CoinCheck(コインチェック)

コインチェック電気(でんき)はどれくらいお得、安くなるの?〜比較しました。

コインチェック電気(でんき)はどれくらいお得、安くなるの?〜比較しました。

コンチェックでんき(coincheck)は、仮想通貨取引所のコインチェックがサービスを行う電力料金の契約のことになります。

コインチェックでんきは基本的に私も見積もりで比較をしましたが、一人暮らしから一般家庭では大体年間500円から3500円程度安くなると感じました。

割引の仕組みでは契約時のアンペアが高いほど割引率が多くなっています。

このサービスではコインチェックを通じて電気の契約を行うことで、ビットコインで支払いができたり、電力で安くなった分をビットコインや現金で受け取れたりすることができるサービスです。

ヨリコ
ヨリコ
コインチェックでんきは、電気代の1%から最大7%がお得になるサービスよ。

丸紅グループの電力会社の「丸紅新電力」が電力を供給しているみたいね。

コインチェック でんきではどのくらい安くなるのか?

コインチェックでんきでは2つのプランがあり

ビットコインがもらえるビットコイン付与プラン(支払いはクレジットカード)

ビットコイン支払いで割引が受けられるビットコイン決済プラン

となっています。

ケイシ
ケイシ
おそらく多くの人は、ビットコインを資産として持っておきたいから、毎月クレジットカードで支払いをしてビットコインを受け取れる「ビットコイン付与プラン」を選択している人が多いと思います。

一人暮らしの場合のコインチェックでんきの割引について

一人暮らしのモデルを考えています。

電力会社 九州電力
電灯 従量電灯B
アンペア 30A
毎月の電力 220KW

 

以上の場合にはコインチェックでんきの見積もりをすると

現在の電気料金 コインチェックでんき ビットコイン付与
61458円 60834円 624円

となって、年間で624円のビットコインが受け取れることになります。

一般家庭暮らしの場合のコインチェックでんきの割引について

それでは次に、お子さんがいる一般家庭(4人家庭)の電力について考えみます。

電力会社 九州電力
電灯 従量電灯B
アンペア 40A
毎月の電力 460KW

以上の例を参考にコインチェックでんきでの電気代を計算すると

現在の電気料金 コインチェックでんき ビットコイン付与
134407円 131715円 2693円

 

2693円年間で電気代が安くなるという計算になります。

ヨリコ
ヨリコ
一般家庭の電力量については「環境省」のサイトから数値を参考にしたわ。

ビットコインの値上がりも考えるとさらにお得に

コインチェック電気では、電気代の割引分についてビットコインが受け取れる形になっており、ビットコインが無料でもらえるのと、今後値上がりしていくことを考えるとさらにお得になる計算です。

2019年2月は40万円だったビットコインは2019年5月には80万円に達するなど徐々に価格を上げており、電気料金の割引分を資産としてのビットコインで持つというのは、非常に面白い考えだと思います。

ヨリコ
ヨリコ
コインチェックでんき見積もりは、コインチェックでんきのサイトの右上のボタンから簡単にシュミレーションができるわ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨の購入は、株・FXともに実績のあるGMOコインが初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら