bitpoint(ビットポイントジャパン)

ビットポイント取引所社長「小田玄紀氏」が考える仮想通貨の将来性・未来像

国内仮想通貨取引所である「ビットポイント(bitpoint)」は、資本力が国内No. 1の取引所として、他よりもいち早く電話でのカスタマーサポートを設置するなど顧客満足度も高い取引所になります。

この取引所の社長が「小田玄紀社長」で、親会社であるリミックスポイントの社長も同時に務めており、メディアや自身のブログ(アメブロ)などでも積極的に情報発信をしており、その中から注目のコメントや発言をこの記事でまとめていきます。

小田社長は、仮想通貨で有名な本である「1時間でわかるビットコイン入門」を執筆しており、その事でビットポイント取引所を知っている人も多くいます。

 

小田社長について

東京大学在学中に起業し、その後に事業を売却し、マッキンゼー出身者と共にベンチャーキャピタリストとして多くのベンチャー企業に対して投資を行う。
海外の機関投資家との交渉や債券投資なども手掛けており、金融・投資のスペシャリストとして活躍している。

ビットポイント取引所については現在

・取引所の運営

・仮想通貨決済店舗の普及

・海外取引所の拡大。

・航空会社ピーチと仮想通貨決済の提携について協議中

・ビットコインATMの設置の普及

など幅広く仮想通貨関連事業を行なっています。

 

ヨリコ
ヨリコ
こんな傘買うなんて小田社長はニュークな面もあるのね。プロフィールの画像はきっちりしている印象だけど。

ヨリコ
ヨリコ
母親の還暦パーティーでこのようなパーティーを開くなんて家柄が良さそうな印象をうけるわ。きっとボンボンなのね。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、サーフィンとはキムタクと同じでモテる男の要素の一つね。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨の本の中でもとっても有名な本の一つよ。初心者にオススメの本と言えるわ。

これからは小田社長自身の「ブログ」から仮想通貨事業についてまとめていきたいと思います。

取引所への業務改善命令について

 平成30622日に関東財務局よりBITPointに対して業務改善命令が発出されました。仮想通貨交換業者に対して漸次、金融庁の立入検査が入っておりBITPoint418日から検査が着手されて検査対応を行ってきました。

 この検査の結果としてBITPointとしては以下の6つの点に関して管理態勢の強化を求められました。

  1. 経営管理態勢の構築(内部管理部門及び内部監査部門の機能が十分に発揮できる態勢の構築を含む)
  2. マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係るリスク管理態勢の構築
  3. 利用者財産の分別管理態勢の構築
  4. 利用者保護措置に係る管理態勢の構築
  5. システムリスク管理態勢の構築
  6. 仮想通貨の新規取扱等に係るリスク管理態勢の構築

改めて、利用者・顧客から資産を預かっている金融機関としての自覚を高め、また、何よりも大事なこととしてマネロンやテロ資金等に活用されることを防ぐことを意図して、抜本的な態勢強化に努めます。

 なお、今回の当社を含む仮想通貨交換業者に対する行政処分の発表を受けて、いくつかのメディアの方からも問い合わせを受け、その度に回答をしていますが、当局としては決して仮想通貨市場に対して否定的ではないと私自身は認識しています。‟今の仮想通貨交換業者“に対しては改善すべき点が多々あり、そのために指導をしている状態ですが、これは規制が目的ではなくむしろ将来的な育成が目的だと素直に考えていますし、実際の折衝でもそのように感じています。

 

ケイシ
ケイシ
ビットポイントについては、業務改善命令書を金融庁にいち早く提出してニュースになってたわね。

サッカー日本代表の本田選手のイメージキャラクター起用について

さて、前置きが長くなりましたが、このような前提となる考えから、逆境にある日本の仮想通貨市場を再興させたい。また、これまで以上に幹のしっかりとした経営管理態勢を構築するためにもイメージキャラクターを探していました。

その中で様々な御縁で本田圭佑氏と知り合い、先日のサッカーW杯で逆境にあった日本代表チームを決勝リーグ進出にまで導いた立役者の一人であること、またアスリートとしてだけでなく起業家・投資家としても活躍するその姿勢が当社そして日本の仮想通貨市場を活性化するために必要と考えて契約をさせて頂きました。

また本田圭佑氏と当社の強い要望であまり会社名を連呼したようなCMや軽い雰囲気のCMはつくりたくないというこだわりがありました。

結果的に、ロサンゼルスのハリウッドスタジオを借り切って、ハリウッドクオリティでイメージ動画をつくることになりました。

これまでの仮想通貨のCMとは一線を画す重厚感ある仕上がりになっていると思います。

本田選手起用の CMについての詳しい概要は「本田圭佑選手が仮想通貨の広告(CM)に出演!〜ビットポイント取引所」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
本田圭佑選手が仮想通貨の広告(CM)に出演!〜ビットポイント取引所国内仮想通貨取引所「ビットポイント(Bitpoint)社長:小田玄紀」の仮想通貨イメージキャラクターとして本田圭佑選手が広告動画に出演し...

仮想通貨相場は今後どうなるのか? 終わったのか?

こうしたことから、最近では海外に行っても多くの人から「日本の仮想通貨市場はもう終わっちゃったのか?」と聞かれるようになりました。

ただ、この考えは誤解です。この質問に対してはいつも「むしろ、始まってさえいないよ」と答えています。

去年の時点では、仮想通貨に関して法律が整備されたのは日本だけでした。現在はこの法律も参考にしながら、様々な国で法律が施行準備されています。

タイでは8月から施行されましたし、イスラエルでも10月から施行されます。アメリカでもビットコインとそれ以外のトークンで管轄官庁を分けて規制する方向ですし、韓国や中国でも今後同じような流れはきます。

また、これまで仮想通貨は一部のネット系企業が中心でしたが、明らかに海外では金融機関が主体です。各国で法律が施行されたら、一気に仮想通貨市場は活気を取り戻し、むしろ、それはこれまでとは比にならない位の規模になっていくことを肌感覚で感じています。

 

今、日本の金融庁が考えていることは、まさにこうなった際に日本の仮想通貨交換事業者がしっかりと対応できるための経営管理態勢を強化するべきということだと個人的には考えています。

事業者側として金融庁の方と対話をして感じることは、決して仮想通貨市場を規制したいという意識でなく健全な成長を実現したいという覚悟です

 

ビットポイントの仮想通貨事業への未来像

小田社長は今後のビットポイントの事業展開については

  • 仮想通貨送金・決済サービスの拡充
  • 海外取引所の展開(現在は:香港、韓国、中国浙江省、台湾、マレーシアに取引所を設定しており、今後も東南アジアを中心に業務拡大予定)
  • 取扱通貨の拡大

が挙げられます。

格安航空会社であるピーチと現在仮想通貨決済の導入についても計画が進んでいますし、海外取引所についてもどんどん拡大が進んでいます。

海外の取引所では取扱通貨が日本に比べて規制が緩いところもあり、どのような通貨を海外で取扱をして行くのか注目を集めています。

また日本でも今後仮想通貨の取扱数を増やす予定としているとのことです。

ヨリコ
ヨリコ
ビットポイント は特に海外事業も含めて積極的に事業展開をしているように感じるわ。仮想通貨の価格も他の取引所より割安な傾向や電話でのサポートもあるし総合的に考えてメインで使いたい仮想通貨取引所ね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら