わかりやすい仮想通貨入門

【2018年】仮想通貨おすすめしたい将来性銘柄ランキング

2018年に私が注目有望)している将来性のあるおすすめの仮想通貨銘柄について比較ランキング形式でご紹介していきます。

2017年は仮想通貨市場が大きく上昇(値上がり)した相場でした。

その中でビットコインだけでなく、イーサリアム ・リップルやネムのように100倍を超えた通貨も珍しくありません。

しかしながら2018年以降はさらに通貨ごとに将来性のある通貨に絞り込まないと運用利益に大きな差が出てくると思われます。

ここでは私の投資経験をもとに、2018年の有望な仮想通貨銘柄を解説してきます。

ヨリコ
ヨリコ
2018年は仮想通貨が値下がりしたけど、大口投資家は買いのチャンス だと相場を分析しているわ。 どの通貨に投資するかで将来的な収益も変わってくるわね。

私の仮想通貨の選び方

仮想通貨は現在1000種類をゆうに超えると言われています。 その中で仮想通貨を選ぶのは、その人の情報収集力とセンスによるところが大きいと考えています。

私の仮想通貨の選び方について
👉時価評価額が高い通貨が中心

👉将来性があり世の中に役立つ

👉実用性がある。(支払いシステム・インフラ)

👉コミュニティが強い(熱狂的な支持がある。)

私が通貨を選ぶ基準は上の表のものですが、通貨によってどの項目を強く意識しているかも違ってきます。 2018年のランキングということで、必要に応じて随時更新していく予定です。

【2018年】仮想通貨銘柄ランキング

銘柄ランキングでは以下の表でご説明します。

通貨単位仮想通貨の通貨単位です。(BTC,ETHなど)
主な取引所手数料を含めて購入がおすすめの取引所を記載 *取引所をクリックと詳細ページに飛びます。
将来性(5段階)星(⭐)で5段階で評価
2017年の値上がり2017年1月から12月までの値上がり倍数

 

1位『イーサリアム』

スマートコントラクトを持つ仮想通貨イーサリアム。今年は多くの専門家や有名人などがイーサリアムの価格上昇を口にするなど話題を集めています。 

イーサリアムは時価評価額第2位ですが、イーサリアムの開発者側は2018年のイーサリアムの価格は2−3倍であると発言していますが、ビットコインの時価評価額を超える一番可能性があるのはこのイーサリアムです。

イーサリアムについてはイーサリアムのブロックチェーンを使った仮想通貨が開発され、ICOでも今後も使用されていきます。 

また今後イーサリアムを使ったアプリもリリースされることが言われており、2018年はイーサリアムにとって2017年に引き続き大きく飛躍する可能性があります。 実用性でいえば、現時点でビットコイン以上の可能性を持っており、イーサリアムのETFや先物などの大口投資でも使われるのではないかと感じています。 開発者側の2−3倍の価格上昇は私にとっては控えめな発言だと感じています。

通貨単位ETH
主な取引所ビットポイントGMOコイン
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり800円→80000円 100倍

2位『リップル』

時価評価額3位のリップル。 2017年は時価評価額が高い通貨で最大400倍を超える価格上昇を見せた通貨です。 リップルは銀行間の取引において、従来のコストと取引スピードを改善するもので、世界でも大手の銀行がリップルのネットワークを使う契約をしています。 

またリップルについては、アメリカンエキスプレスなどの大手カード会社と提携をしたり、リップル建のヘッジファンドが設立されるなど、用途が増えてきています。 

2018年については大手の取引所Coinbaseの上場が期待されています。 また今後さらに世界各国の銀行と提携を進めネットワークを拡大していくことになりそうです。 専門家の予想ではリップルの価格は770円や1000円まで上昇する可能性があると言われています。*2018年3月現在ではリップルは100円。 銀行が存在する間はリップルの取引は今後大きく注目されていくことになりそうです。

通貨単位XRP
主な取引所ビットポイントGMOコイン
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.7円→240円 342倍

3位『カルダノ』

カルダノは仮想通貨界で有名な「チャールズ・ホスキンソン」が開発者として携わっている通貨になります。

ICO時は集客が過剰で一部では詐欺という噂もありましたが、現在は仮想通貨の時価評価額は常にトップ10に位置をしており、2017年に取引所にリリース後大きく値上がりした通貨として有名です。

カルダノは韓国大手のモバイル決済会社である「メタップスプラス」と提携したりと今後実用性が期待されています。

通貨単位ADA(エイダ)
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり2.38円→78円 33倍

4位『ビットコイン』、『ビットコインキャッシュ』

仮想通貨で一番歴史が古い「ビットコイン」と2018年にハードフォークで分岐して出来た「ビットコインキャッシュ」。2018年もまだまだ目が離せません。

「ビットコイン」について取引として、セグウィットの普及やライトニングネットワークの導入が検討されおり、今後支払い手段として他のアルトコインを超えるスピードやコストが期待されています。 2018年の価格予想は10倍の1000万円も出ており、安定して投資をしたい通貨の一つと言えます。

「ビットコインキャッシュ」は、ビットコインの手数料が一時高騰したこともあり、ビットコインキャッシュが使われる場面も出てきています。今後支払い手段として普及すれば現在の価格に良い意味で影響を与えると思われます。

通貨単位BTC(ビットコイン) BCH(ビットコインキャッシュ)
主な取引所ビットポイントGMOコイン   バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり(BTC)110000円→1450000円 13倍 (BCH) 6000円→270000円 4.5倍

5位『ステラ』

ステラはリップルを元にした個人むけ送金のシステムになります。 リップルが大手金融機関の海外送金を目的とすると、ステラは個人向けになります。

ステラはIBMなどの大手企業とも提携しており、今後の実用性が期待されている通貨です。 時価評価額も上位に位置しています。

通貨単位XLM
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.0025→0.27ドル 108倍

 

6位『ネム』

ネムもリップル同様2017年に大きく値上がりした通貨の一つです。不運にも2018年1月にネムがコインチェック取引所から流出しましたが、その後開発者のネム財団が全力でコインチェックと共にネムの行方を追跡しました。 

ネムの価格が流出後下落していますが、開発者のネム財団が多くの人に知られるきっかけになり、むしろ価格が下がったことで2018年の値上がりにより期待ができるということをいうことが出来ます。 

ネムの次回のアップデートである「カタパルト」が一つのネムの実用性を象徴することになりそうです。また東京に世界初のネムバー(nembar)が出来たこともり、今後もネムのコミュニティの活動は広がりそうです。

通貨単位XEM
主な取引所ザイフ(Zaif)バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.38円→110円 289倍

 

7位『オミセゴー』

オミセゴー(omisego)は、東南アジアの決済システムの改善のために開発された仮想通貨になります。 特にタイ政府(金融庁)からは表彰を受けるほど国を通じて期待されている実用性が高い通貨になります。 またオミセゴーはあのイーサリアムの開発者であるビタリクがその将来性を期待する発言をするなど注目を集めました。

2018年はPlasma(プラスマ)を導入した決済システムの向上や国境を超えた通貨として、さらに東南アジア中心に普及する活動が期待されています。

実用性としては国が公認している状況を考えても、私もかなり期待している通貨の一つです。

通貨単位OMG
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり55円→2000円 36倍

下の写真ではイーサリアムの開発者ビタリク氏(真ん中の背が高い男性)」とオミセゴーのCEO長谷川氏(日本人)が写っています。

オミセゴー のおすすめ記事

8位『エターニティ』

エターニティは私が2017年にICOから参加している通貨になります。(私の有料記事でご紹介していました。) 

エターニティはイーサリアムベースで作られた通貨で、イーサリアムのシステムである「スマートコントラクト」を高機能化させた仮想通貨であると言われています。

そして開発者も積極的に通貨のマーケティングや開発を行っており、随時その状況がツイッターやブログなどで報告されており、2018年も引き続き期待している通貨になります。  2018年2月には世界最大の取引所「バイナンス」でも上々し、さらに海外の取引所で今後上場される可能性も高いと感じています。

通貨単位AE
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.2円→3.3円 16.5倍

 

9位『Enigma(エニグマ)』

エニグマは、イーサリアムと同じで、スマートコントラクトを使ったプラットフォームを提供する仮想通貨になります。

有名な大学であるMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発されました。

あの世界的大企業である「インテル」と提携したことで大きな注目を集めています。

 

通貨単位ENG
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.6ドル→6ドル 10倍

 

 10位『Monero(モネロ)』

仮想通貨モネロは、ジーキャッシュ などと同じ「匿名性」を持った仮想通貨になります。以前コインチェックが取り扱っていた通貨です。 匿名性の通貨は各国でマネロンなどで議論されていますが、オフショア地域への送金の実用性などから、専門家からは将来的な価格の上昇が特に言われている通貨の一つとなっています。

 

通貨単位XMR
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり12.8ドル→450ドル 35倍

 

 

 11位『kybernetwork(カイバーネットワーク)』

カイバーネットワークは次世代の仮想通貨取引所と言われるDEX(分散型取引所)言われるものです。 DEXは直接利用者のウォレットを通じて取引が個人間で可能なため、通常の取引所のように取引所を狙ったハッキングがないため、セキュリティが高いと言われています。

このカイバーネットワークでは、オミセゴーと同様にイーサリアムの開発者である「ビタリック氏」がアドバイザーであるのが注目を集めています。

カイバーネットワークでは現在どんどん取扱の仮想通貨を増やしており、今後もし利用者が増えるほどカイバーネットワークの通貨(KNC)が使われ、価格が上昇するという事になります。  将来的に仮想通貨を持つ人が増えたりして、従来の取引所ではフィアット通貨と仮想通貨の売買をして手に入れた通貨を個人のウォレットで保管します。その後はカイバーネットワークなどのDEXでウォレットから直接取引できると便利だと感じています。(ウォレットに保管している通貨を取引所に送金して売買する必要がないため)

通貨単位KNC
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり200円→260円 1.3倍

 

12位『SIRIN Labs Token(シリンラボ)』


 世界初のブロックチェーンスマートフォン事業を手がける「シリンラボ」。その仮想通貨が「シリンラボトークン(SRN)🔗」と言います。

ブロックチェーンスマートフォンは「フィニー(FINNY)」と言われ、2018年10月にリリース予定となっています。

シリアラボは仮想通貨で有名な、「カルダノ」や「バンコール」とすでに提携をしており、今後ブロックチェーンスマートフォンのリリースについて、世界携帯大手のHuweI(ファーウェイ)と提携も噂さており、今後の展開に期待を集めています。

通貨単位SRN
主な取引所 Huobi(フォビ)🔗
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.6ドル→3.2円 (5.3倍)

 

13位『Lisk』

2018年1月末に国内取引所のビットフライヤーで取扱を開始し注目をされました。またリスクは2月にリブランド化に伴うロゴの変更も行なっており、今後の事業について注目を集めています。

今後2018年DEXのリリースがロードマップに記載されており、2018年も引き続き目が離せない通貨と言えます。

2017年は実は100倍以上の値上がりを記録しています。国内取引所ではビットフライヤー、コインチェックのみの取り扱いですが、海外の取引所の方が安く購入できるのでバイナンスなど海外の取引所を使うのも選択肢に入れたいところです。(ビットフライヤーはややリスクの価格が高い(不利)です。)

通貨単位LSK
主な取引所ビットフライヤー バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり16.5円→2300円 140倍

14位『トロン』TRON

 世界最大の取引所である「バイナンス」の注目通貨である「トロン」。ブロックチェーンを使った音楽配信など様々なエンターテイメント向けのプロジェクトになります。

トロンは最近でも韓国の大手取引所やアメリカのビットレックスに上場するなど注目を集めています。 2018年は世界各地に事業所で増員を行う旨を発表しています。

またTRX教団というコミュニティーもツイッター上を中心に話題を集めており2018年も目が離せない通貨の一つと言えます。

通貨単位TRX
主な取引所バイナンス(Binance)
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり0.2円→3.3円 16.5倍

 

 

番外編『コムサ』

 ザイフ取引所が運営する「テックビューロ」が行なった国内ICOで100億円を調達した、期待のプロジェクトCOMSA(コムサ)。

コムサについてはあのホリエモンこと堀江貴文氏も期待をしており、100億円を調達したICOとしてコムサについて発言をしています。 

コムサはICOのプラットフォームとして、この2018年からICOが行われることになっています。コムサに仮想通貨をビットコイン 、イーサリアム、ネム、コムサで調達が可能です。 なので事業としてコムサがICOを行い、うまくいくとコムサの取引が将来的に多くなるとうことになります。 コムサには大物投資家である「与沢翼氏」投資をしているとのことです。  今後他の取引所での上場も含めて個人的に目が離せません。

通貨単位CMS
主な取引所ザイフ(Zaif) 
将来性(5段階)⭐⭐⭐⭐
2017年の値上がり400円→220円 (0.55倍)

仮想通貨は分散投資を基軸に

以上2018年の注目の仮想通貨をご紹介してきましたが、今後も状況により期待される通貨について随時追加するなど更新をしていくつもりでいます。

仮想通貨をそれぞれ取り扱ってる取引所は様々で、まずは時価評価額の高い仮想通貨を主軸に、分散投資を行うことがオススメの投資になります。

ヨリコ
ヨリコ
以下に仮想通貨取引所のランキングを紹介しているから、ぜひチェックして見てね!

関連記事(仮想通貨取引所の厳選比較ランキング)▼▼

あわせて読みたい
仮想通貨取引所の徹底比較ランキング〜登録したい取引所一覧ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を売買取引するところを『取引所(販売所)』と言います。  ここではこれまでの私の仮想通貨投資経験...

 

また保有通貨が多いものについてはセキュリティ的に個別に「コールドウォレット」に保管するのがオススメです。今回ご紹介した通貨の多くは「レジャーナノS🔗」で保管ができるので、資産が大きい通貨について大切な資産を守るため個人のコールドウォレットを活用して見てください。

あわせて読みたい
公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレットビットコイン以外にも仮想通貨リップルやイーサリアムなど多くのアルトコインの保管ができるレジャーナノs(Ledger-nanos、ハードウ...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら