SIRIN LABS(シリンラボ)

仮想通貨シリンラボトークン(SRN)が価格高騰!〜将来性と買い方

仮想通貨シリンラボトークン(SIRIN LABS Token 通貨単位SRN)とは、ブロックチェーンを使ったスマートフォン(スマホ)である「フィニー(Finny)」上で使用される仮想通貨であり、通貨の特徴と取引所における購入方法について解説してきます。

イスラエルに会社を持つシリンラボは、2018年10月にブロックチェーンスマホ「Finny(フィニー)携帯」を日本を含めリリースする予定としており、世界初の試みに注目が集まっています。

ブロックチェーンスマートフォンの売れ行き次第では仮想通貨の大きな流通と価格高騰の可能性もあり、一部の投資家から注目されています。

私が配信している「有料メルマガ🔗』で3月にSRNトークンに投資したことを配信していましたが、それから5月時点で約2倍の値上がりとなっています。

 

仮想通貨シリンラボトークンについて

 

項目内容
通貨名SRN🔗
発行上限573,145,073 SRN
主要開発者Moshe Hogeg
主な取引所ビットレックス、Huobi
ウォレットマイイーサウォレット🔗

シリンラボはイスラエルに本社をおく会社で、世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNY(フィニー)」携帯をリリースする予定としています。

フィニー携帯については、iPhoneの製造工場での製造、そしてあの携帯大手のHauweiとの提携も噂される携帯であり、世界的に展開していく予定としているスマートフォンであり注目されています。

そしてそのフィニー携帯で使われる仮想通貨が「SRN」というトークン(仮想通貨)になります。 

フィニー携帯の現段階での販売価格は10万8000円とされており、SRNトークンで購入が可能です。そしてスマートフォン上でもSRNトークンを使った取引(アプリサービスの利用)が可能と言われています。

またSRNを保管するウォレットは「マイイーサウォレット」ですが、とても重要なセキュリティ対策として私は「レジャーナノS🔗」とマイイーサウォレットを連携させ厳重に管理をしています。

シリンラボのスマートフォンが2018年10月にリリース

FINNEY™ by SIRIN LABS from SIRIN LABS on Vimeo.

 ブロックチェーン(分散型台帳)を活用したスマートフォン(スマホ)が10月、日本など5カ国で発売される見通しだ。イスラエルに開発本拠を置くシリン・ラブズ(スイス)は台湾の鴻海精密工業の子会社と組み、量産化の準備に着手。仮想通貨の保管、取引などのセキュリティーレベルが高いスマホを展開する。〜日本経済新聞社

 

イスラエルに開発本拠を置くシリン・ラブズ社は、今年の10月を目処に日本でブロックチェーンを活用したスマートフォンを発売する計画だ。日本経済新聞が30日に伝えた

 製造は台湾の鴻海精密工業の子会社である富智康集団(FIHモバイル)が手がける。日本のほか、米国、英国、韓国を含む5カ国で、仮想通貨の保管や取引に適した高セキュリティのスマホを展開する。ニムロッド・メイ最高マーケティング責任者(CMO)によると、新技術を試したがる人が多いため、これらの国を選定した。

 年内の目標出荷台数は10万台。世界初のブロックチェーンスマホの販売価格は約10万8000円と見られている。ーコインテレグラフ

 

世界初のブロックチェーン携帯としてメディアをはじめとして注目を集めています。

仮想通貨シリンラボトークンの価格について

昨年2017年12月にリリースされたSRNトークンは、1月に最大高値3.2ドルをつけました。 ICOから参加していた人は軽く5倍以上の値上がり益を得ていました。

その後仮想通貨市場全体が値下がりした2月、3月にSRNも値下がりし、4月以降に価格が回復してきています。

今後10月のブロックチェーンスマートフォンのリリースに向け、どのようなニュースが飛び出すか、そして価格がどう動くか注目しています。

仮想通貨バンコールもスマートフォンの可能性に期待

Bringing Cryptocurrency To The Mass Market from SIRIN LABS on Vimeo.

分散型取引所として期待されている「バンコール(Bancor)」の創始者である「 Guy Benartzi」も世界初のブロックチェーンスマートフォンに期待をしています。 *分散型取引所とは、従来の取引所に比べて、取引者同士が直接個人ウォレット間で取引できる取引所であり、コストが安く、セキュリテイが高い次世代の取引所と言われています。

仮想通貨カルダノとシリンラボが提携

時価評価額上位に位置する仮想通貨「カルダノ」カルダノの開発者であるチャールズホスキンソンはシリンラボのオフィスへ訪れ、提携を発表しました。

カルダノは大きなマーケティングの力を持つ組織と言われ、2018年の値上がりも注目を集めている通貨です。

あわせて読みたい
カルダノADA(エイダコイン)とは〜謎の価格爆上げ仮想通貨の予想仮想通貨として2017年に突如として現れたカルダノ(CARDANO 通貨単位ADA)は、取引所上場後になんと100倍以上の値上がりを記録...

 

シリンラボが取引できる取引所について

シリンラボトークンが取引できる取引所しては

引高が高く取引するにはオススメと言えます。

またSRN購入後は海外取引所にそのまま置いていくのではなく、個人用のウォレットで保管することをお勧めします。*海外の取引所は何かあった場合に日本の取引所に比べてリスクが高いと言えます。

マイイーサウォレットとコールドウォレットを連携させ保管

私が保管している方法は、マイイーサウォレットにSRNトークンを保管しているのですが、コールドウォレットである『レジャーナノS』と連携させ、セキュリティを高めています。

SRNトークンはイーサリアムベースの仮想通貨なのでマイイーサウォレットで保管可能ですが、ウェブのウォレットなので、マイイーサウォレット側も推奨しているコールドウォレットとの連携での保管が現時点ではおすすめと言えます。

関連記事▼▼

あわせて読みたい
レジャーナノSとマイイーサウォレットを連携しセキュリティを高める使い方主流のハードウェアウォレット(コールドウォレット)であるレジャーナノS(ledger-nanos)を使ってマイイーサウォレット(MyEt...

 

今後のシリンラボトークンに期待

世界初ブロックチェーンスマートフォンとして2018年10月に日本をはじめ仮想通貨大国でリリース予定とされています。 スマートフォンが売れればそれだけSRNトークンで取引されることになり、それが価格の上昇の引き金となると考えています。

フィニー携帯では、ブロックチェーン携帯として仮想通貨のコールドウォレットとして仮想通貨を保管したり、仮想通貨のアプリであるDappを標準装備し、次世代のスマートフォンとしてどのように展開していくのか今後も目が離せない通貨と言えます。

私の配信する「無料メルマガ🔗」でもその情報に関してもお伝えしていきます。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら