わかりやすい仮想通貨入門

仮想通貨の勧誘詐欺の特徴と注意点【実際の体験談】〜若い人(若者)がターゲットに

仮想通貨の勧誘詐欺の特徴と注意点【実際の体験談】〜若い人(若者)がターゲットに

2019年はビットコインなどの仮想通貨が4月から大きく価格上昇したこともあり、新しい海外事業の仮想通貨コイン(いわゆるICO)に勧誘する詐欺・トラブルが増えてきています。

最近は20代の学生など若い人(若者)を狙ったターゲットが多く、知り合いを通じてカフェでの勧誘、SNS(インスタやツイッター)を使った勧誘が増えてきています。

基本的に「友人や知り合いを通じて対面やセミナーなどでの仮想通貨の勧誘については警戒が必要」と考えておいたほうが良さそうです。

ヨリコ
ヨリコ
勧誘する詐欺業者は、投資する人に「新しいコインに投資をさせる、出資をさせる」というのが特徴なの。

詐欺の仮想通貨の特徴を知ることは、仮想通貨投資で収益を上げていくことにつながります。

詐欺の仮想通貨がある→全て仮想通貨は詐欺 ではなく、どうすれば仮想通貨投資でしっかりと運用ができるかという視点が重要です。

仮想通貨のマルチ商法、SNSで勧誘 若者から相談増加

仮想通貨(暗号資産)や海外事業への投資をめぐるマルチ商法について、10~20代からの相談が増加している。友人やSNSで知り合った人から勧誘され契約したものの、事業者やもうけ話の仕組みの実態が不明なため、解約・返金の交渉が難しいケースが多いとして、国民生活センターは25日、注意を呼びかけた。ー

このように近年は若い人をターゲットとして勧誘が増えてきているのが現状です。

画像参照元・・エキサイトニュース

上の画像は近年のマルチ商法に関わる相談件数の推移を示しています。

時期全体若者
2016年113672086
2017年119642074
2018年105262481

近年の相談推移を見ると、全体的にはやや微減となっていますが、若者に対する相談が増えてきているのが現状です。

2017年度からは投資や副業などサービスに関する相談が上回る。サービスに関する相談は18年度5490件あり、うち29歳以下が2481件で14年度から3倍近く増えた

ケイシ
ケイシ
若者をターゲットにする理由は

投資の知識がなく、好奇心が旺盛で騙しやすい。

知り合いの紹介なので断りにくい。

といった理由があるみたいです。

ヨリコ
ヨリコ
お金を持っている人は、色々と知識があるから騙しにくのもあるから、若い人が簡単なのかしら。

でも学生なら数万円くらいしか投資ができないと思うけど。

中学時代の友人に「いい話がある」と誘われた20代男性は、同席した別の勧誘者から「海外の不動産に投資すれば仮想通貨で配当がある。投資者を紹介すれば紹介料として投資額の10%を受け取れる」と言われ、消費者金融から計130万円を借りて友人に渡した。セミナーで投資ではなく勧誘の仕方ばかり説明されて不審に思い、友人に解約の連絡をしたが、半額しか返金できないと言われた

ヨリコ
ヨリコ
以下の参考記事は、世界的に詐欺で有名な仮想通貨ワンコインと通貨よ
あわせて読みたい
OneCoin(ワンコイン)の現状と今後の動きについて〜仮想通貨ICOで詐欺と疑われているもの「One coin(ワンコイン)という仮想通貨の評判は?詐欺通貨ですか??」 「Onecoinは儲かるの?上場したんですか?」『ビットコ...

【実際の体験談】新しい仮想通貨に投資をさせる詐欺

実施に私が聞いた20歳の女性の体験談についてこれからご紹介していきます。

女性
女性
私今キャバクラでバイトしているんだけど。

そこで働いている子に仮想通貨に投資すれば儲かるって言われたんだ。詳しい人を紹介してくれることになって後日カフェで会うことになった。

ケイシ
ケイシ
なるほど。

カフェではどうだったの?

女性
女性
男性の方がきて、「●●ゼン」という仮想通貨を勧めらたんだ。ICOというらいしい。

なんか日本でも有名な大学の教授がプロジェクトに関わっているらしい。

値上がりは必ずするって言われた。本当にすごいプロジェクトみたい。

ケイシ
ケイシ
なるほど。。。 値上がり必ずするって分からないよ。投資に絶対はないから。 そもそもそんなすごいプロジェクトわざわざ投資の知識のない若い子に勧誘するのかなぁ
女性
女性
とりあえず7万円投資することにしたよ。3倍値上がりすれば21万円くらいにはなりそう。
ケイシ
ケイシ
そうなんだ。やめたおいたほうがいいと思うけど。。

その後のその仮想通貨について

ケイシ
ケイシ
そういえば、その後その仮想通貨どうなったの?
女性
女性
なんか、海外の取引所に上場したらしい。 でも価格がいくらになったかは見てなくて。

実際のその勧誘された仮想通貨について調べてみました。

その仮想通貨は調べてみると4回のプレセールが行われたみたいです。

時期価格
第1回プレセール0.1円
第2回プレセール0.2
第3回プレセール0.5
第4回プレセール
一般販売2円から5円

この価格を見ると第1回プレセールで購入した人の価格は「0.1円」この価格からその後の価格を比較すると

第4回プレセールでの価格と比較すると第一回プレセールは10倍安く買える

一般販売の価格と比較すると第一回プレセールは20から50倍安く買える。

ということが言えます。

ヨリコ
ヨリコ
これをみると、後から買った人は「カモ」と言わざる終えないわ。。

プロジェクトの中身抜きにして、ただのギャンブルで儲けようと思っても、私からしたら第1回プレセールで購入する以外の選択肢はないわね。。。

ケイシ
ケイシ
この内容だと、運営側やその関係者が第一回プレセールでコインを買い占めて大儲けできることが容易に予想できるでしょう。。

その後その仮想通貨について実際に調べた情報(ツイッター)によると。

時期価格第1回プレセールと比較した時の価格率
4月10日1円+10倍
5月16日1.6円+16倍
6月7日0.01円ー100倍

仮に第1回プレセールから通貨を買った場合、4月の時点では10倍の値上がり、5月ではさらに上昇し16倍。

そして6月7日ではー100倍と信じられない暴落となっています。

ヨリコ
ヨリコ
要するにこれをみると、早期に売り抜けできた人は利益を取れたことになるわね。

というか最終的にー100倍になるコインなんて中身があるプロジェクトに思えないわ。だって本当にちゃんとしたプロジェクトだとみんな将来的にコインを保有するもの。

この仮想通貨のICOの事例でいうと最初に投資をした人が大きく儲ける仕組みになっている。 最終的に価格が第一プレセールの100分の1になっことを考えると仮想通貨のプロジェクトではなくただのギャンブルとしかみられて無かったと言える。

 

勧誘業者は新しい仮想通貨に投資させるという手口について

これまで説明してきたように勧誘業者は、新しい通貨に通貨を投資させようとする場合が多いです。なぜなら

新しい通貨に投資させて、上場直後の通貨の値上がり益で利益をネコババするため

だからです。

例えばビットコインなどの通貨を買わせる場合でも最終的にはビットコインを使った新しい通貨に投資をさせようとします。

なぜなら

ビットコインを買わせても運営者側は儲からないから

ということになります。

ヨリコ
ヨリコ
そうそう。

詐欺の仮想通貨で被害が出ると「ビットコインが悪い、危ない」なんて思う人が出てくるけど、「別にビットコインは何も悪くない」のよ。

ただ詐欺集団がビットコインを使った新しい詐欺の通貨に投資させただけ

【意味不明】ビットコインが値上がり→新しい仮想通貨を買うともっと値上がりする。

上の図は2019年のビットコインの価格チャートになります。

2月に37万円だったビットコイン6月末にはなんと150万円を記録します。

ビットコインが上がった→仮想通貨は値上がりする!*なんてことはない

ケイシ
ケイシ
ビットコインの価格が上がったのは、ビットコイン自体に価値を感じてビットコインを買った人が多かったから価格が上がったのであって、新しい仮想通貨とは何も関係ないのです。
あわせて読みたい
ビットコインの価格が130万円を超えた!〜年末に向けさらに期待が持たれる。仮想通貨ビットコイン(bitcoin 通貨単位BTC)の高騰が続きついに130万円の価格を記録し2018年1月と17ヶ月前の水準となりま...

しかしながら投資のチャンスはある→ビットコインがなぜ上がっているかを考える

ビットコインが上がると他の通貨に投資させようとう手口についてご紹介してきました。

しかしながら、仮想通貨には収益を出せるチャンスが2019年にはありました。

▽以下2019年6月末までの通貨の価格上昇

最安値最高価格上昇率
ビットコイン40万円135万円237%
イーサリアム11000円37000円236%
リップル31円50円61%

 

ヨリコ
ヨリコ
ちょうど2019年は米中の貿易摩擦の問題があって、経済不安からビットコインが買われたのよね。

これらの通貨の特徴としては

●時価評価額が高く世界中で取引されている。

●仮想通貨のニュースでも頻繁に取り上げられる通貨

●国内の仮想通貨取引所で取り扱いがある通貨

という特徴があります。

ヨリコ
ヨリコ
そうそう。

別によく知らない新しい通貨を買うのではなく、普通にビットコインを買ってもっていただけで儲けることができたのよ。 

その場合は、特に詐欺業者は儲からないけどね。

ケイシ
ケイシ
国内の仮想通貨取引所は金融機関の大手である、コインチェック(マネックス)、SBI、DMM、楽天など取引所を運営しています。

普通に考えてこのような日本を代表する大企業が詐欺の仮想通貨を取り扱うとは考えにくいですよね。

仮想通貨の取引を考えている人もコインチェックなどの仮想通貨取引所で運用が始められる準備をしておいた方がいいのかも知れません。

あわせて読みたい
おすすめしたい仮想通貨取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『仮想通貨取引所』というところで法定通貨である円で仮想通貨を...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら