ニュース

仮想通貨シンボル(symbol)は課税対象?非課税にならないのか?

仮想通貨シンボル(symbol)は課税対象?非課税にならないのか?

2020年リリース予定とされている最先端の技術をもつ仮想通貨シンボル(symbol 通貨単位XYM )

シンボルについては、仮想通貨ネム(nem 通貨単位XEM)を保有している人に対してはオプトイン(申告)を行うことで同数で付与されるとしています。

しかしながら、オプトインという方法に関して同数でシンボルが配布された場合に課税はどうなるのか?税金は発生するのか

ということが議論となっています。

通常、似たような事例として、仮想通貨が分裂するハードフォークなどでは同数を付与された場合については課税対象とはならず、付与されたものを売却するなどした場合について税金が発生するとしており、この辺は合理的と言えます。

おそらくシンボルについても個人的な見解としてそのような形に行き着くとは思いますが、シンボルの付与自体は、ネムのウォレットだけでなく、取引所からも行われるため、付与のタイミングによっては通貨が価値(値段)を持った時点で付与された場合課税対象となるのではないかという意見も一方ではでています。

仮想通貨シンボルの付与について

以下コインポストより引用

注目される新ブロックチェーン『Symbol』については、新たなチェーンの稼働後も現行ネムブロックチェーン『NIS1』は存続することが発表されており、XEM保有者には、Symbolで利用されるトークン「XYM」を受け取る権利が付与されることになる。

権利が付与との言葉から示されるように、XEM保有者が自主的に新トークンを受ける意思表明を行う必要がある、オプトインが採用されている。

仮想通貨ネムを持っている人は無料で同数のシンボルがもらえることになっています。

オプトインについては、通貨を受け取る場合に申請を保有者の方からする必要があります。

取引所に代行してもらう場合、自身で行うケースと比較してトークン付与までのタイムラグが発生する可能性があるため、デメリットも想定されるものの、トークン付与を表明する取引所に預けることで、安心して新トークンを得られる重要な選択肢になり得る。

すでに日本でXEMを取り扱う取引所Zaifが対応を発表、CoinCheckやGMOコインも対応を検討するとしている。今回、XEMを採用したbitFlyerでも対応を行う可能性がある。

自身で行うケースと比較してトークン付与までのタイムラグが発生する可能性があるためとは?

シンボルの付与については上の画像のように

ネムウォレットから配布

取引所から配布

という2つの方法があります。

しかしながら上の2つの方法のうち取引所からの配布は、ネムウォレットに比べてタイムラグつまり、付与が少し遅れて行われるということになります。

ヨリコ
ヨリコ
要するに、取引所からシンボルの付与があった場合に既にシンボルの価格がついていて、それをもらった時点で価格がついているから課税がされる可能性があるということなの。

現状では課税についてはっきりとした見解はでていない。

現状では議論がユーザー同士で行われていますが、はっきりとした見解はでていません。

しかしながら、シンボルの付与までに何かしらの見解はでると思っています。

ヨリコ
ヨリコ
特に日本人ユーザーはネムを保有している人多いからその辺はしっかりとしてもらいたいところだわ。

似たような事例として仮想通貨のハードフォークでは付与自体では課税されない。

 国税庁は11月21日、仮想通貨所得による納税や相続に関するよくある質問と回答をまとめた「仮想通貨関係FAQ」を公表している。仮想通貨のハードフォークで取得した新しい仮想通貨は、取得時点では課税対象となる所得が発生せず、売却・使用時まで課税対象とならない、といったことがFAQ資料に明記されているー仮想通貨ウォッチ

実際に仮想通貨が分裂するハードフォーク(分裂するものとしないものがあります。)では分裂前の仮想通貨を持っていると分裂後に新しい仮想通貨が同数付与されることになります。

このシンボルの付与と似た事例については国税庁から売却などをして利益確定をしない限り課税対象にならないとされています。

ヨリコ
ヨリコ
もっとも当然のことよね。もらった時点でいきなり課税だったら、多くの人が損する可能性がでてくるもの。

もらった通貨を売った場合に利益が出た場合に課税となるというのが合理的だから、シンボルもそのような方向性になるのではないかと思うわ。

そもそも取引所でのシンボルの配布で課税対象になるのでは、不公正が否めない。

ネムウォレットではシンボルの付与を受けた場合については、価格がつく前なので課税対象とならないという情報があります。

それと対照的に取引所で付与を受けた場合については、もし課税対象になる場合、ネムウォレットでの使い方がわからないユーザー(仮想通貨の取引に慣れていない人など)は、明らかに不利益を被ることになると予想されます。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨を持っている人みんながみんなウォレットの使い方を知っているわけではなく、取引所で買っておいていく人も多いわ。

その辺を考えると、取引所で課税対象なるのは不公平だから、その辺の流れにはならないと思うわね。

仮想通貨ネムはシンボルの付与前に購入の加速となるか?

上のチャートは仮想通貨ネムの2020年のチャートになっています。

ネムは2020年8月に国内取引所のビットフライヤーで上場し、さらに価格を上げています。

仮想通貨ネムがビットフライヤー取引所で上場〜なぜこのタイミング
仮想通貨ネムがビットフライヤー取引所で上場〜なぜこのタイミングで上場?国内大手仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitflyer)で仮想通貨ネム(nem 通貨単位XEM)が上場されました。 ネムはリップ...

既に多くのネムの取引を扱うコインチェックなどではネムを買う動きがでてきているとう話もありますし、シンボルがリリースされる前に無料でシンボルがもらうためにネムを買うという動きがあるかもしれません。

ヨリコ
ヨリコ
つまりシンボルがリリースされるまでにネムを買うと、リリース後にシンボルとネムの2つの通貨を保有できるからお得になるということね。
仮想通貨ネムの2020年の価格予想は?〜価格上昇中の今、今後の値動きは
仮想通貨ネムの2020年の価格予想は?〜価格上昇中の今、今後の値動きは仮想通貨ネム(nem 通貨単位XEM)は、長くの間、2017年末のバブル依頼価格が安値で推移をしている仮想通貨です。 しかしながら...

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら