仮想通貨の基礎知識

仮想通貨(ビットコイン)積立投資のベストな方法とは?

仮想通貨(ビットコイン)の積立投資のベストな方法とは?

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を買うときに、

いつ買っていいのかわからない

ビットコインが安くなったときに買いたいけど、上がり続けて結局購入できていない。。。」

などという質問をよくいただくようになりました。

特に仮想通貨を始めたばかりの方、投資初心者などからは悩みの種でなかなか購入に踏み切れないという声があります。

それもそのはずビットコインが値上がりして盛り上がっているときに大多数は参入するので、上がれば「買いそびれた」下がれば「損するかもしれないから買うのやめようかな。」という気持ちにもなりやすいと思います。

この記事では仮想通貨をいつ買っていいのかわからないという方に、一つの選択肢としてベースとなる投資方法、私なりの考える積立投資の方法についてご紹介しています。

ヨリコ
ヨリコ
どのように投資するかしないかは、あなた自身の判断。

その一つの選択肢として参考にしてもらえればいいわ

仮想通貨(ビットコイン)を買う心理

ビットコインを買う人の多くが、「ビットコインが値上がりしたから今後上昇する」「ニュースや大手企業が投資を始めたから」というのがきっかけではないでしょうか。

オオヒラ
オオヒラ
ちなみにビットコインが値上がりしたから今後上昇するというのは、ただの予想であっで、実際にそうなるのは結果でしかわかりません。

しかしながら、ビットコインをいざ買う場合、その買うという判断をしたときに一気に資金を入れる人がいます。

手元に100万円あれば100万円分のビットコインを買うということです。

しかしながら、そのようにした場合、買った後にビットコインが値下がりすると精神的に辛いものがあります。

買うと決断した場合、ベストの買い時がわからない。

だからこそ、リスクを分散させるために資金を分散させるという点で、ある程度機械的に積立方式で定期的に資金を入れていくのが有効といえる場合が多いと感じています。

安いときに買いたい〜いつが安い?

多くの人は「ビットコインが安くなったら買いたい」といいます。

しかしながら、そのように考えている人の多くの場合のタイミングはすでにビットコインが大きく値上がりした場合が大半です。

ビットコインで大きく利益を出している人はすでに5万円や10万円で資金を入れています。

正直このような状況では「ベストな買うタイミング」というのは難しい状況とも言えます。

ヨリコ
ヨリコ
価格が高いか安いかはその時点で判断できるのは難しい。

ビットコインが最高価格を更新しているとやはり「高くて買えない」なるのが通常ではないかしら。

仮想通貨の積立投資について

積立投資をなぜするのか

積立で投資を行うのは「高くても買う」「安くても買う」ということなのです。

つまりベストなタイミングがわからないからこそ定期的に資金を入れて資金を積み増していくのです。

ここで重要なのは積立投資は中長期で上昇していく相場で有効であるということになります。 *短期的に値下がりしてもそれは許容範囲内です。

積立投資の投資タイミング

積立投資投資をするタイミングは人それぞれです。

毎月なのか毎週なのか。そしてその具体的なタイミングは

・定期的に同じ日に投資する。

・定期的に価格が下がったところを見極めて投資する。

などの方法があります。

ある程度チャートが分かる人は価格が下がった場合を判断していいのですが、投資に慣れていない人はある程度、給料日後や毎月、毎週の最初などある程度の目安を決めて投資するのがいいでしょう

人間は欲があるのでどうしても「少しでも安く買いたい」と思ってしまい、その気持が強すぎるといつまで立っても買うことができない場合が多くあります。

ヨリコ
ヨリコ
「少しでも安く買いたい」このようなベストのタイミングは結果でしかわからないの。

自分が投資をどう運用していくかをしっかり考える必要があるわ。そこに(細かい値動き)神経をすり減らしてもちょっと大変だと思う。

例えば100万円の資金を投資する場合、毎月10万円つづ積み立てて行く。など資金を分散することでリスクも分散させることが可能

積立投資の具体例

積立投資では、具体的に2017年にビットコインを積立てたことがあるので、ちょっと古い情報ですがその辺の状況をここでシェアします。

以下2017年の相場で毎月5万円を積み立てた場合についてです。

グラフでいうと上のようになります。

1月はビットコインが10万円だった時で、それから徐々にビットコインの価格は上昇していき12月には当時の最高価格である200万円をつけました。

そのため、1月から5万円づつ積み立てたビットコインは12月には一気に資産が大きく増えていることになります。(一番右の紫の棒グラフ)

上の画像は実際の資金の推移になります。*画像をクリックすると大きく拡大します。

毎月5万円を積立していますが、ビットコインに投資をした時とそのまま銀行に定期預金した場合について比較します。

・毎月5万円をビットコイン→12ヶ月で510万円

・毎月5万を銀行→12ヶ月で60万円

この1年での収益の差は510万円ー60万円=450万円

となりました。

さぁこの450万円という金額、普通の会社員では1年分の年収と同じくらいです。ビットコインに投資をしたことで、1年分会社に出勤して会社に時間をささげた場合と同じ金額が手に入ることになります。

オオヒラ
オオヒラ
2017年はビットコインの相場としては大きく値上がりした相場で特にこのように収益が出やすかった相場と言えます。
ヨリコ
ヨリコ
2018年、2019年はビットコインは停滞した年(50万円〜100万円の価格帯)でもあったわ、でもそのときにも積立していた人は2021年ビットコインが650万円を記録した時、かなり資産が増えることになっているわね。

積立投資はベースとして考える

定期的に積立投資をしていくことで中長期的に伸びていく相場で積立投資を有効的に活用することができます。

基本的に積立投資をするものは、ビットコインなどの基軸的な通貨がいいのではないでしょうか。

そして金融市場では数年おきにサイクルで価格が大きく上がったり、下がったりを繰り返しています。

よって、価格が大きく下がり、その銘柄が本来の価値より大きく割安と判断できるときには積立投資に加えて、資金を追加してより収益を上げるという工夫も一つの大きな選択肢と言えます。

ヨリコ
ヨリコ
大きく暴落したときのみ買うということでは、そのタイミングが来ないうちは全然銘柄が買えないことになる。

定期的に積立をする。そしてどこかのタイミングで価格が大きく下がったら追加で資金を入れるなどの方法も有効ね。

積立サービスを行っている取引所も

Coincheckつみたてを利用してビットコインを増やす!〜初心者からオススメ

国内仮想通貨取引所のコインチェックのように毎月同じ時期に仮想通貨の買付を行ってくれる「つみたてサービス」を行っているところもあります。

定期的に買うのを忘れそうな人はそのようなサービスを利用してもいいかもしれません。

ビットコインの価格だけみていませんか?

最後に私が少しいいたいのは、ビットコインが何かということがわからず、価格が上がっているから投資をしよう としている人が多い印象を受けます。

よくわからないものに投資をするというのは基本的にギャンブルと同じです。

大手の機関投資家がビットコインを買った。大手の銀行がビットコインの保管に対応した。有名人が買った。

といったニュースはもちろんビットコインについてはポジティブでよいファンダメンタルズと言えます。

しかしながら、投資対象であるビットコインがどのようなものか?今後価値は上がっていくのか? と言った視点でビットコインについて調べるのも重要です。

あなたがしっかりと調べて価値を感じたものが将来的に値上がりをしていくなら、それは投資のスキルアップにもつながるし、今後投資をしていく上であなた自身のりっぱな自信となるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら