Bitcoin(ビットコイン)

「金持ち父さん」ロバートキヨサキ氏がビットコインを高く評価〜将来性について

「金持ち父さん」ロバートキヨサキ氏がビットコインを高く評価〜将来性について

ロバートキヨサキ氏は世界的ベストセラー作家で、ビットコインなどの仮想通貨を「政府の管理下にない人々の通貨だ」という発言をして大きな注目を集めています。

ロバートキヨサキ氏の著書「金持ち父さん貧乏父さん」は全世界では累計2800万部を突破するという驚異の売り上げとなっており、キヨサキ自体も今や世界的に影響のある自分となっています。

そしてロバートキヨサキ氏がいう「ビットコインは人々の通貨」という発言では、実際に金融危機下にある国のベネズエラやアルゼンチンで多くのビットコインが買われ、通常より高い価格で取引されているプレミア価格となっており、実際にその状況が証明されています。

果たしてロバートキヨサキ氏のように将来的にビットコインは重要な資産となるのか。これから大きく買われ価値が高くなっていくのか注目を集めています。

ロバートキヨサキ氏について

ロバート・トオル・キヨサキ(Robert Toru Kiyosaki、日本名:清崎 徹(きよさき とおる)、1947年4月8日 – )は、アメリカの投資家、実業家、セルフヘルプ著者、モチベーショナル・スピーカー、金融リテラシー活動家、時折金融コメンテーター。日系4世。『金持ち父さん』シリーズの著者。

1997年に著書『金持ち父さん 貧乏父さん』を執筆。『金持ち父さん 貧乏父さん』は全世界で51カ国語に翻訳され、109カ国で紹介されている。『金持ち父さん』シリーズは、日本で累計300万部、全世界では累計2800万部を突破した。(2008年11月現在)多くの経営者、ビジネスマンからの評価も高く、若い内に読んでおいた方が良い書籍として推薦されている。ーウィキペディア

ロバートキヨサキさんで有名なのは世界的ベストセラーの「金持ち父さん、貧乏父さん」という著書になります。

この本では不動産投資のことがメインで書かれていますが、資本主義においてどうすれば豊かに生きられるかということも含めて重要なことが記載されています。

今やロバートキヨサキ氏は世界的に影響がある人物となっています。

ロバートキヨサキ氏「ビットコインは人々の通貨」

ロバートキヨサキ氏は、政府が管理している法定通貨ではなく、最終的に人々を自由にしてくれるのはビットコインのように管理者がいないものであるという発言をしています。

政府の財政政策で大量に日本円やドルなど法定通貨が発行されており、将来的に法定通貨の価値が大きく下がることに警鈴をならしています。

ビットコインは発行すればするほど希少性が高まる

ビットコインの特徴については

政府の管理下になく、価格はビットコインの保有者により保たれている

・発行の上限があらかじめ決まっており、発行されるほど残りの通貨数が少なくなり、希少性が高まる設計となっています。

取引履歴は全世界で公開されており、不正ができない仕組みとなっています。

このようにビットコイン自体の特徴としては、よりクリアで不正ができないような設計となっています。

ヨリコ
ヨリコ
ビットコインがマネロンなどに使われていることもあるけど、それはドルや日本円などの法定通貨も一緒。基本的に価値があるものは盗まれたり、強盗に入られたりするものなのよね。。

それはビットコインも日本円も同じ。でもビットコインはどの国にも属さない通貨で政府の影響が受けることがない。つまり次世代のデジタルゴールドと言われているの。

貯蓄という選択しでは資産は増えない:ロバートキヨサキ

「正気か? 中央銀行が毎日のように“偽物のドル”を数兆も印刷して金融緩和しているのになぜ貯金するのか? “敗者”には何ももたらさないゼロ金利政策の最中、なぜ貯金するのか? 貯めるなら、神のお金である金(ゴールド)か、人々のお金であるビットコインだ」──。

世界中で売れているベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』で知られるロバート・キヨサキ氏が4月、ツイッターでこうつぶやき、ビットコインの価値を説いた。

特に2020年に入ってからはコロナウイルスが蔓延しており、多くの感染者から死亡者や失業者を生んでいます。

その際に各国は現金給付の政策を打ち出していますが、ロバートキヨサキ氏のいうように法定通貨を発行すればするほど、将来的にインフレにより価値が下がることになります。

 

「ビットコインは人々の通貨」ロバートキヨサキ

コロナウイルスでの金融危機はは、ゴールド、シルバー、ビットコインにとって素晴らしいことになる可能性がある。

アメリカ政府は大量の「偽の米ドル」をたくさん発行している。影の銀行と言われるFED(連邦準備銀行)を通じて

「ゴールドとシルバーは神の通貨だ。ビットコインは分散型(管理されてない)で人々の通貨だ。これらの資産は政府の管理下に置かれてない、だから重要なのだ。失業者でさえドルの代替資産として25ドルの銀貨を買う余裕はあるでしょう?」

ロバートキヨサキ氏はビットコインのことを「人々の通貨」だといいます。

これはビットコインが政府の管理下になこととなっており、実際に彼のいった発言は、金融危機にあるベネズエラやアルゼンチンでビットコインの大きな需要が広がり従来の価格より高値で取引されていることが証明されています。

金融危機の国ではビットコインが大きく買われている。

【イスタンブール=木寺もも子】中東の小国レバノンのディアブ首相は7日、まもなく償還期限を迎える12億ドル(約1260億円)の外貨建て国債について、支払いを延期すると表明した。

経済の低迷や放漫な歳出で長らく財政危機に陥っていた。政府は債務再編による財政再建を目指すが、すでに破綻寸前の経済や政治混乱がさらに悪化する恐れがある。

実際にビットコインの価格が90万円くらいであった3月初旬でしたが、金融危機の可能性が浮上したレバノンでは140万円ほどの高値でビットコインが取引されています。

オオヒラ
オオヒラ
これは、レバノンの法定通貨であるレバノンポンドがデフォルトにより価値を大きく下げる可能性があり、大きく下げる前に避難通貨としてビットコインを買う動きが出てきたということになります。
ヨリコ
ヨリコ
従来より高い値段をはらってまでビットコインを買っているのね。
金融危機のレバノンでビットコインがプレミアム価格が買われている。
金融危機のレバノンでビットコインがプレミアム価格が買われている。中東の国であるレバノンではビットコイン(BTC)の需要が高まり、従来の価格より高いプレミア価格で取引されています。 *レバノンの法...

ビットコインは次世代のデジタルゴールドとなるか。

ロバートキヨサキ氏は政府の管理下にないビットコインを人々の通貨と発言し高く評価しています。

彼のいう「人々の通貨」というのは実際に金融危機が起こった国をみれば、国民がビットコインを買っている状況からそれが証明されています。

今後各国政府が経済政策のため大量に紙幣を発行した場合に将来的に価値が下がることになると言われていますが、その際に金融商品として株や仮想通貨などに資金が流れると見ている専門家もおり、ビットコインが買われる可能性について注目を集めている状況となっています。

おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所
おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『暗号資産(仮想通貨)取引所』というところで法定通貨である円...

ゴールド(金)を買うには?

国内証券会社でETFを購入する。

上のチャートはゴールド(SPDR ゴールド・シェア)の10年間のチャートになります。

ゴールドは2000年に入ってから右肩上がりの上昇を見せており、この記事で紹介したように今注目の金融資産となっています。

国内大手の証券会社であるSBI証券では(SPDR ゴールド・シェア)というゴールドに連動したETFを取り扱っており、最低金額2万円程度から取引が可能です。

ETFは金の価格に連動した金融商品となっているため、実際に金を保有することなく、格安の手数料で投資ができる商品となっています。

 

ゴールドでレバレッジを使って取引をする。

多くの日本人ユーザーが利用している海外FX業者のXM

XMではゴールド(金)の取引をレバレッジを使って売買ができます。

XMのレバレッジは888倍となっており、売りからでも利益が狙えるレバレッジトレードでは、短期売買で利益を上げたい方に最適なトレード方法となっています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら