ニュース

仮想通貨リップルの価格下落から買われた暗号資産(仮想通貨)銘柄

仮想通貨リップルの価格下落から買われた暗号資産(仮想通貨)銘柄

12月23日にからSECから提訴されたリップル社ですが、XRP(通貨)が大きく暴落し、その後ビットコインやイーサリアムなどの通貨が上昇しました。

リップル社の発行する暗号資産(仮想通貨)XRPが証券がどうかの訴訟は長引くとされ、XRPの下落を防ぐため売った資金が他の通貨に流れたという情報が上がっています。

この記事では、リップルから資金が流れた先の銘柄について自分なりの視点で解説していきます。

リップルの資産退避から買われた通貨というのは、現状の流れとして今後SECから提訴される可能性が低い、つまり証券の可能性が低く分散性が高いものと言えます。

リップル社がSECから提訴され価格が大きく暴落

上の画像はリップルの週足チャートです。

12月23日にSECからXRPが証券であるという提訴をうけXRPは大きく暴落(チャートの一番右の赤のローソク足)

価格は1週間で50%を超える暴落となりました。

この暴落で多くのXRPホルダーは資産退避のためXRPを売る動きとなりました。

リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?
リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?米証券取引委員会(SEC)がリップルの暗号資産(仮想通貨)XRPが有価証券に該当するとして12月23日にリップル社を提訴しました。 24時間で40%以上下落したリップルですが、リップルに投資をしている投資家はこのままリップルを売るべきか(利確・もしくは損切り)、それとも将来に向けてまだホールドしておくべきかを考えないといけない状況となっています。...

XRPの売却で買われた暗号資産(仮想通貨)銘柄

ここで私が推測するXRPの売却から買われた暗号資産(仮想通貨)についてご紹介します。

*価格は価格上昇率は12月30日時点

通貨名 単位 上昇率(1週間)
ビットコイン BTC 17%
イーサリアム ETH 15%
ポルカドット DOT 42%

この3つの通貨はいずれもビットコイン(1位)、イーサリアム(2位)、ポルカドット (7位)と時価総額が高い通貨ばかりです。

ヨリコ
ヨリコ
うむー。銘柄的には非常に堅い通貨と言えるわね。リップル保有していた人は賢い人が多いのかしら

ビットコイン

ビットコインはここ1週間でh240万円の価格から一気に300万円近い価格まで上昇しています。

12月のパフォーマンスは非常に高く歴代最高価格である220万円を12月に超えて、さらに300万円を超えるかどうかが注目されています。

以前から機関投資家を中心に買われていると言われていましたが、リップルを売った人の資金も影響していると思われます。

イーサリアム

イーサリアムはここ1週間で6万円前半の価格から一気に上昇し75000円を記録しました。

この価格は2018年以来の価格水準となっており、リップルの売却が価格を一気に加速させたのではないかとみています。

以前からSECはビットコインとイーサリアムは証券ではないという判断をしており、リップルの提訴からよりビットコインやイーサリアムが注目されたのは間違いないのではないでしょうか。

ポルカドット

ポルカドット は、時価総額7位の暗号資産(仮想通貨)で2020年にリリースされて一気に時価総額上位になった通貨です。

パラチェーンと呼ばれる仕組みにより、異なるブロックチェーン(通貨)同士を直接交換できるようになっています。

上のツイートでいうチェーンとは、イーサリアムのようなプラットフォーム系のことを言っています。

つまりイーサリアムと似たような通貨が証券に該当する可能性が低い、今後需要があるのではないかということで、リップルの売りから買われた可能性が大きいのではないかと感じています。

ポルカドット (DOT)とは?仮想通貨の将来性と購入できる取引所について
ポルカドット (DOT)とは?仮想通貨の将来性と購入できる取引所について仮想通貨ポルカドット (polkadot 通貨単位DOT)は2017年のICOで1300億円もの資金調達をして注目されたWeb3財団が開...

今後のリップルの価格について

今後リップルの価格が低迷するのか、今の価格水準(20円前半)を保つのかは今後のSECとの訴訟次第と言えます。

しかしながら今回リップルから資産が流れたとされる通貨を確認すると、規制問題ではよりクリアになっている銘柄という特徴があります。

そして時価総額が高い。

またビットコインとイーサリアムは国内の取引所で購入可能となっています。

おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所
おすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『暗号資産(仮想通貨)取引所』というところで法定通貨である円...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算はクリプタクト

2016年から多くの実績がある暗号資産(仮想通貨)の損益計算所であるクリプタクト。

国内だけでなく海外取引所を含めて暗号資産(仮想通貨)の損益計算に対応

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら