ニュース

ビットコイン100万円を下回るが、依然としてポジティブニュース

ビットコイン100万円を下回るが、依然としてポジティブニュース

先週から100万円の価格に収束をしていたビットコインの価格ですが、先週100万円を下回り90万円後半の価格で推移をしています。

しかしながら仮想通貨市場の経済ニュースはポジティブなものが多く、各プロジェクトの資金調達、そしてイーサリアムをベースとする分散型金融システムであるDeFi(特にコンパウンド)の利用額が大幅に増加するなど、仮想通貨市場の利用が少しつづ増えている状況です。

この状況からで投資家が考えているのは、ビットコインがどこまで下がったら買おうかということ?

この記事ではビットコインの最新価格と買いのポイント、そして仮想通貨の主要ニュースにについてご紹介していきます。

ビットコインの価格が100万円を切る。どこまで下がるか?

記事内の引用については私が連載している「仮想通貨実践投資(有料版)」から一部抜粋して使用しています。

ビットコインは先週の100万円から価格を割り97万円の価格付近で推移をしています。

先週は100万円に価格が収束していると解説をしていましたが、100万円を割り短期では下目線となっています。

4時間足でいうと現在の水準はサポートライン(赤の水平線付近)となっています。

短期ではここの反発で買いエントリーになると思います。

ヨリコ
ヨリコ
100万円という価格はキリがいい価格で、このような価格は意識されやすいの。

ビットコイン日足チャート

ビットコインのサポートラインは90万円付近。

ビットコインを買い増しの検討している方はここ(90万円付近)が一つのポイントとなると思います。

先週のコメント「ビットコインを買おうと考えている人はチャートのサポートライン90万円ー94万円が一段下の一つのポイントとして参考にしてください。」

実際にそのポイントまで下がりつつあります。

また日足でのもう一段下のサポートラインは80万円となっています。

80万円までもし下がれは、ここは買おうと思っている人がさらに増えると予想されます。 

 

ヨリコ
ヨリコ

最近は100万円過ぎたところでビットコインは推移してたけど、価格が下げれば買いたいと考えている人は多いはずよ。

だってコロナウイルスでの暴落でもいち早く反発し最近はビットコインの影響力は非常に強くなっているから *ビットコインは1000円くらいから買えます。

 

【短期下落でもマイナス要素はみあたらない。】

今回の下落については特にマイナス要素は報じられていません

一部プラストークンという詐欺のウォレットからの売り圧力という情報もありましたが、はっきりしない状況です。

先週の大きなトピックスとしては

・DeFi市場に資金が集まる

・大手決済会社のペイパル、仮想通貨サービスの情報が浮上

・オミセゴーが資金80億円を調達

・SBIが仮想通貨ファンドを立ち上げ。今年夏から投資信託の募集開始。

と全体的にポジディブな内容となっています。

下落相場でももう少し下がったら資金を入れたいといった声も聞きます

ポジティブなので、下落しているということはどこかのポイントで買おうと考えている人が多いと推測されます。

ヨリコ
ヨリコ
こちらで紹介したニュースはどれもかなりポジティブなニュースと言えるわ。今後の仮想通貨市場の投資家の流入が期待されるわね。

【イーサリアムの買いポイント】

読者さんからイーサリアムの買いポイントについて質問がありました。

買いポイントについて中長期のラインで見ると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨリコ
ヨリコ
ここは非公開。有料記事読者さん限定ね

がサポートラインからポイントと断定できます。

・・・・・が並んでいますが、実際にチャートを確認すると価格の高値と安値がその価格ポイントで反応しているのがわかります。

【売りからも利益が狙えるレバレッジ取引について】

コロナウイルスでの市場の暴落を3月中旬に経験し一気に価格を戻した仮想通貨市場その後はレンジ相場が続いています。

レンジ相場などでは、売りからも利益が狙えるのがレバレッジ取引。

レバレッジは証拠金を預けることで元本以上の金額で取引ができるサービスです。

しかしながら、レバレッジを低くすることもできますし、相場が下落している時には売りから入ることで利益を狙うことも可能です。

メルマガの読者さんから「レバレッジ取引を使って中長期で仮想通貨を保有したらどうなりますか?」という質問をいただきました。

レバレッジ取引ですが、レバレッジは基本的にお金を借りてきてトレードをするので、借りている間は手数料がかかることになります。

例えば維持手数料が0.03%/1日の場合

 

これば、例えば1年間保有すると

0.03 * 30*12=11%

11%もの手数料を取られる計算になります。

仮に1ヶ月であれば1%程度なので、それくらい運用であれば取引としていいのではないかと思っています。

レバレッジはお金を借りて運用するので、仮にレバレッジ2倍なら利益が通常の2倍、損失が通常の2倍となる特徴となっています。

なので、勝率が高いポイントでトレードするとそこで利益を効率的に上げることが可能です。

また下落相場でも売りで利益を狙うことができるという特徴もあります。

いずれにしても、レバレッジ取引では通常よりも余裕をもって、そして売買のポイントはしっかりと絞って行うことがオススメです。

あと、レバレッジサービスについては

国内・・・4倍

海外・・・100倍から500倍

と規制に大きな違いがあります。

海外の仮想通貨取引所では大手の取引所をはじめ多くの取引所がサービスを行なっているのですが、最近特に注目を集めているのがFTXという取引所です。

海外の仮想通貨取引所は詐欺も多いので、注意する必要がありますが、最近もKOINDEXという取引所について情報をたまに見たります。

この取引所を勧めてる人などは詐欺の取引所などを以前から勧めている人も多いため注意が必要です。

あとほぼ日本人しか勧めていません

判断する上でわかりやすいのが大手の仮想通貨メディアで取り上げられているか。

(大手のメディアでもプレスリリースなど企業側がお金を払って記事をアップするものは対象外です。)

KOINDEXについての評判はこちら

仮想通貨取引所KOINDEXとは?評判と口コミについて〜危険性、リスクは
仮想通貨取引所KOINDEXとは?評判と口コミについて〜危険性、リスクはトルコに新しい仮想通貨取引所としてKOINDEX(コインデックス)がリリースされました。 この取引所は、すでにあるCROSSexc...

話が少しそれましたが、現在注目を集めている取引所がFTXとなります。

こちらはレバレッジトークンという最初からレバレッジがかかった通貨を取り扱いしており、シンプルで取引がしやすいのが特徴です。

独自通貨ではFTTというものを取り扱っていますが、それがアメリカ大手の取引所コインベースで取り扱いが開始するなど大きなポテンシャルがある取引所と言えます。

FTX 〜仮想通貨取引所の評判と話題のレバレッジトークンとは?
FTX 〜仮想通貨取引所の評判と話題のレバレッジトークンとは?評判と口コミトレーダーから今注目を集めている海外の仮想取引所がFTXです。 FXTとは仮想通貨取引所であの世界的な取引所であるBinance(...

【加熱気味のコンパウンドが下落調整】

先週お伝えした現在もっとも注目されていると言える、仮想通貨コンパウンド。

先週の35000円から現在25000円まで下落をしています。

価格的には落ち着いている状況です。

コンパウンドはDeFiのプラットフォームで、それに発行される通貨がコンパウンドになります。

コンパウンドでは仮想通貨の貸し借りができるプラットフォームですが、現在はBAT(ベーシックアテンショントークン)の金利(貸し出し金利)が最も高く13%となっています。

先週は20%でした。

過熱気味であっただけに、コンパウンドは今後落ちつてくるのかもしれません。

現在はやはりBATの金利が年利で13%なので狙い目と言えますが、今後の状況がどうなるか金利変動をみつつ確認していきたいところです。

私もBATを保有しているので、BATを預けて様子をみてみたいと思います。

BATを預けてもいつでも引き出せるので、特に問題はありません。

コンパウンドについてはこちら

仮想通貨サービス「Compound (コンパウンド) 」とは?分散型金融(DeFi)の評判
仮想通貨サービス「Compound (コンパウンド) 」とは?分散型金融(DeFi)の評判仮想通貨サービス「Compound (コンパウンド) 」は、イーサリアム、またはERC20トークンなどをcompound(コンパウンド)...

仮想通貨のコンパウンドについてはこちら

仮想通貨コンパウンド(COMP)とは?将来性と評判と口コミを検証
仮想通貨コンパウンド(COMP)とは?将来性と評判と口コミを検証仮想通貨コンパウンド(compound 通貨単位:COMP)は、分散型金融システム(DeFi)で使われる仮想通貨となっています。 ...

ベーシックアテンショントークンについてはこちら

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは? 将来性と現在価格と報酬について
仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは? 将来性と現在価格、報酬制度について仮想通貨(暗号資産)の中でもベイシックアテンショントークン(Basic Attention Token 通貨単位BAT)は、ブレイブ(B...

まとめ

以上先週の仮想通貨市場のニュースをまとめてきました。

ビットコインが下がると他のアルトコインも下がるという状況ですが、やはりアルトコインの値下がり幅はビットコイン以上となっています。

しかしながら逆にいうと下がったポイントで買いを入れやすいとも言えます。

最近はアルトコインのバブルを待望する声も多いですが、どの通貨も上がるというよりかは、通貨選定をしっかりして投資をしていくことが重要と言えます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

国内最大級の仮想通貨自動売買システム

クオレア(QUOREA)〜仮想通貨自動売買の実績・評判と口コミを徹底検証

初心者でも利益が上げやすい自動売買システムは、国内ではクオレアが1000以上の自動売買システムを提供。 価格の上昇だけでなく価格の下落からも利益が狙える自動売買は通常の投資と組み合わせて効率的に運用が可能

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら