わかりやすい仮想通貨入門

仮想通貨(ビットコイン)は危ない?〜その危険性・リスクについて

ビットコインをはじめとした仮想通貨はこれまで通貨として、少なからず盗まれたり取引所が破綻したりしています。 

怪しいイメージを依然として持つ人もいて、そういった点を踏まえて仮想通貨を運用する場合の危険性リスクについてはまとめていきます。

仮想通貨を運用する上でリスクを知ることはとても重要なのです。 FXにしても株にしても投資にしてもリスクをとって運用をしているのです。

ですが、もし買って持っておくだけで2016〜2017年のビットコインみたいに約5倍の値上がりを記録してたりすると当然気になりますよね。

この記事を読んでいる人は、ビットコインは怪しくて危険なイメージがあるけど、かなり値上がりしているから気になるという方が多いかもしれません。 

それもそのはず、ビットコインはこれまでの歴史で、取引所がつぶれたり、コインが盗まれたりしても価格は上がってきているのです。

 

ビットコイン(仮想通貨)は怪しいというイメージ

仮想通貨が怪しい、危険というイメージは2013年のMt.Gox(マウントゴックス)からビットコインが盗まれ取引所が破綻したことが大きな原因だと思われます。

 

 インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。-日本経済新聞

 

上の画像はマウントゴックスが波状して原因でビットコインの価格が低下したグラフになります。(2013年11月から2014年3月のチャート)

この事件をきっかけに、「ビットコインは危ない」「仮想通貨は危険だ」というイメージがついたと思います。

そして現在でもそのイメージを持っている人もいます。 

ですが、マウントゴックスが波状した時のビットコインの価格は6万円だったのが2017年末には歴史的な価格として200万円に到達しています。

原因はマウントゴックスのセキュリティの問題と言われています。また内部の犯行とも言われ、当時社長であったマルク・カウプレス氏が顧客のビットコインを盗んだという容疑で裁判にかけられていました。

しかしながら2017年に、ギリシャで6年にわたり『4400億円のビットコインを盗んだとして男が逮捕🔗』されています。その犯人はマウントゴックスのビットコイン流出も関係しているとのことです。

現在の国内仮想通貨取引所のセキュリティについて

このことで考えることは、仮想通貨はデジタルの通貨。つまり盗まれやすい可能性があるということです。 

現在の国内仮想通貨取引所は顧客の資金をコールドウォレットと言ってオフラインのウォレットに保管するようにしています。

以下コインチェックの資産の保管についての説明です▼▼

お客様及び bitFlyer が所有する 80% 以上のビットコインは、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されています。コールドウォレットは多数の物理セキュリティロックと、24 時間監視システムにより強固に守られております。

ビットフライヤーより

仮想通貨は盗まれると帰ってこない可能性が高いため、しっかりとセキュリティ対策をして保管する必要があるということです。

取引所のセキュリティが高くても、特に使用者が二段階認証をしていないなどは、仮想通貨が盗まれる可能性があるため、しっかりと二段階認証をしておく必要があります。

取引所のハッキングについて


これまで仮想通貨取引所を牽引してきた、「コインチェック」や「ザイフ」では仮想通貨が流出するという事件が発生しました。

仮想通貨取引所で仮想通貨が流出した主な理由については

▶️取引所が小規模であったため、仮想通貨の監視体制が不足していた。

▶️仮想通貨をオフラインのコールドウォレット常時保管していく必要があるのに、一部オンラインのウォレットで
保管していたため、そこから仮想通貨が盗まれてた。

と、取引所の規模とセキュリティに体制の構築が不足していたと言えます。

ヨリコ
ヨリコ
こう言ったことから、国内での大手企業のマネックスが「コインチェック」を、フィスコが「ザイフ」を買収して今後大手企業が舵を取ることになっていくわ。

大手企業が仮想通貨業界に侵入してくるこの流れは続くと思うわ。

 

詐欺の仮想通貨はどのようなものなのか?

仮想通貨は現在1000種類以上にものぼり、このうち詐欺は90%以上を超えていると言われています。つまり金儲けの道具として仮想通貨を作っている人が多いと思います。

仮想通貨という名で資金を集めるためです。

では詐欺通貨の特徴とはどういうものでしょうか? 

以下の項目にその傾向をまとめていますが、あくまでも傾向ですので一部当てはまっても詐欺ではない通貨もあると思います.

 

  • 大手の仮想通貨サイト(ニュース)で取り上げられていない。
  • 大手の仮想通貨取引所で取引されていない。
  • 未公開通貨は資金を失うリスクがあることを理解する。

 

詐欺が狙うのは3番目の未公開通貨つまりICOというものです。 

このICOはまだ取引所にリリースされる前に資金を集めることを目的としたもので、詐欺通貨は主にこう言った機会を狙います。 

未公開通貨はまだ取引所に公開されていないため、公開前に計画が破綻して資金を失う可能性があることは理解しておくことが必要です。

こう言った事例もあるため、ICOに参加する人は依然として多いのです。ですが、初心者の方は仮想通貨の知識が身につくまで手を出さないことが大事だと感じています。

詐欺の通貨として世界的に有名なものに「ONEcoin(ワンコイン)🔗」というものがあります。また国内では「クローバーコイン🔗」も詐欺として疑われていました。

 仮想通貨の値幅が大きい


仮想通貨おいて、感じるのが値幅が大きいということです。 

株や外国為替に比べても1日の値幅が大きく、10%も価格が動くこともあります。

ですがこれまでのビットコインや他の仮想通貨は右肩上がり、たとえ買って一時的に価格が下落しても一時すると価格が上がりほとんどの方が利益を得ている状況です。

仮想通貨の投資で気をつける必要があるのは、『急騰後の急落🔗です。 よく仮想通貨はこれまで大きく一気に値上がりした後は急落する特徴があります。

関連記事▼▼

あわせて読みたい
【厳選!】仮想通貨投資の失敗談4選!〜失敗する人の特徴と借金これまでで私の仮想通貨投資(ビットコイン等)を含めて、仮想通貨で失敗した人の特徴を実際の失敗例を交えてご紹介します。 「仮想通貨投...

 

仮想通貨の危険性と値上がり益

仮想通貨はこれまで盗まれたきた歴史から怪しいイメージを持たれている人もいます。 

ですがそれにも関われず価格上昇してきているのです。

ではなぜ中長期的に価格は上昇してきているのか?

上のチャートはビットコインの2017年6月から2018年3月のチャートですが、約1年前である20万円と比較して、1年後は95万円と中期的に価格をあげてきています。

価値があるから盗まれるということ。

ビットコインなどの仮想通貨を盗もうとするのはハッカーです。 

基本的に価値がないものは誰も盗みません。 価値があるからこそ盗むのであって、これは非常に重要な視点となります。

盗まれるから危険なのではなくて、価値があるから盗まれるということです

盗まれるのは現金であれ、振込詐欺であれば同じなのです。

2018年1月に国内の仮想通貨取引所コインチェックで『580億円相当の仮想通貨ネムがハッキングにあい流出🔗』しました。

この金額は当時世界最大級の流出金額と言われています。*コインチェックはその後被害者に現金で流出した分の被害額を保証をています。

このように仮想通貨を取り扱う取引所も常にハッカーに狙われているのです。

個人のウォレットで仮想通貨を保管する重要性

最近では仮想通貨を取引所においておくのではなく、個人用ウォレットとして『レジャーナノS🔗』などを個人で所有して保管し、セキュリテイを高めることも増えてきています。

私も金額が大きいものに関しては、個人用のウォレットで保管しています。

あわせて読みたい
公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレットビットコイン以外にも仮想通貨リップルやイーサリアムなど多くのアルトコインの保管ができるレジャーナノs(Ledger-nanos、ハードウ...

仮想通貨は実用化されてきている。

ビットコインは実際決済手段として一部の店舗で使われきており、有名なところでビックカメラやDMMやメガネスーパーなどがあります。

実例として以下のものがあります。

仮想通貨は怪しい、危険だというイメージでいる人が一部としている反面、仮想通貨のブロックチェーンを使った技術の普及は世の中はどんどん進んでいるのです。

仮想通貨は安全資産としての役割を持つのか


ビットコインを含めて仮想通貨は支払いができますが、中でも「安全資産」として注目を集めてきています。

金融危機が発生した国の国民はビットコインを購入しているという事実があります。

その理由としては。

安全資産として機能

▶️自国の通貨の値下がりより仮想通貨の方が値下がりが少ない。

▶️仮想通貨は「管理者がいない」ため自分の資産として保有することが可能。つまり法定通貨と違い政府に没収する可能性が低い。

▶️仮想通貨のウォレットには秘密鍵がついており、秘密鍵さえ知っておけば、他国に亡命しても仮想通貨を元の状態に復元することが可能。

ということが挙げられます。

 

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨を価格だけで判断するのではなく、「なんで仮想通貨は取引されているのか?」「仮想通貨の価格が下がっているけど、仮想通貨に対するニュースはどうなっているのか?」という視点がとても重要ね!
ケイシ
ケイシ
ビットコインが2009年に誕生してこれまで価値を持ち続けてきた(法定通貨と交換ができるため。)のは、安全資産や通貨としての重要があるからだと考えています。

本当に意味がなく、価値だけついているものであれば10年も価値を持ち続けることなんてないからです。

仮想通貨投資では夢がある、しかししっかりとした知識が必要

この記事を書いている私についても2016年から仮想通貨に投資をしており、100万円以下の元手での1000万円以上の収益を得ています。

1000万円の資産を手に入れるのに、普通の会社員の人はどれだけ働かないといけないのでしょうか。 また特に年功序列で若い人の給料は安く、また若い青春時代の貴重な時間を割いて仕事をしているのが現状となっています。

そう言った中で少額からでも大きなリターンの可能性がある仮想通貨では人生をかえる経験をした人は少なくないのです。

関連記事▼▼

あわせて読みたい
仮想通貨投資で1000万円利益を上げて学んだこと。誰(初心者)でも稼げるの?仮想通貨は本当に若くても誰でも儲かるのか?  2015年から始めたビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)...

 

私の話になりますが、2017年1月にビットコイン価格が10万円だった時に、現在年金受給者の父に電話して、「ビットコインはこれから将来性があるから勉強して投資をしてみたら?」と提案してみました。

父はそれに対して「危ないから、やめた方がいいと」という返事でした。父はよく知りもしないのに、仮想通貨は危ないと決めつけていましたが、しかしながら2017年末ビットコインは『200万円を記録』しているのです。

 

仮想通貨の投資については、投資する人が納得して投資をすることがとても重要になってきますし、そのためにも仮想通貨の基礎知識について、しっかりと知っておく必要があります。

本サイトでは「無料メルマガ」では20回程度毎日メールでしっかりと仮想通貨の重要な部分を学習できるようにメールを配信しています。 そしてこれまで多くの人が仮想通貨で利益を上げてきています。

仮想通貨が効率よく学習できる、そして最新のニュースが受け取れる「無料メルマガ」はこちら

無料メルマガはこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら