わかりやすい仮想通貨入門

【2019年版】仮想通貨おすすめしたい将来性銘柄ランキング

2019年に私が注目有望)している将来性のあるおすすめの仮想通貨銘柄について比較ランキング形式でご紹介していきます。

2017年に大きく値上がりした仮想通貨市場でしたが、2018年は一転して下落相場が続いていました。

厳しい相場状況が続いてますが、専門家の予想では2019年は現在の価格より上昇する見解が多く情報収集をしつつ適切な通貨に投資することで利益を狙うことができると感じます。

この記事では2016年から仮想通貨投資に参入した私の2019年の有望な仮想通貨銘柄を解説してきます。

ヨリコ
ヨリコ
2018年は仮想通貨が値下がりしたけど、大口投資家は買いのチャンス だと相場を分析しているわ。 どの通貨に投資するかで将来的な収益も変わってくるわね。

私の仮想通貨の選び方

仮想通貨は現在1000種類をゆうに超えると言われています。 

その中で仮想通貨を選ぶのは、その人の情報収集力とセンスによるところが大きいと考えています。

私の仮想通貨の選び方について
👉時価評価額が高い通貨が中心

👉将来性があり世の中に役立つ

👉プロジェクトに実用性がある。(支払いシステム・インフラ)

👉コミュニティが強い(熱狂的な支持がある。)

私が通貨を選ぶ基準は上の表のものですが、通貨によってどの項目を強く意識しているかも違ってきます。 

【2019年】仮想通貨銘柄ランキング

銘柄ランキングでは以下の表でご説明します。

通貨単位仮想通貨の通貨単位です。(BTC,ETHなど)
主な取引所手数料を含めて購入がおすすめの取引所を記載 *取引所をクリックと詳細ページに飛びます。
将来性(5段階)星(⭐)で5段階で評価

 

1位『リップル』Ripple

イーサリアムを抜き時価評価額2位のリップル(2019年2月時点)。 リップルは銀行間の取引において、従来のコストと取引スピードを改善するもので、世界でも大手の銀行がリップルのネットワークを使う契約をしています。

またリップルについては、アメリカンエキスプレスなどの大手カード会社と提携をしたり、リップルを使用した国際送金システム「xRapid」を金融機関に提供するなど既存の金融システムを変える取り組みをしています。

既存の銀行間取引は、Swiftが多くの金融機関となっていますが、今後リップルがどれだけ世界の金融機関での送金に適用されるかが取引増加の大きな鍵になります。

通貨単位XRP
主な取引所ビットポイントGMOコイン
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

リップルの送金システムxRapidがどのくらい普及していくのか。

世界でも大手の仮想通貨取引所がリップルを基軸とした通貨ペアを発表し、今後他の取引所でもビットコインだけでなく、リップルを使った仮想通貨取引がどれくらい普及していくのかが鍵

 

2位『イーサリアム』Ethereum

スマートコントラクトを持つ仮想通貨イーサリアム。

イーサリアムを実社会に応用しようというEEA(エンタープライズイーサリアム)は、IBM、マイクロソフトやトヨタ自動車など名だたる大企業が名を連ねています。

 

通貨単位ETH
オススメの取引所ビットポイントGMOコイン
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

・イーサリアムは現時点でリップルに時価評価額を抜かれて3位となっているが、2019年はイーサリアムのアップデートがどのくらいまで進むかが鍵

2018年はICOで集めたイーサリアムを法定通貨に変える売りの圧力が大きくイーサリアムの価格下落の要因となっていたが、2019年は売り圧力が減り回復の基調がある。

3位『ビットコイン』Bitcoin

仮想通貨で一番歴史が古いデジタルゴールドと言われる「ビットコイン」。

「ビットコイン」について取引スピードを改善するためのライトニングネットワークの導入が検討されおり、今後支払い手段として他のアルトコインを超えるスピードやコストが期待されています。

ビットコインは金融危機の国で買われる傾向があるなど安全資産としての傾向が非常に強くなってきています。

通貨単位BTC(ビットコイン) 
主な取引所ビットポイントGMOコイン   
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

ビットコインETFの承認

ライトニングネットワークの導入

デジタルゴールドとして法定通貨の安全資産として影響力

 

4位『カルダノ』CARDANO

カルダノは仮想通貨界で有名な「チャールズ・ホスキンソン」が開発者として携わっている通貨になります。

カルダノはブロックチェーンのアプリケーションとして支払いなどの決済手段だけではなく、システムとして様々な分野に応用するように考えられています。 *イーサリアムのライバル

通貨単位ADA(エイダ)
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

・カルダノが韓国の大手モバイル決済会社「メタップスプラス」と提携。韓国の主要なコンビニで使えるようになり、さらなる普及が期待される。

ブロックチェーンアプリとしてEOSなどの他の仮想通貨のシェアでどの程度影響力をもてるかが鍵

5位『イオス』EOS

イオス(EOS)は新生のごとく突如として時価評価額上位に現れた仮想通貨です。

イオスの特徴は、高い処理能力にあり毎秒数百万の取引を処理できると言われて、その処理度はイーサリアムの数十万倍と言われています。

現在は通貨としての機能はなく、将来的に通貨として支払い機能を含めて応用が期待されています。

通貨単位EOS
主な取引所バイナンス(Binance)  OKcoin 
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

・高速の処理速度をもつEOSが、その実用性として企業との提携などに期待され、価格の高騰が期待されている。

6位『ステラ』Stellar

ステラはリップルを元にした個人むけ送金のシステムになります。 リップルが大手金融機関の海外送金を目的とすると、ステラは個人向けになります。

ステラはIBMなどの大手企業とも提携しており、今後の実用性が期待されている通貨です。 時価評価額も上位に位置しています。

通貨単位XLM
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐

 

2019年の注目ポイント

大企業と提携をすでに行なっているステラ。その提携でどのような実用性となるかが今後注目されるポイントとなっています。

6位『オミセゴー』Omisego

オミセゴー(omisego)は、東南アジアの決済システムの改善のために開発された仮想通貨になります。 特にタイ政府(金融庁)からは表彰を受けるほど国を通じて期待されている実用性が高い通貨になります。 またオミセゴーはあのイーサリアムの開発者であるビタリクがその将来性を期待する発言をするなど注目を集めました。

2018年はPlasma(プラスマ)を導入した決済システムの向上や国境を超えた通貨として、さらに東南アジア中心に普及する活動が期待されています。

実用性としては国が公認している状況を考えても、私もかなり期待している通貨の一つです。

通貨単位OMG
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐

下の写真ではイーサリアムの開発者ビタリク氏(真ん中の背が高い男性)」とオミセゴーのCEO長谷川氏(日本人)が写っています。

オミセゴー のおすすめ記事

7位『エターニティ』Eternity

エターニティは私が2017年にICOから参加している通貨になります。(私の有料記事でご紹介していました。) 

エターニティはイーサリアムベースで作られた通貨で、イーサリアムのシステムである「スマートコントラクト」を高機能化させた仮想通貨であると言われています。

2019年はイーサリアムのブロックチェーン から独自のチェーンであるメインネットに移行しさらに弾力的に使いやすくする計画をしています。

通貨単位AE
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐

 

8位『エニグマ』Enigma

エニグマは、イーサリアムと同じで、スマートコントラクトを使ったプラットフォームを提供する仮想通貨になります。

有名な大学であるMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発されました。

あの世界的大企業である「インテル」と提携したことで大きな注目を集めています。

通貨単位ENG
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐

 

その他私が注目している通貨

ビットコインキャッシュ Bitcoincash

2018年後半にハードフォークを行なったことから価格が急落。

しかしながら2019年はANAのグループ会社と提携を行うなので、低価格からの大きな上昇の可能性がある。

 

モネロ Monero

仮想通貨モネロは、ジーキャッシュ などと同じ「匿名性」を持った仮想通貨になります。

以前コインチェックが取り扱っていた通貨です。 匿名性の通貨は各国でマネロンなどで議論されていますが、オフショア地域への送金の実用性などから、専門家からは将来的な価格の上昇が特に言われている通貨の一つとなっています。

カイバーネットワーク Kybernetwork

カイバーネットワークは次世代の仮想通貨取引所と言われるDEX(分散型取引所)言われるものです。 

DEXは直接利用者のウォレットを通じて取引が個人間で可能なため、通常の取引所のように取引所を狙ったハッキングがないため、セキュリティが高いと言われています。

このカイバーネットワークでは、オミセゴーと同様にイーサリアムの開発者である「ビタリック氏」がアドバイザーであるのが注目を集めています。

シリンラボ SIRIN Labs Token


 世界初のブロックチェーンスマートフォン事業を手がける「シリンラボ」。その仮想通貨が「シリンラボトークン(SRN)🔗」と言います。

ブロックチェーンスマートフォンは「フィニー(FINNY)と言われ、2018年10月にリリースされました。

シリアラボは仮想通貨で有名な、「カルダノ」や「バンコール」とすでに提携をしており、今後ブロックチェーンスマートフォンのリリースについて、今後どれくらいシェアを獲得できるかが鍵となっています。

リスク Lisk

2018年1月末に国内取引所のビットフライヤーで取扱を開始し注目をされました。

今後2019年DEXのリリースがロードマップに記載されており、引き続き目が離せない通貨と言えます。

リスクのおすすめ記事

TRON トロン

 世界最大の取引所である「バイナンス」の注目通貨である「トロン」。

ブロックチェーンを使った音楽配信など様々なエンターテイメント向けのプロジェクトになります。

トロンは、特にイーサリアムをライバル視しており、今後両者の競争からトロンがブロックチェーンアプリの分野でどのくらいシェアを獲得できるかが鍵です。

Wombit

国内の上場企業オーケーウェイブが手がける仮想通貨が「WWB」になります。

オーケウェイブは現在『Q &Aサイト』を運営しており、その中でWWBを統一通貨として価値のある配信をした人に報酬を与えるというプロジェクトを計画しています。

現在海外の一部の取引所での取り扱いのみなので、2019年はオーケーウェイブの取引所を含めて取引所の取り扱いが注目されます。

他の専門家の2019年のビットコイン価格予想について

ビットコインの価格予想については具体的な価格を出している専門家は多くはありませんが、しかしながら、

ビットコインの価格が55万円・60ー80万円、220万円

などの貴重な予測があります。

あわせて読みたい
ビットコイン2019年の価格は上がるのか?下がるのか?予想を検証
ビットコイン2019年の価格は上がるのか?下がるのか?予想を検証仮想通貨ビットコインの価格は2018年に220万円から45万円へと80%近い大きな下落となりました。 このような状況ですが、専門家...

 

仮想通貨は分散投資を基軸に

以上2018年の注目の仮想通貨をご紹介してきましたが、今後も状況により期待される通貨について随時追加するなど更新をしていくつもりでいます。

仮想通貨をそれぞれ取り扱ってる取引所は様々で、まずは時価評価額の高い仮想通貨を主軸に、分散投資を行うことがオススメの投資になります。

ヨリコ
ヨリコ
以下に仮想通貨取引所のランキングを紹介しているから、ぜひチェックして見てね!
その他役立つ記事

▶️初心者からの仮想通貨の始め方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の仮想通貨取引所「CoinCheck(コインチェック )」

 

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら