身は、ユニスワップ でAPI3トークンを購入しています。

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法について
Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法についてDeFi(分散型金融システム)の有名なシステムであるUniswap(ユニスワップ)。 ユニスワップではイーサリアム(ETH)ベース...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算はクリプタクト

2016年から多くの実績がある暗号資産(仮想通貨)の損益計算所であるクリプタクト。

国内だけでなく海外取引所を含めて暗号資産(仮想通貨)の損益計算に対応

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら