DeFi

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法について

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法について

DeFi(分散型金融システム)の有名なシステムであるUniswap(ユニスワップ)。

ユニスワップではイーサリアム(ETH)ベースの仮想通貨(ERC-20トークン)を交換することができるシステムとなっています。

ユニスワップの特徴としては直接自分ウォレットから取引ができるため、セキュリティが非常に高く、また手数料はGAS(ガス)と言われるもので、通常は安いのが特徴となっています。

またウォレットについてはパソコン(PC)とスマートフォン(スマホ)ではログインで選択できるウォレット違うため注意が必要です。(例えばメタマスクはPCのみ)

ユニスワップは、通常の仮想通貨取引所と違い運営する人がいるわけではないので、その点分散型金融システム(DeFi)と言われています。

ユニスワップが2020年には海外の大手取引所に匹敵する取引量となっており、大手上場の前のマイナーな通貨の取引も可能なため大きな需要があると言えます。

この記事はユニスワップでの仮想通貨の買い方、購入方法、使い方などを解説してきます。

ユニスワップは大手取引所と並べる取引量を持つ

DeFi(分散型金融)が躍進を遂げている。管理者のいない形態で運営される「分散型取引所(DEX)」のひとつ、Uniswapは取引規模が拡大し、24時間の出来高は4500万ドル(約48億円)ほどの規模に達した。

仮想通貨ベンチマークサイトCoinGeckoによれば、この数字は記事執筆時点における各取引所の現物取引高において、国内の取引所bitFlyer(24h出来高:約3180万ドル)や、バイナンスUS(約3650万ドル)、Gemini(約2100万ドル)といった名の知れた取引所に匹敵、あるいは上回る出来高となっている。ーコインポスト

 

ユニスワップの使い方、仮想通貨の買い方について

ユニスワップについての使い方の流れは以下の通りです。

①ユニスワップの公式サイトにアクセス

②自分が持つウォレットにアクセス

③交換したい通貨を選択して交換

ウォレットには、あらかじめ国内仮想通貨取引所で買ったイーサリアムなどの仮想通貨を入れておく必要があります。

基本的にはイーサリアムがこのようなDeFiでは基軸通貨となっているため、イーサリアムを買ったウォレットに移しておくのがいいでしょう。

 

ヨリコ
ヨリコ
ユニスワップは詐欺サイトもできてると言う情報があるから、公式サイトについてはブックマークして次回からブックマークから利用することが重要ね

ユニスワップでは公式サイトにアクセスすると上の画面が表示されます。

この画面の「wallet connect」をクリックして自分が持つウォレットにアクセスをします。

【PC版】ユニスワップにログインをする

ユニスワップでログインする場合については

・metamask(メタマスク PCのみ)

・wallet connect(QRコードでアクセス)→トラストウォレットがおすすめ

・formatic

・portis(PCのみ)

のアクセス方法があります。

PCのみ使うのであれば、メタマスク、PCとスマホ両方使う場合についてはトラストウォレットがおすすめになります。

メタマスクの場合についてはGoogleクロームにメタマスクを入れておけば、メタマスクのボタンを押すだけで簡単にログインが可能です。

またトラストウォレットについては、PCとスマホは同じなので次の項目でお伝えします。

【スマホ版】ユニスワップにログインをする〜トラストウォレットを使う

スマホでログインする場合については「wallet connect」が一般的なログイン方法になります。

私の場合はトラストウォレットが使いやすいため、トラストウォレットを使って、スマホでユニスワップでログインをしています。

「wallet connect」を押した後はQRコードが非常されるので、それをトラストウォレットで読み込むことになります。

ヨリコ
ヨリコ
スマホでQRコードを出した時にはカメラで読み込むことができないので、スクリーンショット をとってそれで読むこむことになるの。

トラストウォレット公式サイト

トラストウォレットを起動

アプリからトラストウォレットを起動します。

トラストウォレットを起動したら、画面右下の設定(歯車)をクリックします。

そこにwalletconnectというボタンがあるので押します。

ここでカメラが起動しますが、右上の「写真」のマークをクリックします。

するとスマホ上の写真フォルダを選択できるので、ユニスワップでのQRコードのスクリーンショットを選択するとトラストウォレットでユニスワップにログインすることができます。

ユニスワップで仮想通貨の交換(購入)する。

ユニスワップ「From」という欄で自分が保有している仮想通貨で交換元の通貨を選択します。

「To」という欄では交換したい仮想通貨を選択します。

そうすると「From」で通貨量を指定すると自動的に交換先の通貨量が選択されるので、それを確認して通貨を簡単に交換することが可能です。

通貨の取引では手数料をしっかりと確認する。

ユニスワップなどのDeFiで取引をする場合については手数料(ガス代という)をイーサリアムで消費する必要があります。

イーサリアムの取引が活発な場合については手数料が高くなっている時があるので、事前に取引画面で手数料を確認する必要があります。

DeFi(Uniswap compoundなど)の手数料(ガス)についての注意点
DeFi(Uniswap compoundなど)の手数料(ガス)についての注意点Uniswap(ユニスワップ)やCompound(コンパウンド)では手数料はガス(Gas)というものを消費することになりますが、ガス代は...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら