仮想通貨の基礎知識

【最新】仮想通貨の格付けランキング一覧〜WeissRating、中国

格付け機関Weiss Rating社(ワイスレーティング) や中国が、主要な仮想通貨ビットコインやイーサリアムなど)の格付けランキング(ランク)について公表しているため、この記事では新しいものを随時更新してお伝えして行きます。

この記事の作成日:2018年8月24日

このランキングでは、仮想通貨の技術面や応用性など総合的に判断しているため、各機関によって各通貨のランクは違うものの、投資の参考になると思います。

Weiss Rating社による格付けについて

Weiss Rating社は、アメリカのテキサス州にある会社でこれまで40年以上にわたって格付けを行ってきた機関で世界でも有名な会社です。

格付けのランクについて

A=Excellent(優秀)

B=Good(良い)

C=Fair(普通)

D=weak(弱い)

E=very Weak(とても弱い)

とう風になっています。

ケイシ
ケイシ
ランキングについては、時期によって仮想通貨のプロジェクトの進歩状況などで変化をします。 なので「現時点でこの評価なのか」という視点で見るようにして見るのがいいかと思います。
ヨリコ
ヨリコ
このランクであれば、C以上は現時点で投資対象としていいと判断できそうね。

*通貨名をクリックすると通貨の詳細へ進みます。

 Aランク

なし

Bランク

通貨名通貨単位ランク
EOSEOSB-
Cardano(カルダノ)ADAB-
RippleXRPB-

Cランク

EthereumETHC+
NEONEOC+
BitcoinBTCC+
StellarXLMC+
tronTRXC+
EthereumClassicETCC+
DecredC+
BitsharesC+

 

LitecoinLTCC
MoneroXLMC
IOTAITOTAC
DASHDASHC
NEMXEMC
TezosC
OntologyC
ZcashZECC
LiskLSKC
QtumC-
ZilliqaC-

BitcoinCash→D+

リップルがBクラスへ!〜基軸通貨の期待


ツイッターでは「XRP(リップル)を基軸通貨として資産としてバイナンス取引所で活躍するのをみてみたい。」とツイータされています。

またイーサリアムクラシックについては、コインベースで通貨として採用されたこともあり、評価が上がっていると思われます。

 

中国の格付けについて 2018年7月23日更新

中国も仮想通貨の格付けを行っています。

中国は仮想通貨の規制が厳しい国ですが、格付けを行っており、世界からもその内容は注目されています。

そして仮想通貨の時価評価額ランキングが高い通貨でもNEOのように中国産のものもあります。

ヨリコ
ヨリコ
中国産の仮想通貨では、NEOやQtumが有名ですよ
通貨名通貨単位ランク
EOSEOS1
EthereumETH2
NebulasNAS3
GXChainGXS4
NEONEO5
StellarXLM6
SteemSTEEM7
LiskLSK7
WavesWAVES9
KomodoKMD10
BitSharesQTUM11
DASHBTS12
RippleBTC13
IOTAXVG13
ArkWAVES15

その他の主要な通貨

bitcoin・・・16位

Qtum・・・17位

BitcoinCash・・25位

LiteCoin・・・28位

NEM・・・31位

前回の格付け▼

私の仮想通貨ランキング

このサイトでは私なりの仮想通貨のランク付けを「2018年注目の仮想通貨ランキング」の記事にてご紹介しています。

あわせて読みたい
【2019年版】仮想通貨おすすめしたい将来性銘柄ランキング2019年に私が注目(有望)している将来性のあるおすすめの仮想通貨銘柄について比較ランキング形式でご紹介していきます。 2017年...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら