ニュース

ネム(nem)1年の値上がりが700%を超える!〜スナップショット前の上昇

ネム(nem)1年の値上がりが700%を超える!〜スナップショット前の上昇

暗号資産(仮想通貨)ネム(nem 通貨単位XEM)が32円を記録し、1年の値上がりが770%(7.7倍)となりました。(年内最高値)

1月14日にネムのスナップショットが予定されており、その際に保有していたネムと同じ数量の新通貨であるシンボル(symbol)がもらえます。*対応ウォレットでの保有が必要。

以前からネムを保有していた投資家は「一体どこでスナップショット前の高値を迎えるのか?」ということ、そしてこれからネムを買おうしている人は「一体どこで買えばいいのか?」ということを検討している投資家が多いのではないでしょうか。

同じスナップショットを迎えたリップル を参考に検証していきます。

ネムが32円を記録し1年の値上がりが770%に

12月19日に暗号資産(仮想通貨)ネムが大きな上昇となり、32円を突破し、1年の値上がりが770%となりました。

ネム は1年前には約4.1円の価格でした。

ヨリコ
ヨリコ
まさかここまで上がるとは予想していた人は少なかったのではないかしら。ネムの値下がりは他の通貨以上にかなり多かったから。。。

ネムの値上がりについては、コインゲッコーの取引所別の出来高で調べてみると、ザイフ(日本)、バイナンス(海外)、アップビット(海外)、ビットスタンプ(海外)と、日本以外でも海外からの資金流入が目立つ形です。

1月14日にスナップショットを迎えるネム

ネムを1月14日に時点で保有していると、それと同数の新通貨シンボル(symbol XYM)が付与されることになっています。

シンボルはネムに変わる新通貨として配布されることになっていますが、ネム はシンボル配布後に残ることになっています。(ネムのその後の使い道は不明)

シンボル配布前の高騰で利益を狙う投資家、またシンボル配布前にネムを安く買って無料でシンボルをもらおうと考えている投資家。

この辺の心理戦が展開されそうです。

仮想通貨ネム(nem)、シンボル(symbol)のオプトインの詳細を解説〜日程と内容
仮想通貨ネム(nem)、シンボル(symbol)のオプトインの詳細を解説〜日程と内容仮想通貨ネム(nem 通貨単位:XEM)を保有している人は、2020年12月1月にシンボル(symbol 通貨単位XYM)という新しい仮...

リップルの最高値はスナップショットの18日前

12月に暗号資産(仮想通貨)リップルがスナップショットを迎えました。これはリップル を12月12日時点で保有しているとSparkトークンが無料では配布されるものです。

Sparkトークンは、リップルの代わりとなるものではなく、リップルのエコシステムに必要なものなので、ネムのシンボルとは位置づけが変わってきます。

そしてリップルの値上がりが最高値となったのが、スナップショットの12月12日の18日前の11月24日だったのです。

オオヒラ
オオヒラ
この辺の時期をネムの最高値の予想として比較している投資家は多いかもしれません。
リップルが再び反発上昇!コインベースがSparkトークンの配布を決定
リップルが再び反発上昇!コインベースがSparkトークン(スパーク)の配布を決定暗号資産(仮想通貨)リップル(通貨単位:XRP)が2020年12月6日に65円の価格へ再び高騰しました。 アメリカ最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるコインベース(coinbase)がリップルのSparkトークン配布に対応する旨の発表したのが大きな要因となっています。 コインベースは今や世界的な取引所となっているため、この発表は他の取引所にも影響を与えることになると考えられます。...

まとめ

ネム は1年で770%以上を記録するなど非常に高い上昇となっています。

リップルのスナップショットとは違い、ネムのスナップショットでは新しい通貨のシンボルが配布されるため、スナップショット後のネムは大きく売られる可能性も否定できない状況です。

しかしながら今後ネムの新通貨としてのSparkトークンについては期待が集まっている状況です。

今後ネムは32円からどのような価格の動きをみせるのか注目が集まりそうです。

ヨリコ
ヨリコ
ネムはコインチェックなど国内の大手取引所で購入可能よ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算はクリプタクト

2016年から多くの実績がある暗号資産(仮想通貨)の損益計算所であるクリプタクト。

国内だけでなく海外取引所を含めて暗号資産(仮想通貨)の損益計算に対応

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら