ニュース

松居一代(芸能人)さんが仮想通貨ミンドルに投資〜ICO詐欺の情報。儲かるのか?

仮想通貨ミンドル(MINDOL)というICO(トークンセール)に投資を宣言した芸能人の松居一代さんが、怪しい仮想通貨にだまされているのでないかという声が上がっています。

離婚問題でも世間をにぎわせている松居一代さんですが、投資歴は長いということで、もちろん利益を意識してのことだと思いますが、仮想通貨投資をご自身のアメーバブログ(アメブロ)で書いています。

しかしながらミンドルについては、国内の「仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)」に上場すると発言していたことが、公式的にザイフから否定を受けたりと色々と問題もあるようです。

芸能人で仮想通貨のアドバイザーとなっている「ガクト氏」についても、スピンドルという通貨については、実用性が本当にあるのかの懐疑の声が上がっています。

あわせて読みたい
ガクト(Gackt)が仮想通貨事業をスタート〜Spindleの詐欺の可能性は?国内で有名なミュージシャンである「ガクト氏(本名:大城ガクト、Gackt)」が事業家として仮想通貨「Spindle(スピンドル)」のIC...

 

松居一代さんがアメブロで仮想通貨投資を宣言

実はあたし… 仮想通貨に参入したんです これまで、仮想通貨には手を出しませんでしたが… 時代の流れとでも申しましょうか 投資家として、「よーし!! いくか!!亅と人生初の仮想通貨を購入したんです」(松居一代ブログより)

 

このブログではただ、仮想通貨のミンドルに投資をしたということが記載されているだけで、その理由は述べられていません。

仮想通貨ミンドルとは

俗に「オタク文化」ともいわれる日本のサブカルチャーは、インターネットの普及とともに全世界へ広がり、クールJapanの強力なコンテンツとなりました。経済産業省調べによると、日本の映画、アニメ、TV番組、音楽、ゲーム等の国内コンテンツ産業の市場規模は約12兆円にのぼるとされています。

このような世界的潮流を背景にしMINDOLプロジェクトでは「クールJapan」を基本軸とした、 アニメ、映画、ゲーム、漫画、音楽等のサブカルチャー・ポップカルチャーの分野での新しいコンテンツを創出していきます。

コンテンツ産業は、1つのコンテンツが色々な形で表現され、様々なビジネスに派生する特徴がある為、各市場が相互に影響を受けながら成功しています。

 

 

ミンドルはこのように日本の「オタク文化」についてコンテンツは発信するプロジェクトとしています。

仮想通貨取引所「ザイフ」がミンドルの上場を否定


当初仮想通貨ミンドルは、ザイフに6月1日に上場するという発表をしていました。

しかしながら上のザイフの公式ツイートより、それは否定されています。

上のツイートように、以前から「ザイフで仮想通貨ミンドルが上場する。」と発表して言いたため、ミンドルが売り切れたとなっています。

もしかしがらその発表で、ミンドルが大量に購入された可能性もありますが、実際は公式的にザイフから否定をされており、すでにこの時点で購入者の信頼を揺るがすことになっています。

(参考記事)仮想通貨取引所ザイフの特徴はこちら

仮想通貨ミンドルは海外に資本を移す。

MINDOLプロジェクトを世界へ本格発信するべく海外の資本を受入る事を正式決定した事をここにお知らせ致します。更に、世界のエンタメ・サブカルファンの皆様に受け入れられるよう、後述するとおりシステム体制の強化としてイーサリアムベースのトークンへと換装する準備と最終調整が終わり市場公開前に本番環境で多額のコストを費やしテストトレードやセキュリティに関するテストの最終調整を行っております。現在、上場に向け海外取引所規約及び市場公開規約に沿って準備を進めております。コンプライアンスに基づいて進行しておりますので具体的日時等は、直前まで非公開となりますので予めご了承下さい。

 

上のようにミンドルは、資本を海外に移す発表しています。

その理由としては、国内初の仮想通貨として国内取引所に上場させるためには、金融庁の認可が必要になると思われるため、ハードルが高いからです。

そして仮想通貨のICOが規制されている日本でこのように国内企業がセールをすること自体が、事業自体にリスクを持つことになります。

そう言った理由として海外に資本を移すことにしていると思います。

イーサリアムベーストークンとは?

ミンドルは当初上のように「カウンターパーティー」という仮想通貨でミンドルが作れているとしていました。 ザイフではカウンターパーティーの仮想通貨を取り扱っており、そこで取引がされるということでした。

イーサリアムベースとは、簡単にいうと「イーサリアムからミンドルを作る」ということで、ミンドルに限らず、仮想通貨のノアコインや世界中の多くの仮想通貨がイーサリアム から作られています。

なので、イーサリアムから作られた仮想通貨は「マイイーサウォレット」というウォレットで保管することができるのです。

ミンドルに多くの詐欺の声が。。。

なぜ詐欺と言われるのか

なぜこのようにICOが詐欺と言われるのかというと、多くのICOは実用性がなく、「ただのお金目的のために」仮想通貨を利用しているのが実態だからです。

なので安易に芸能人を使ったりして資金集めをしているところはやはり信頼性がかけると感じます。

事業会社自体はお金さえ集まればなんとかなると思っているかもしれません。

海外での取引所に上場ということですが、海外の取引所は国内に比べて規制が低いため、将来上場する可能性はないとも言えません。

それは今後ミンドルがどれだけ資金を集めれるかにかかっているのではないかと思います。

仮想通貨ミンドルで儲かるのか?

もちろん儲からないということは断言はできません。

もしミンドルが仮に、海外の取引所で上場したとします。 その際に一度高騰をして、ICOで買った価格を超えて、そこで通貨を売ることができれば儲かることができるからです。

ですがその出来事は短い時間なのでチャートに張り付いたりと簡単ではないでしょう。

そして、多くの仮想通貨はそれは一瞬でその後ICOより低い価格で推移をしていることがほとんどなのです。。。

ICOの投資は大きなリターンが得れる反面、多くのものがマイナスになっているので投資するときにはしっかりと通貨のことを調べる必要があります。

最近「仮想通貨ドカデミック」ではICOから参加した私は利益を得ることができました。ドカデミックではあのマカフィー氏がアドバイザーを務めている通貨になります。

(参考記事)仮想通貨ドカデミックが上場後に高騰

初心者が投資すべき仮想通貨とは

初心者の方は特に仮想通貨投資では、世界で取引されている「時価評価が高い仮想通貨」がオススメになります。

上の画像は「コインマーケットキャップ」というサイトで時価評価額が高い通貨順に仮想通貨が表示されているので便利です。

その特徴としては、

・時価評価額が高いということは世界中で取引されている。

・大手ヘッジファンドも時価評価額が高い通貨を取引している

・よく取引される通貨は、「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」

・国内取引所では海外に比べて取扱通貨数は少ないが時価評価額が高い通貨を取り扱っている。

以上のことが言えます。

そうした上で、余裕資金として興味がある通貨(ICOを含めて)については少し投資するという感覚がいいとと思います。 以前ほどICOは上場後に儲からなくなっていますし、もちろんその後爆上げする可能性もあります。

ですが総合的に判断して芸能人の仮想通貨については興味がある場合はあまり大きなお金を入れるのはリスクが高いと言えます。

仮想通貨の買い方や、買うことができるオススメの取引所は下記の記事を参考にしてください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら