Bitcoin(ビットコイン)

ビットコイン先物と現物の違いとは?〜仕組みと取引可能な取引所

仮想通貨で最近よく聞くようになったビットコイン先物(さきもの)

ビットコイン先物は、2017年に世界最大の先物取引所と言われるCBOE(シカゴオプション取引所)で上場したことで大きな話題となりました。

大手の取引所がビットコイン先物を取引することで大口の機関投資家はビットコイン投資にリスクヘッジとして参入しやすくなると言われています。

通常のビットコインの売買である現物売買と先物取引の違いと仕組みを解説して行きます。

ビットコイン現物取引について

ビットコイン現物取引については

現在の価格でビットコインを売買すること

で通常の売買を指します。

ビットコインを安い価格で買って、高いところで売ることで利益を得ることが可能となります。

ヨリコ
ヨリコ
通常の売買のことを現物取引というわ。先物取引と区別するために現物といっている場合が多いわね。

ビットコイン先物について

ビットコイン先物というのは将来の価格について取引をするもので、

将来の価格をあらかじめ決めたもので売買を行う

と一般的に言われています。

ビットコイン先物はFXと似ており「売りから」でも「買いから」でも入ることが可能です。

ケイシ
ケイシ
ビットコイン先物ではFXと同じでレバレッジをかけた取引が可能なの。

ビットコイン 先物の特徴として

「差金決済が可能」

「限月(げんげつ)に自動で決済される」(限月・・期限のこと)

「レバレッジをかけられる」

などがあるわ。

ビットコイン先物で利益を得る。

例えばビットコインの価格が1BTC=70万円であったとします。

そして3ヶ月後にビットコインの価格が100万円になっていれば、先物「買い手」は30万円の利益を得ることができます。

「売りから」利益を得る場合にはこの逆で3ヶ月後で50万円に下がっていれば、「売り手」は利益を得ることができます。

ヨリコ
ヨリコ
ここでは将来の価格を3ヶ月としているけど、取引所によって先物の将来買う時の期限は違ってくるわ。

オススメの先物が取引できる取引所は?

先物の取引ができる取引所は国内・海外にあり、オススメの取引所についてご紹介して行きます。

(国内)ビットバンクトレード

国内ではFXで20倍のレバレッジをかけたビットコインFXができる「ビットバンクトレード」 。

国内で初めてビットコインFXを導入したところで、ビットコイン先物について国内で一番最初に導入しています。

ヨリコ
ヨリコ
ビットバンクトレードはビットコインFXに特化した取引所だから、先物取引も多くのユーザーが利用しているわ。

公式ページ

(海外)CBOE、CME

オススメしたいビットコイン先物は国内ですが、海外では世界最大の先物取引所と言われる。

  • CBOE・・・CBOE(シカゴオプション取引所)
  • CME・・・CME(シカゴマーカンタイル取引所)

があります。

この2つの取引所は2017年末にビットコイン先物の取引開始を発表したことで大きな注目を集めています。

最低取引量は1BTC、5BTC〜といずれも価格は高めなので、日本語のサポートもしている国内の取引所がおすすめと言えます。

またこれらの取引所は世界的に有名なため先物の期日ではビットコインの価格に影響するとも言われており、実際の先物取り引きでもトレードの参考にできると言われています。

今後期待される先物対応の取引所

ナスダック (NASDAQ)

 関係者らによると、ナスダックは米商品先物取引委員会(CFTC)の懸念を払拭(ふっしょく)するための作業を進めている。ナスダックのビットコイン先物上場計画についてはブルームバーグが昨年報じていた。関係者の1人によれば、上場は2019年1-3月(第1四半期)になる見込み。

株式市場で世界2位の取引量を誇るナスダックがビットコイン先物を2019年内に計画をしています。

NASDAQと言えばニュースで誰もが聞いたことがある証券取引所の一つです。

この世界的に有名な取引所がビットコインを扱うというニュースは多くの投資家の関心を呼んでいます。

ヨリコ
ヨリコ
世界的に有名な取引所がビットコインを取り扱うってすごいわね。このニュースが発表された時にビットコインの価格は反応しなかったけど、今後安値でビットコインを買うチャンスと考えている投資家は多そうね!

バックト(Bakkt)

仮想通貨プラットフォームのバックト(Bakkt)は25日、最初に提供する金融商品が現物受け渡しのビットコイン先物になると発表した。バックトはニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が8月に立ち上げた仮想通貨プラットフォームで、仮想通貨業界にさらに機関投資家を呼び込むきっかけになるか注目されている。ーコインテレグラフ 

バックトはあの世界的に有名なニューヨーク証券取引所の親会社が開始するサービスということで、ナスダックと同じく投資家の多くの関心を集めています。

ビットコインについてはビットコインETFの承認が価格の上げ要因として期待されていますが、NASDAQとバックトをそれ以上の価格の影響を与える要因になると発言する専門家もいます。

まとめ

以上ビットコイン先物の仕組みと取引所についてご紹介してきました。

ビットコイン先物は大口投資家が仮想通貨投資のリスクヘッジとして期待しているということがあります。

そして、国内ではビットコインFXでも有名なビットバンクトレードが取り扱いを行なっており、トレードする環境としておすすめと言えます。

ビットバンクトレード

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら