仮想通貨の基礎知識

仮想通貨は英語でどんな単語(略語)と意味なの?〜クリプトカレンシー

仮想通貨は通常「Crypto Currency(クリプトカレンシー)」と言われ、直訳では暗号通貨という言葉になります。

仮想通貨はグーグルやweblioの翻訳にかけると直接「Vircual currency(バーチャルカレンシー)」と訳されますが、実際はクリプトカレンシーと言います。

仮想通貨をカタカナでいう場合は、一般的に「クリプト」と略していう場合が多いと感じています。

そのため、仮想通貨のアプリは、「クリプトフォリオ」や税金の計算ソフトは「クリプタクト」など、クリプトを基として使われています。

なぜクリプト(暗号)というのか?

日本語ではなぜか現在は「仮想通貨」というネーミングが広がっています。

「仮想」というとなんだか怪しいので、個人的には違和感がありますが、実際は「暗号通貨(クリプトカレンシー)」が正式な名前と言えます。

仮想通貨は最先端の暗号技術であるブロックチェーン技術で成り立っているのです。

ブロックチェーン技術の特徴としては

・取引履歴が公開されていて、改ざんが不可能

・送金が格安の手数料で可能。

・管理者がおらず自分で管理することが可能

という、通貨だけでなく、次世代の資産としても注目されています。

クリプトカレンシーは結構使用されてる

ヨリコ
ヨリコ
横文字で仮想通貨をいう場合には、「バーチャルカレンシー」という人はほとんどいなくて、「クリプトカレンシー」が定着しているわね。

仮想通貨の通貨単位

仮想通貨は、通常、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどと言われていますが、実際の通貨の単位、つまり日本円でいえば「円」に単位があります。

ビットコイン→BTC

イーサリアム→ETH

リップル→XRP

ライトコイン→LTC

 

という具合です。

ビットコインの価格が70万円という場合には、1BTC=70万円となります。

ヨリコ
ヨリコ
ビットコインは価格(1BTC)が高いから買えないって思っている人もいるけど、実は数百円から買えるの。 つまり0.0001BTCなどの量ね。

まとめ

以上仮想通貨を英語で「クリプトカレンシー」ということをご説明してきました。

しかしながらクリプトカレンシーは暗号通貨という日本語なのに、日本語では仮想通貨というネーミングが一般的になっているという矛盾が働いているのが現状です。

暗号の名称の元となるっているブロックチェーン技術は、アマゾンやインテルなど世界的大企業や中国など国家的に積極的に取り入れている技術となっています。

日常的にたくさん刷られている日本円などの法定通貨が価値が安定しない時代に到来し、仮想通貨などの国境を越え、世界的な独自の資産が今注目を集めています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら