わかりやすい仮想通貨入門

【2020年版】仮想通貨おすすめの将来性銘柄ランキング

【2020年版】仮想通貨おすすめの将来性銘柄ランキング

2020年に私が注目有望)している将来性のあるおすすめの仮想通貨銘柄について比較ランキング形式でご紹介していきます。

2017年に大きく値上がりした仮想通貨市場でしたが、2018年は一転して下落相場が続いていました。

そして2019年には7月に仮想通貨相場は再度大きく値上がりし、その後年末にかけ調整の下落となっています。

2020年3月にコロナウイルスの影響で仮想通貨市場は大きな下落となり厳しい相場状況が続いてますが、専門家の予想では2020年は現在の価格より上昇する見解が多く情報収集をしつつ適切な通貨に投資することで利益を狙うことができると感じます。

この記事では2016年から仮想通貨投資に参入した私の2020年の有望な仮想通貨銘柄を解説してきます。

ヨリコ
ヨリコ
2020年はコロナウイルスの関係で大きく世界経済が変わるきっかけになったわ。

その後現金給付などの財政政策で法定通貨の価値が値下がりする可能性があるとも言われている。だから貯金だけでなく金融資産に投資しておくのも見方として重要と言えるわ。

仮想通貨の選び方について

仮想通貨は現在1000種類をゆうに超えると言われています。 

その中で仮想通貨を選ぶのは、その人の情報収集力とセンスによるところが大きいと考えています。

私の仮想通貨の選び方について
👉時価評価額が高い通貨が中心

👉将来性があり世の中に役立つ

👉プロジェクトに実用性がある。(支払いシステム・インフラ)

👉コミュニティが強い(熱狂的な支持がある。)

私が通貨を選ぶ基準は上の表のものですが、通貨によってどの項目を強く意識しているかも違ってきます。 

 

【2020年】仮想通貨銘柄ランキング

銘柄ランキングでは以下の表でご説明します。

通貨単位仮想通貨の通貨単位です。(BTC,ETHなど)
主な取引所手数料を含めて購入がおすすめの取引所を記載 *取引所をクリックと詳細ページに飛びます。
将来性(5段階)星(⭐)で5段階で評価

 

1位『イーサリアム』Ethereum

スマートコントラクトを持つ仮想通貨イーサリアム。

イーサリアムを実社会に応用しようというEEA(エンタープライズイーサリアム)は、IBM、マイクロソフトやトヨタ自動車など名だたる大企業が名を連ねています。

 

通貨単位ETH
時価総額2位
取引所コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

2020年の注目ポイント

・2020年に大型アップデートを控えたイーサリアム。さらに実用性として期待を集めています。

・ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨イーサリアム。資金が入れば値上がりの余地はビットコイン以上に

注目のイーサリアム2.0とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想について
注目のイーサリアム2.0とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想についてイーサリアム(Ethereum)の大型アップデートであるイーサリアム2.0は、いつのリリースか、また価格に及ぼす影響について大きな注目を...

2位『ビットコイン』Bitcoin

仮想通貨で一番歴史が古いデジタルゴールドと言われる「ビットコイン」。

「ビットコイン」について取引スピードを改善するためのライトニングネットワークの導入が検討されおり、今後支払い手段として他のアルトコインを超えるスピードやコストが期待されています。

ビットコインは金融危機の国で買われる傾向があるなど安全資産としての傾向が非常に強くなってきています。

通貨単位BTC
時価総額1位
取引所コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2020年の注目ポイント

コロナウイルス による世界各国の現金給付により法定通貨の価値下落。ビットコインの価値の上昇の可能性

・高速処理を彼になるライトニングネットワークの導入

デジタルゴールドとして法定通貨の安全資産として影響力

ビットコイン(bitcoin)とは?〜仮想通貨の仕組みと特徴についてビットコイン(bitcoin 通貨単位:BTC)は、仮想通貨(暗号資産)で最も古く歴史がある通貨で、その希少性・安全資産としての可能性か...

 

3位『リップル』Ripple

時価評価額3位のリップル。 リップルは銀行間の取引において、従来のコストと取引スピードを改善するもので、世界でも大手の銀行がリップルのネットワークを使う契約をしています。

またリップルについては、アメリカンエキスプレスなどの大手カード会社と提携をしたり、リップルを使用した国際送金システム「xRapid」を金融機関に提供するなど既存の金融システムを変える取り組みをしています。

既存の銀行間取引は、Swiftが多くの金融機関となっていますが、今後リップルがどれだけ世界の金融機関での送金に適用されるかが取引増加の大きな鍵になります。

通貨単位XRP
時価総額3位
取引所コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2020年の注目ポイント

リップルの送金システムxRapidがどのくらい普及していくのか。

世界でも大手の仮想通貨取引所がリップルを基軸とした通貨ペアを発表し、今後他の取引所でもビットコインだけでなく、リップルを使った仮想通貨取引がどれくらい普及していくのかが鍵

 

4位『バイナンスコイン」Binance Coin

世界最大の取引所バイナンスの公式仮想通貨がバイナンスコイン。

バイナンスコインを使うと取引手数料が割引になったりICO、IEOの参加資格がもらえたりとかなり需要がある通貨

 

通貨単位BNB
時価総額9位
取引所バイナンス 
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2020年の注目ポイント

・取引所通貨として世界最強クラス

・定期的にバーンを行って発行枚数を減らし価値を上げている

・バイナンスの規模や取引者数が増えれば増えるほどBNBも注目度が増す

Binance(バイナンス)海外仮想通貨取引所の使い方と登録(口座開設)方法海外で世界最大級の仮想通貨取引所と言われているBinance(バイナンス) 海外で仮想通貨(暗号資産)の売買をしたい人に評判が高く...

5位『カイバーネットワーク』 KNC

分散型取引所として注目を集めているカイバーネットワーク。2020年の1月から6月の値上がりは最大5倍。 そして4月には歴代最高取引高を記録しました。

 

通貨単位KNC
時価総額40位
取引所バイナンス 
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

仮想通貨カイバーネットワーク(KNC)とは?〜最新価格と将来性について
仮想通貨カイバーネットワーク(KNC)とは?〜最新価格と将来性について仮想通貨カイバーネットワーク(またはケイバーネットワーク 取引単位KNC)は、分散型取引所(DEX)と言われるセキュリティが高い取引所を...

 

6位『リスク』 Lisk

2018年1月末に国内取引所のビットフライヤーで取扱を開始し注目をされました。

今後DEXのリリースがロードマップに記載されており、引き続き目が離せない通貨と言えます。

通貨単位LSK
時価総額38位
取引所コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️

リスクは2020年注目されると言われているプルーフオブステーク(POS)を採用している通貨です。

取引所に預けるだけで金利が受け取れる仕組みを採用しており国内ではコインチェックが初めてリスクのステーキングを発表しました。

コインチェックが仮想通貨リスク(LSK)のステーキングを開始!〜報酬はいくら?
コインチェックが仮想通貨リスク(LISK・LSK)のステーキングを開始!〜報酬はいくら?国内仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)は、仮想通貨リスク(LSK)のステーキングを発表し大きな注目を集めました。 ...

7位 ビットコインキャッシュ Bitcoincash

2018年後半にハードフォークを行なったことから価格が急落。

しかしながら2019年はANAのグループ会社と提携を行うなので、低価格からの大きな上昇の可能性がある。

 

通貨単位BCH
時価総額5位
取引所コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️

 

8位『コスモス』COSMOS

 COSMOS(コスモス)はプルーフオブステークを採用した仮想通貨で2019年から大きな注目を集めました。

世界最大の取引所ではステーキングで6ー7%もの金利を受け取れる仕組みがとられています。

 

通貨単位ATOM
時価総額24位
取引所バイナンス 
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️

 

仮想通貨COSMOS(コスモス)のATOMをデリゲートして報酬を得る方法を解説。仮想通貨であるCOSMOS(コスモス 通貨名:ATOM・アトム)は、通貨をただ保有するだけでなく、デリゲート(delegate・ステーキ...

 

9位 TRON トロン

 世界最大の取引所である「バイナンス」の注目通貨である「トロン」。

ブロックチェーンを使った音楽配信など様々なエンターテイメント向けのプロジェクトになります。

トロンは、特にイーサリアムをライバル視しており、今後両者の競争からトロンがブロックチェーンアプリの分野でどのくらいシェアを獲得できるかが鍵です。

通貨単位BNB
時価総額18位
取引所バイナンス 
将来性(5段階)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

仮想通貨は分散投資を基軸に

2020年の注目の仮想通貨をご紹介してきましたが、今後も状況により期待される通貨について随時追加するなど更新をしていくつもりでいます。

仮想通貨をそれぞれ取り扱ってる取引所は様々で、まずは時価評価額の高い仮想通貨を主軸に、分散投資を行うことがオススメの投資になります。

ヨリコ
ヨリコ
以下に仮想通貨取引所のランキングを紹介しているから、ぜひチェックして見てね!

 

スペシャルな仮想通貨情報を配信中

2019年私が毎週配信しているまぐまぐメルマガで大賞を受賞しました。

有料メルマガ(2つのメルマガがありどちらも内容は一緒)では私の実際投資通貨について、気になる注目のニュースを厳選して詳しく配信をしています。

どちらも配信タイミングと内容は一緒です。

ゴゴジャンメルマガ(月額650円)

まぐまぐメルマガ(月額1100円)

2016年から配信しているプレミアム級の仮想通貨情報仮想通貨(ビットコイン)での投資で、より具体的に投資に直結した内容(未公開通貨情報等)で、投資で収益を得ることを目的とした有料連載記事 ...
ヨリコ
ヨリコ
「「無料メルマガ」も配信しているからそちらもチェックしてみてね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら