ニュース

仮想通貨市場は大幅下落中!ビットコインは2日でー10%下落。今後の動きは

仮想通貨市場は大幅下落中。ビットコインは2日でー10%下落

仮想通貨市場は9月3日から大きく下落中(調整中)となっています。

コロナショックが発生した3月の下落から右肩上がりの上昇を続けた仮想通貨市場。

ここにきてビットコインは2日でー10%の下落イーサリアムは−26%の下落とこれまでにない大きな下落となっています。

しかしながら、ビットコインはコロナショック後の価格は50万円、イーサリアムについては12000円とまだまだ年内では上昇トレンドとなっているのも事実です。

今回の下落では、仮想通貨の盛り上がりから直前に参入し損失を受けた投資家、また一度落ち着いた仮想通貨市場で資金を入れるタイミングを図っている投資家もおり、今後の展開に注目されます。

ビットコインは2日で−10%の下落を計上

ビットコインの直近の価格チャートです。

ビットコインは130万円という価格に1度トライしたあと、120万円の価格で推移をしていました。

9月3日時点で120万円という価格から下落が始まり2日後の9月5日には108万円の価格を記録しました。

この108万円の価格は6月の高値の水準となっています。

オオヒラ
オオヒラ
現状でビットコインの価格は108万円。次のサポートライン(買い圧力)は100万円付近となっています。
ヨリコ
ヨリコ
100万円という価格は節目ともいえる価格ね。この辺が買いたいという投資家も多いのではないのかしら。

イーサリアムは3万円台突入の下落

イーサリアムは9月になってから一時的に5万円という大台の価格を到達しましたが、9月3日時点で44000円。

そして9月5日には37000円を記録し、50000円からは約26%の下落となっています。

イーサリアムの下落がまだ進む場合については、昨年2019年の最高値32000円。そして6から7月の価格水準である28000円がサポートラインとなっています。

オオヒラ
オオヒラ
この下落をどう考えていくのかというのが一つの重要なポイントです。なぜならこの下落自体は利益確定の下落であって何か仮想通貨市場に欠陥があったわけではないのです。価格の動きをしっかりと考えていく必要があります。
ヨリコ
ヨリコ
詳しい分析や銘柄選定などは、仮想通貨投資分析でしっかりと解説をしているわ。

与沢氏は仮想通貨ネムに投資をしたという情報が。彼はまだ収益がでているとのこと。

与沢翼氏は8月に仮想通貨で1億5千万円分を購入したとTwitterで報告し、話題になりました。

ヨリコ
ヨリコ
彼がツイッターでそのような発言をしたけど、具体的にどのような通貨に投資をしたのかは言わずに、ユーチューブのメンバーシップ(月額料を払っている人が参加している)で公開したということなの。そしてそれが仮想通貨ネムということみたい。

仮想通貨ネムのチャート分析

仮想通貨ネムについては、直近では19円から13円に下落するなど、30%近くの大きな下落となりました。

しかしながらネムは7月に5円という割安な価格であったため、他の通貨に比べて下落自体はそこまで大きくはなっていません。

気になる与沢翼氏は「まだ50%の利益が出ている」といった発言からチャート上に買ったポイントを記載してみました。

約9ー10円のポイントではないかと推測されます。

チャンスは続く〜ここは買いポイントを分析していく必要性がある。

私自身は、コロナショックの暴落で12000円からイーサリアムを投資をしていました。

したがってまだ3倍ものパフォーマンスが出ている状況です。

オオヒラ
オオヒラ
実際イーサリアムは2万円という価格から一気に4万円に上昇したため3万円では買えなかったです。なので、どのポイントでしっかりと資金を入れていくかを検討しています。

今回の仮想通貨の上昇では、SNSなどで非常に話題になり直前で参入して損をした人もいるかもしれません。

しかしながら投資は中長期で見た場合に「どの時点で資金を入れるか」をしっかりと根拠を持つ必要があり、今後この下落から買いポイントをしっかりと検討していく必要がでてきます。」

 

ヨリコ
ヨリコ

仮想通貨投資をしていなかった人も含めて今回の上昇で上昇に乗り遅れたと思っている人多いみたいね。

だけど、大手取引所のコインチェックなどで口座開設をしてしっかりと買いについてチャンスを待ってみたらどうかしら。

コインチェックは2020年にIEOという国内で始めて超注目の資金調達を行うの。取り扱い仮想通貨数ナンバーワンと合わせておすすめの取引所ね

【日本初!】仮想通貨パレットトークン(PLT)〜コインチェックIEO銘柄の将来性と参加方法ついて
【日本初!】仮想通貨パレットトークン(PLT)〜コインチェックIEO銘柄の参加方法ついて国内の仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)が、国内初となるIEOでパレット(Palette)による資金調達を発表しました。...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら