ニュース

ビットコイン最高価格700万円を記録!〜コインベース上場影響か?

ビットコイン最高価格700万円を記録!〜コインベース上場影響か?

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(通貨単位BTC)は、4月14日に歴代最高価格となる700万円を記録しました。

2021年3月に680万円の最高値を記録していましたが、4月14日に最高価格である700万円を一時的に記録する上昇を見せました。

直近では14日(アメリカ時間)に米最大手の仮想通貨取引所であるコインベースがNASDAQ(ナスダック)に上場するという大型ニュースを控えていました。

そしてこれまで価格が低迷していた仮想通貨リップルが200万となる高騰を見せるなど、これまでの遅れを取り戻すかのような上昇を見せています。しかしながらそれに伴う上昇要因はあるのか。。。。

ビットコイン最高価格の状況とその要因、そしてその他注目のトピックスについてまとめています。

ビットコイン最高価格の700万円を記録

上のチャートはビットコインの日足チャートになります。

ビットコインは直近の最高値680万円は3月中旬に記録し、その後は一旦下落調整となっていました。

そして本日4月14日に最高価格の700万円を記録し、その日は米仮想通貨取引所のコインベースが上場する前日となっていました。

ビットコインのチャートを見ると、安値が段階上に切り上がっておりきれいな上昇トレンドを描いているのがわかると思います。

チャートの形でも非常にキレイと言えます。

ヨリコ
ヨリコ
下がれば、機関投資家が買い、といった感じではないかしら。また3月末の落ち込みからの上昇はアメリカの給付金の影響もあると思うわ。
米国の現金給付によるビットコインの影響について〜価格上昇の要因となるか。
米国の現金給付によるビットコインの影響について〜価格上昇の要因となるか。アメリカ(米国)のバイデン政権になったからの初めての現金給付金4000億ドル(約44兆円)が3月17日より順次配布されることになっています。 この内10%近くが株式投資やビットコインをはじめとした仮想通貨投資に当てられると言われています。(予想) アメリカは日本と違い投資には積極的な傾向あるため、今回の給付金でのビットコインの買い圧力は、現在機関投資家でトップのマイクロストラテジー社の5000億円を軽く超える計算になります。...

米最大手取引所コインベースがNASDAQ上場間近


コインベースといえばアメリカ最大の仮想通貨取引所となっており、アメリカ時間の14日にナスダックに上場する事になっています。

コインベースの上場での評価額は約680億ドルと、日本で言えば三菱USJ銀行のメガバンクに匹敵する評価額となっていると言われています。

この大型新規上場は、仮想通貨に対して世界の金融中心地といえるウォール街が仮想通貨の影響力を認めたとも言えるのではないでしょうか。

コインベースは、仮想通貨の上場審査が厳しく有力な数多くの仮想通貨を上場させているため、たくさんのユーザーがを抱えている世界の取引所の一つです。

今後コインベースがNASDAQでどのような影響力をだしていくのか注目と言えます。

リップルが200円を記録

ビットコインが700万円を記録する中、リップルも200円という大台の価格を記録しました。

リップルの200円という価格は2017年末の仮想通貨バブルの記録して依頼の初めての価格となっています。(3年以上ぶり)

気になるリップルの上昇要因について調べてみましたが。

・SECとリップル社の訴訟で、裁判所がSECの情報請求を棄却

・中国企業がリップルを使ったDeFiを発表

の2つとなっています。

オオヒラ
オオヒラ
しかしながら、リップルがこの2つの要因で200円に到達する要因となっているのか個人的には疑問です。。。

依然としてリップル社は仮想通貨XRPが証券であるかどうかというのでSECと係争中でまだはっきりとした方向性をもっていません。

そんななかリップルが今回のような上昇を見せたことについては一部の個人投資家では「今回の仮想通貨バブルの終焉前では?」と考えている人もいるようです。

つまり実態に伴わないのに価格だけが一方的に上がっているためそのような意見が出るのも不思議ではないと思います。

あと、今回の仮想通貨相場が本当にバブルと言えるかどうかも今の所はっきりはしないと言えます。

イーサリアム関連企業ConsenSysが大幅資金調達

個人的に気になるニュースですが、イーサリアムの関連企業であるコンセンシスが70億円の大型資金調達を行いました。

出資企業には、マスターカードやJPモルガン、UBSなど大手金融企業も名を連ねる。今回の資金を利用し、イーサリアムネットワーク上のDeFi(分散型金融)とWeb3(分散型インターネット)、また企業向けのブロックチェーンインフラの開発を進め、従来の金融サービスとの融合を加速させる。ーコインポスト

これはイーサリアムにとって大きな追い風になったのは間違い有りません。

イーサリアムは直近で大型アップグレードのイーサリアム2.0の段階に入っており、今後L2での手数料削減等大きな注目を集めているプラットフォームです。

注目のイーサリアム2.0とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想について
注目のイーサリアム2.0(ETH2.0)とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想についてイーサリアム(Ethereum)の大型アップデートであるイーサリアム2.0は、いつのリリースか、また価格に及ぼす影響について大きな注目を集めています。 イーサリアムの研究者はイーサリアム2.0のリリース時期について「2020年内のローンチに95%の自信がある」という回答を行っており、12月1日にビーコンチェーンが起動し、実際にETH2.0はリリースしました。...

2021年に入りイーサリアムの手数料高騰から、バイナンスやポルカドットなど他のプラットフォームの影響力も増しているのもたしかですが、コンセンシスの今回の資金調達は今後のイーサリアムエコスステムの成長を期待できるものと言えます。

2020年の確定申告完了

昨日やっと仮想通貨を含めて確定申告が完了しました。

海外の取引所、そしてユニスワップなどのDeFiを使って取引をしていると取引量が増え計算も複雑になって来ます。

ICOでの参加等も含めて仮想通貨の損益計算はやはり取引する個人が主体的(税理士に丸投げするのではなく)にやるのがいいと感じました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら