Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)で仮想通貨が67億円が盗まれる!〜流出原因と今後の補償内容と相場価格について

国内仮想通貨取引所zaif(ザイフ)で、9月20日未明に、ビットコインビットコインキャッシュモナコインがハッキング被害により盗まれたという発表がザイフから公式にありました。

ザイフで9月16日から仮想通貨の入出金を停止しており、その原因を調査していました。

流出の発表後に仮想通貨相場の価格は一旦下げましたが、横ばいで推移をしている状況で、ザイフへのハッキングへの仮想通貨相場のへの影響はあまり感じられない状況です。

今回の流出によって67億円分の被害額について、

ザイフでの今後の補償の内容は?」  「金融庁から業務改善命令が出されたばかりなのにザイフはどうなるの?フィスコに買収されてどうなるの?」  「コムサ(COMSA)などザイフの別の事業への影響は?

などを含めてご紹介していきます。

ヨリコ
ヨリコ
ザイフのニュースを受けても、別の要因ではあるけど、仮想通貨リップルが30円から50円近くまで爆上げしているわ!

ザイフで仮想通貨が67億円分流出

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは20日未明、同社がハッキング被害に合い、計67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。またフィスコとの間で50億円の金融支援を受けるとともに、フィスコがテックビューロの株式の過半数を取得すること、過半数以上の役員の派遣を受けることで合意したことも明らかにした。

ザイフでの流出した仮想通貨は

・ビットコイン(42億円流出)

・ビットコインキャッシュ(流出額不明)

・モナコイン(流出額不明)

の3通貨で、被害総額は「67億円」となっています。

ケイシ
ケイシ
ちなみに2018年1月末にハッキングを受けたコインチェックの流出がくは580億円程度だったのでそれに比べると程度は低いです。

ですが、大事な顧客の資産のため、金融庁の規制はまだまだ厳しくなることが予想されます。

流出の経緯

ザイフでは以上のような、一部の仮想通貨の入出金が停止していました。

ザイフが発表した仮想通貨の流出日時は9月14日としています。

発表が遅いのではないか?

14日に流出が発表して20日未明に公式発表するのは、コインチェックがすぐに報告したときに比べると非常に対応が遅く感じます。

ザイフではもちろん原因の調査と、同時に被害額の支援について同時に進めていたことも発表が遅れることになったと推測されます。

ヨリコ
ヨリコ
フィスコが50億円分を支援してくれる。つまり「流出した顧客資産について補償される。」ということを同時感じさせてくれる発表ではあるわね。

でも流出発表は早くして、補償の発表をその後すぐに行ったりという順序もあったのではないかしら

ザイフの今後の対応について

 

消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、弊社の固有の資産は約22億円相当であり、お客様の預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となります。
弊社は、本件発覚後、お客様の資産を毀損させないための財源確保に努めており、その状況は、次の「3.弊社の対応」においてご説明申し上げます。

 

取引の再開は未定

なお、仮想通貨の入出金の再開は、システムの安全性が確認されることが前提となります。現時点におきましては、再開の年月日を具体的に申し上げることはできませんことを、心からお詫び申し上げます。
お客様の大切な資産につきましては、次で述べますとおり、財産の調達により担保される予定ですので、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

 

顧客の流出資産の補償について

弊社は、株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、弊社に対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結しました。同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めております。
その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行う予定です。
今後、基本契約の内容が実行されるなどした場合は、適宜、速やかにご報告をさせていただく次第です。

 

つまり今後顧客の補償については財源的な支援を行ってくれたフィスコのこともあり、補償される可能性が高いのではないかと推測されます。

ヨリコ
ヨリコ
流出の発表が遅れたのは、この辺の話を進めていたことも要因として考えられるわね。

でも流出の発表があった時に50億円分の支援という言葉があると実際に資産をザイフにもあっている人は安心できるところはあるわね。

フィスコのザイフへの支援

傘下の仮想通貨関連会社フィスコデジタルアセットグループ(FDAG)の子会社を通じて、ザイフに対し「50億円を提供する金融支援」や同社「株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣」等を検討する内容とする基本契約を締結したとしている。

ザイフがフィスコと契約をした内容については以下の

・金融支援50億円

・株式をフィスコが50%以上を取得(実質的に経営権を確保)

・50%以上の取締役の派遣と監査役1名

となっています。

補償は「全額補償」だが補償の方法は?

顧客資金の補償については現時点で明確には決まっていないが、「コインチェックの事例をみる限りでは金融庁の意向は全額補償だろう。(事例を鑑みると補償方法は)キャッシュ(現金の意)になると思うが、税制や会計上詰めなくていけない点だ。コインチェック事件の時は(ユーザーの保有していた仮想通貨が)強制的に利益確定され、これが(その後相場が下がったので)結果的には良かったが、これは結果論に過ぎない。国税等も交えて進める必要がある。」

「今回(流出した)45億円相当のBTCというのは日本円で補償すべきなのか、BTCベースで補償すべきなのかは課題。BTCがそもそも補償に使えるかという位置づけの問題もある。」

以上のように現時点では、全額補償を目標として進めていくが補償内容については検討中の段階となっています。

補償の際の問題点の一つとして言われているのが

日本円で補償した際に、利益が出てい人は強制的に利益確定となり、税金の支払いが確定する。

という点になっています。

本人が望まないところで利益確定されるところがコインチェック と同様に議論が行われています。

ケイシ
ケイシ
私もコインチェック で預けていた仮想通貨「ネム」は日本円での返金となったので、強制的に利益確定となり税金の支払いが確定しています。

その後ネムを一部買い戻したのですが、ネムの価格が下がっていて、「税金は発生しているけど利益は減っている状況」となっており、それは私だけに言えることではありませんが、問題の一つと言えます。 ここまで仮想通貨相場が下落するとは誰も思っていなかったからでしょう。

ヨリコ
ヨリコ
コインチェック の補償については下記の記事を参考にしてね。
あわせて読みたい
コインチェックが不正送金された仮想通貨ネム(NEM)を補償!〜驚きのスピード対応国内仮想通貨取引所コインチェック(Coinchekc)で仮想通貨ネム(NEM 通貨単位XEM)460億円分がハッキングを受け不正送金され...

ザイフを支援したフィスコの社長が現在の状況を語る

ヨリコ
ヨリコ
わかっ!!1979年生まれの39歳みたいね。 見た目はもっと若く見えるわ。

田代 昌之(たしろ まさゆき) 北海道出身。中央大学文学部史学科日本史学科卒業。新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経てフィスコに入社。先物・オプション、現物株、全体相場や指数の動向を分析する。好きな言葉は「政策と需給」。ボラティリティに関する論文でIFTA国際検?テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)を取得。クイック、ブルームバーグなど各ベンダーへの情報提供のほか、YAHOOファイナンスなどへもコメントを提供。日経CNBCで定期的にコメンテーターを務めるほか、ラジオNIKKEIではゲスト解説のほかキャスター業務を務める。経済誌への寄稿も多数。2017年からフィスコ仮想通貨取引所 取締役を兼務。ーAll about

COMSAについて

ザイフには2017年にICOを行った「COMSA(コムサ)」というものがあります。

COMSAは、ICOのプラットフォームで、仮想通貨で資金調達をしたい企業(ベンチャーも含めて)などが、COMSA上で資金調達ができるということで、COMSAのICOはなんと100億円もの資金をICOで集めました。


COMSAについてはザイフより

 弊社の関連会社であるテックビューロホールディングス株式会社は、弊社から会社分割により承継したCOMSA事業を運営しております。同事業の今後の方針等につきましては、現在同社において検討中であり、判明次第速やかにご報告させていただきます。

としており、今後の動向についてどうなるかといった不安の声もあると思います。

ケイシ
ケイシ
COMSAは去年に比べて価格が大きく下がっており、COMSAに投資した人は、「あの時に売っていてよかった」と発言している人が多いです。

ですが、国内での仮想通貨を使った資金調達はいまもなど需要があるのは明らかで、COMSAで集めた100億円を使っていかに事業を継続して軌道に載せるかはこれからという状況です。

金融庁の規制で今は国内で活動ができないCOMSAですが、プロジェクトとしては今後需要がある内容であるといえ、現段階でそれを否定することはできないと言えます。

あわせて読みたい
仮想通貨COMSA(コムサ)がZaif(ザイフ)取引所に上場!〜価格高騰中!仮想通貨ICOプラットフォームであるCOMSA(コムサ、通貨名CMS)が国内のZaif(ザイフ)取引所🔗に上場し現在購入...

仮想通貨相場の状況


仮想通貨相場の状況はザイフのニュースで一旦少しあげる状況を見せましたが、現在は横ばいの状況となっています。

以上から「ザイフのハッキングのニュースは市場には限定的」と言えます。

リップルが高騰中!


リップルが数日で29円の価格が50円に到達する大きな高騰を見せています。

相場が横ばいの状況でリップルが大きく上昇する状況はビットコインと連動した相場からリップルは脱出したのではと言われています。

リップルについては国内で資本力No. 1の「ビットポイント」がオススメの取引所と言えます。

 

仮想通貨の保管について

仮想通貨の保管については今回のザイフのような

  • 取引所のウォレットに保管
  • 個人のウォレットに保管

という選択肢があります。

このうち個人のウォレットに保管する人は現状として増加傾向にあり、自分の資産を自分で管理することにより、セキュリティのリスク分散させることができると言われています。

私が使っている個人用ウォレット

個人用のウォレットとしては私も利用している「レジャー」というハードウォレットが世界的に有名になります。

これはUSBタイプのウォレットでオフラインで保管することができるため、ハッキングのリスクを無くすことができるからです。

レジャーの特徴として

  • 公式サイトが日本語対応
  • より多くの仮想通貨に対応している。
  • 小さくて持ち運びが簡単

メルカリやヤフオクなどのから中古で購入するのはセキュリティのリスクがあることから非常に危険だと言えます。、公式サイトもしくは日本正規代理店からの購入をオススメします。

 

(参考記事)大人気レジャーナノSの購入方法と使い方の詳しい説明はこちら

あわせて読みたい
公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレットビットコイン以外にも仮想通貨リップルやイーサリアムなど多くのアルトコインの保管ができるレジャーナノs(Ledger-nanos、ハードウ...

 

まとめ

以上ザイフのハッキングについてはまとめました。

今後の補償の内容等、コインチェック の状況も含めてより具体的に行われると思います。

仮想通貨が取引所から盗まれると「仮想通貨は危ない!」という風に思われる方もいらっしゃいますが、ですが、「なぜ仮想通貨は盗まれるのか?」という視点を持つことが大事です。

仮想通貨は「価値があるからこそハッカーは盗もうとするのです。」なので、仮想通貨がどのようなものか知って投資している人は、こう言ったことがあっても普通に仮想通貨を保有しています。

マウントゴックス やコインチェック の流出状況など過去から学べることは多いので、「仮想通貨(ビットコインなど)流出に学ぶセキュリティ対策〜過去の事件の原因と仕組み」の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仮想通貨(ビットコインなど)流出に学ぶセキュリティ対策〜過去の事件の原因と仕組みこれまで仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)やネム(nem)が有名な仮想通貨取引所である「マウントゴックス」や「コインチェック」...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら