CoinCheck(コインチェック)

コロナショック後の仮想通貨の新規参入投資家増加〜コインチェックのアンケートを分析

コロナショック後の仮想通貨の新規参入投資家増加〜コインチェックのアンケートを分析

国内仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)が2020年8月に実施したアンケートでは、コロナウイルスによる大暴落の3月以降に仮想通貨に新しく参入する投資家の人は増加傾向にあるという興味深い調査結果がでました。

対象人数は約5800名となっており、それなりのユーザーから調査を実施しています。

コロナショック後にこのように仮想通貨(暗号資産)について投資を開始した人が増えているのは、やはり現在の金融危機に対する不安と、給付金や補助金で法定通貨(ドルや円)などの大量に発行していることからのインフレ(通貨の価値の下落)の不安があると思われます。

仮想通貨投資を考えている人にとっては特に役に立つ調査となっているので、参考にすると今後の投資の良い判断材料になりそうです。

ヨリコ
ヨリコ
今回の調査を実施したコインチェックは、大手金融機関のマネックスが運営する仮想通貨取引所よ。取り扱い仮想通貨数が国内で第1位で特に使いやすい取引所として初心者に指示されている取引所ね

 

コインチェック(coincheck)の使い方と評判〜初心者が使いやすい仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は、国内の仮想通貨取引所として初心者に使いやすく、通貨の取引(売買)がしやすい取引所として有名です。...

コインチェックでのコロナショック後の仮想通貨投資に関する調査結果について

2020年はコロナウイルスという伝染病の蔓延で、世界が一変するという出来事となりました。

3月中旬に金融市場全体で資産暴落が発生するという出来事になりました。

しかしながらその後いち早く価格が反発し上昇したのがビットコインとゴールドでした。

ビットコインは110万円から50万円近くまで下がりましたが、なんと6月にはすでに110万円近い価格まで回復するという驚くべき上昇となりました。

それではこの状況下で投資家がとった行動について見ていきましょう。

コロナショック以降仮想通貨を購入した人が増加

コインチェックユーザーの中には、48%ものユーザーがコロナショック後に仮想通貨を購入した結果がでています。

コロナショックの大暴落でもそこをチャンスとして投資したことは、「今後中長期的に仮想通貨市場が伸びていくと感じているユーザーが多い」のではないかと推測されます。

ヨリコ
ヨリコ
暴落直後に買った人はかなり仮想通貨投資になれた人ね。ちなみにこのサイトの運営者も暴落直後にイーサリアムに投資(有料配信でその状況を配信しています。)をしているわ。

また暴落後についてはビットコインをはじめとして仮想通貨市場はいち早く反発上昇したこともその後の投資家の参入を呼び込んだ要素と言えます。

オオヒラ
オオヒラ
2020年はコロナショック後の高騰と、その後イーサリアムを主軸としてDeFi(分散型金融システム)が活発化した要因でさらに高騰しました。

この流れに乗れた人は結構利益を取れていた人が多いのではないでしょうか

仮想通貨下落からのイーサリアムの反発上昇〜大口投資家の買いが入る
仮想通貨下落からのイーサリアムの反発上昇〜大口投資家の買いが入る9月3日から6日かけて仮想通貨市場が下落しましたが、その際にイーサリアムを購入した大口投資家が増加したしたことがわかりました。 イ...

仮想通貨取引を始めた人は2017年から保有している人が最多

この調査結果では、なんと2017年から仮想通貨を保有している人が多いという驚きの結果となっています。

なぜなら2017年末は仮想通貨市場のバブルで価格が大高騰した年でもあり、その後2018年1月末から大暴落が発生し、損失を受けた投資家が多いからです。

ヨリコ
ヨリコ
この2018年1月の大きな下落から仮想通貨投資をやめた人は多かったと思うわ。

でもコインチェックのユーザーでは今でも仮想通貨投資を2017年から行っている人が多いなんて興味深いわ

 

オオヒラ
オオヒラ

2017年末ビットコイン は220万円まで高騰しましたが、いまだにその価格は達成していません。しかしながら2018年に大きく下落した仮想通貨市場は、それ以降安値で購入することで利益が上げやすい市場であったとも言えます。

つまり市場で生き残っている人は2017年末に損をしても、その後利益を上げている投資家も多いのです。 それが今回の結果に現れているとも言えます。

やはりビットコイン投資が一番多い

上のグラフはコロナショック後にコインチェックで購入した通貨の調査ですが、ビットコインが34%とダントツの結果。

その次にリップル、イーサリアムとなっています。

ヨリコ
ヨリコ
リップルがいまだに人気ってすごいわね。やはりリップルは日本人に受け入れやすい通貨なのかもね。

 

オオヒラ
オオヒラ

リップルは近年他の通貨に比べてパフォーマンスがあまり良くなかったため、この結果は個人的に以外でした。

しかしながら2位でリップルが買われるというのは、おそらく噂で買っている人が多いからではないでしょうか。

イーサリアムの方が断然ファンダメンタルは強いと思います

 

だからこそ私はイーサリアムを暴落後に買ったし、その後イーサリアムは12000円から50000円までのパフォーマンスを見せているのです。 ただビットコインを主軸として投資するのはやはりそうだと感じています。

仮想通貨を長期的な資産形成とみている。

コロナショック後に暴落した人が投資した理由として

日本円などの法定通貨の不安からのヘッジ(代替資産として買う)。

資産として

という結果になりました。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど。仮想通貨のようなデジタル資産を長期的に成長が見込める市場とみている人が多いみたいね。

 

 

オオヒラ
オオヒラ

やはりそれはビットコインの存在があると言えます。

ビットコイン は2009年に誕生して以来これまで大きな存在感を見せています。

その証拠に日本でビットコインが買える取引所は大手の金融機関ばかりです。 コロナショック後の経済の状況を考えても将来的に持っている日本円では不安というのが率直な理由でしょう。

 

仮想通貨投資の魅力について、簡単に買える、少額から取引できる。

仮想通貨の魅力として「取引が簡単である」「少額から取引ができる」ということがわかりました。

つまり仮想通貨投資をしたことがない人は、本当の魅力がわからないのではないか?

ヨリコ
ヨリコ
これはどういうことからしら?
オオヒラ
オオヒラ

この結果からわかることは、コインチェックで仮想通貨を買ったことがあるから、「取引が簡単」「少額から投資できる」というのがわかっています

まず仮想通貨投資をしたことがな人は取引が簡単なんて思わないはず。

そしてビットコインにしても1BTC=110万円という価格であった場合、110万円がないと買えないと思っている人も中には意外と多いのです。

そうではなく、ビットコインも500円や1000円でも購入することができます。つまりコインチェックで口座開設をして仮想通貨取引をしているからこそ、このような調査結果となるのです。

仮想通貨(ビットコイン)はいくらから投資可能?〜最低金額と少額投資について仮想通貨(ビットコインなど)を投資するときに、少額投資として最低購入単位(購入額)はいくらなのか、国内大手取引所『コインチェック』を例に...

国内取引所コインチェックの魅力について

コインチェックで仮想通貨取引をしているユーザーからは

・アプリ画面が使いやすい

・アプリのダウンロード数が多く定評がある

・取り扱い仮想通貨数No. 1

という実績から多くのユーザーが投資を行っている状況です。

これは初心者が取引したいという要件をほとんど満たしていると言えるわね。

ヨリコ
ヨリコ
実際コロナショック後に仮想通貨が値上がりして気になって人が多いはず。コインチェックでは口座開設無料だし、少額で取引できるからぜひ仮想通貨投資を気軽に挑戦してみたらどうかしら。
オオヒラ
オオヒラ
仮想通貨投資について何か疑問があれば、このサイトの問い合わせから質問をいただくと回答させていただきます。

 

コインチェック(coincheck)の使い方と評判〜初心者が使いやすい仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は、国内の仮想通貨取引所として初心者に使いやすく、通貨の取引(売買)がしやすい取引所として有名です。...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら