ニュース

Polygon(ポリゴン) PoS チェーンがハードフォーク〜取引手数料、処理速度の改善

大手企業とも提携し影響力を高めているイーサリアムL2(レイヤー2)のPolygon(ポリゴン 仮想通貨名はMatic)がアップデートのためにハードフォークを予定しています。

ハードフォークの具体的な内容は取引手数料の変動をなるだけ抑えることと、処理時間を短くするということです。

NFT関係などで特にPolygon(ポリゴン)がスターバックスやコカコーラなどと提携をしており、その処理に耐えることができるかといったところが注目されていました。

これについては、大手企業は信頼できるチェーンをまずはテストする形を取っているのではないかと。そしてPolygonはそれに伴い今回ハードフォークを行い、手数料の変動を押さえ、処理の混雑時の手数料削減をする予定です。

ゼロ知識証明を取り入れたZkEVMも今年期待されていることから、Polygonに注目が集まっていると言えます。

ヨリコ
ヨリコ
Polygonの仮想通貨MATICは国内ではビットバンクで取り扱いしているわ。

◯ガス代(送金手数料)の変動を下げ安定させる

◯取引処理時間を短くする

原文

ハードフォークの到来: Polygon PoS チェーンをアップグレードしてパフォーマンスを向上させる

Polygon PoSチェーンが最初にローンチされたとき、イーサリアムのスケーリングの問題に対して切望されていたソリューションが提供されました。

ユーザーも開発者も同様にイーサリアムの好きなすべてを提供しましたが、処理速度は速く、料金は低くなっています。

現在、数万の分散型アプリ、2 億 700 万を超える一意のアドレス、23 億を超えるトランザクションの処理、および二酸化炭素排出量(POSのためPOWに比べてCO2が非常に少ない)小さいPolygon PoS チェーンは、dApps の最高の目的地として浮上しています。

Uniswap や Aave などの最大の Web3 プロジェクトのほか、Robinhood、Adobe、Stripe などの大企業の本拠地です。

しかし、これは始まりに過ぎません。

Polygon zkEVMのようなスケーリングのための他の有望な技術が構築されている間でさえ、並列化のような Polygon PoS への長期的な技術的アップグレードが行われています。

しかし、ポリゴン PoS のパフォーマンスと予測可能性を改善するためのより迅速な手順もあります。提案が実現するには、ネットワークの承認が必要です。

フォーラムでの議論とコミュニティからのフィードバックに基づいて、以下を目的とする重要なハードフォークが提案されます。

ガススパイクの重症度を軽減します。


最終決定までの時間を短縮するために、チェーンの再編成 (再編成) に対処します。
提案された Polygon メインネット ハードフォークのタイムラインは次のとおりです。

V0.3.1 ハードフォーク — 2023 年 1 月 17 日
以下では、提案されたハードフォークの変更と、それらがユーザー、バリデーター、および開発者にとって重要である理由を詳しく見ていきます。

FAQ が含まれており、潜在的なアップグレードが何を意味するのかについての疑問に答えるのに役立ちます。

アップグレード #1: ガススパイクを減らす

提案:
BaseFeeChangeDenominatorを現在の値 8 から 16 に変更します。

これにより、ガスがブロック内の目標ガス制限を上回ったり下回ったりした場合のbaseFeeの増減率を滑らかにすることができます。

理由:
トランザクションをブロックに含めるには、ガス料金 が 必要です。「基本料金」は、ブロック組み込みの最低料金であり、 EIP-1559に従って設定されます。

イーサリアムの手数料モデルを変更するEIP1559とは? EIP1559は、このガス代の問題を解決することが期待されている提案で、①ベースフィー (基本手数料)の仕組みの導入と②ベースフィーで支払われたトランザクション手数料のバーンの2つが含まれます ー参考記事

オンチェーン ガス ダイナミクスはほとんどの場合うまく機能しますが、チェーンが高い需要を経験すると、ベース ガス料金は指数関数的なスパイクを経験します。

ブロックチェーンプロトコルの需要が急増している間は、ガス価格の上昇は正常です.。

しかし、指数関数的な価格上昇を表す「ガススパイク」はそうではありません。これらは、EIP-1559 と Polygon PoS チェーンのより高速なブロック時間 (~2 秒) の結果です。

ハードフォーク後の期待:
分母を 8 から 16 に増やすことで、成長曲線を平らにすることができます。これらの結果は、過去の Polygon PoS メインネット データに対してバックテストされました。ガス価格の激しい変動を平準化するために、基本ガス料金の変更率が現在の 12.5% (100/8) から6.25% (100/16) に低下すると予想されます。

需要のピーク時にガスは依然として増加しますが、現在のイーサリアムのガスダイナミクスの仕組みに沿ったものになります。目標は、スパイクを滑らかにし、チェーンとやり取りするときのエクスペリエンスをよりシームレスにすることです

ヨリコ
ヨリコ
要するに通常時の手数料は少し上がるけど混雑時の手数料を下げることで全体的に手数料を下げるということを行うのね。

アップグレード #2: チェーンの再編成 (Reorgs) への対処

提案:
スプリントの長さを 64 ブロックから 16 ブロックに減らします。

長さを 16 ブロックに短縮することで、このアップグレードは、単一のブロック プロデューサーが現在 (約 128 秒) よりもはるかに短い時間 (約 32 秒) 連続してブロックを生成することを意味します。そうすることで、再編成の深さが減少します。

ヨリコ
ヨリコ
取引処理速度が短くなる

理由:
「スプリントの長さ」は、バリデーターが Bor チェーン上で連続するブロックを生成するブロックの数を表します。ス

プリントの長さを短くすることで、バリデーターが継続的にブロックを生成する時間が減少します。結果?2 次または 3 次バリデーター (1 次バリデーターを発見していない) がブロックを生成する可能性を減らし、全体的な再編成を減らします。

再編成は、確率的コンセンサスに依存する Polygon PoS チェーンのアーキテクチャにより可能です。トランザクションのファイナリティは、トランザクションを含むブロックの上に確認された有効なブロックの数に基づいて達成されます。Polygon PoS チェーンでは、アプリケーションは約 50 ブロック待機してから、トランザクションの最終処理を検討します。

再編成は、バリデーター ノードがチェーンのより長い、またはより高いバージョンを示す新しい情報を受信したときに発生します。難易度が最も高いチェーンは、「正規」チェーンと呼ばれます。より長いバージョンのチェーンがより多くのブロックとともに到着した場合、これが新しい標準チェーンであり、古いチェーンは破棄する必要があります。

再編成は、トランザクションのファイナリティに影響を与え、トランザクションがチェーンの正規バージョンの一部であることをアプリケーションが確信できなくなる可能性があります。

ハードフォーク後の期待:
ハードフォークは、スプリントの長さを短縮することで、再編成の頻度と深さを減らし、トランザクションのファイナリティ(取引の承認速度を向上させるのに役立ちます。

この変更は、バリデーターが生成するブロックの合計時間や数には影響しないため、全体的な報酬に変更はありません。

再編成とガス スパイクに関する開発者向け情報については、Polygon Builder のセッションの最初のエピソードをご覧ください。

よくある質問

Q: 委任者と単に MATIC を保持している人は、今後の Polygon PoS アップグレードに備えるために何かする必要がありますか?

A:いいえ、これらのグループはアップグレードの準備をする必要はありません。

Q: Polygon PoS にデプロイされた dApps は、ハードフォーク中またはハードフォーク後に影響を受けますか?

A: Polygon PoS にデプロイされた dApps は、ハードフォーク中またはハードフォーク後に影響を受けません。

Q: Polygon PoS チェーンへのインフラストラクチャ プロバイダーは、ハードフォークにより影響を受けますか?

A:すべての Polygon PoS ノード (セントリー、フル ノード、バリデータ、またはアーカイブ ノード) は、1 月 17 日までに Bor をアップグレードする必要があります。ノードの同期を維持するには、アップグレードする必要があります。

Q: 次のハードフォークに備えるためにバリデーターは何をする必要がありますか?

A: 詳細な手順については、こちらをご覧ください。

Polygonの関連記事

スタバがNFTのポイントサービスを開始へ──ポリゴンを採用

飲料大手コカ・コーラ、ポリゴンで「プライドシリーズNFTコレクション」を発売

Polygonの仮想通貨MATICは国内では手数料が安いビットバンクでの取引がおすすめです。

ビットバンク(bitbank)CC取引所について〜評判と特徴(手数料等)について
ビットバンク(bitbank)取引所について〜評判と特徴(手数料等)についてビットバンク(bitbank)とは国内仮想通貨取引所であり、ビットコイン以外にもイーサリアムをはじめとするアルトコイン(リップル、ライト...
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら