仮想通貨の種類

Mina Protocol(MINA)とは? まとめ〜仮想通貨、クリプト、ZKSNARK、

Mina Protocol(MINA)とは? まとめ〜仮想通貨、クリプト、ZKSNARK、

Mina Protocol(ミナプロトコル、通貨名:MINA)は、zk-SNARKS(ゼロ知識証明)の技術を使用し、世界最軽量のブロックチェーンです。

2021年にコインリスト(coinlist)でトークンセールを行ったのも有名で、1900万円ドルの資金調達を行っています。

また加えて2022年3月にも9200万ドルの資金調達を行っています。

この記事ではMINAの概要を短くまとめ、最新のニュースをあわせてまとめてみました。

MINAに対応したアプリをzkApps(プライバシー技術)が今後どのように普及していくのかが一つの注目ポイントといえます。

またMina Protocolはバイナンスcoinlistで購入することが可能です。

Mina Protocol(MINA)について

Mina Protocolは、ネットワークにコミットされるトランザクションの数に関係なく、わずか22kBの一定サイズを維持する軽量のブロックチェーンを目指しています。このサイズにより、誰でもノードを操作し、高度なコンピューターハードウェアを必要とせずにネットワークを保護できるようになります。

※通常のブロックサイズは取引量が増えると300GB程度に近づく

これまでほとんどのプラットフォームに保存されるトランザクションの数が大幅に増加しました。たとえば、イーサリアムのブロックチェーンは2016年4月には5 GBをわずかに超えていましたが、2021年4月までに220 GBを超えました。

この問題に対応して、Minaの開発者は、zk-SNARKSと呼ばれる暗号化技術を使用して、各ノードが履歴トランザクションの完全な記録を記録する必要のない支払い指向のブロックチェーンを作成しました。

これにより、完全なブロックチェーンネットワークをサポートするために必要な計算要件が効果的に削減されます。

ミナは、より多くのユーザーがノードを実行してトランザクションを検証できる場合、より多くのノードが作成され、ネットワークがより分散化されて安全になることをサポートするだろうと考えています。

参考記事

・無制限のオフチェーン計算
・ユーザー向けの予測可能なフラットな取引手数料(ガスベースではない)
・ユーザーデータのプライバシー
・オプションのパブリックオンチェーン状態
・大容量データ用のオフチェーンストレージ(計画中)
・無限に再帰的なZKP(簡単なロールアップなどを可能にする)

 

MinanoBackersについて

Minaの描く未来について〜2022年2月

最大の挑戦であり、最も期待していることは、ZKP(ゼロ知識証明)のプログラマビリティを立ち上げることと、そしてプロトコルの民主的な参加方式を継続的に構築することです。

MinaのZKPプログラマビリティは、O(1)Labsが開発したSnarkyJSによって実現されています。プライバシーとZKPの機能を統合し、開発者が使いやすい形で利用できるようになったのは、これが初めてです。

これは、通常のL1アプリに加え、オフチェーン情報の証明、スケーラブルなL2の容易な構築、プライベートな投票など、Mina上に構築するための多大な可能性を開くものです。しかし今は、開発者の手のなかで使いやすくなるまで試行錯誤を繰り返すことが、今年の重要な課題であり、チャンスでもあるとみています。

また2021年は、Minaに関する共同研究のためのフォーラム「MinaResearch」と、プロトコルに変更を加えるためのプロセス「MIPs」が立ち上げられました。民主的なプロトコルのあり方については、まだスタート地点に立ったばかりなので、これも今後、重要な取り組みになってくると思います。

(ブロックチェーンの発展において、ZKP(ゼロ知識証明)技術は今後どのような位置づけになるとお考えでしょうか。また、ZKPはどのような点でブロックチェーン技術を変えると思いますか?ZKPは将来的に何を可能にするのでしょう?)

今、ZKPがブロックチェーンに革命を起こし始めている点は、L2スケーリング、より優れたオラクルの約束、プライベートデータをパブリックブロックチェーンに安全に接続することなどです。

私たちは、まさにそのスタート地点にいるのだと思います。特にWeb3が注目されるようになると、ZKPのセキュリティとプライバシーはますます優位に立ち、ブロックチェーン技術の中でますます大きな位置を占めるようになるでしょう。

コインポスト

Mina Protocol注目のニュース

コインリストでのトークンセールについて

現実世界と暗号の間にプライベートゲートウェイを作成する世界最軽量のブロックチェーンであるMinaは、公式パートナーのCoinListを介したコミュニティセールで$18.75Mを調達しました。

これまでにCoinListでこれまでで最も多くの購入者の記録を打ち立てたミナは、375,000人の確認済み登録者から40,500人以上の購入者を獲得しました。ミナトークンの需要は信じられないほど高く、4時間で売り切れ、供給の8.8倍の需要がありました。

参考記事

ポリゴンがMina protocolのプライバシー技術を採用〜2021年9月

イーサリアムの人気のあるスケーリングソリューションであるPolygonと、軽量でスマートなコントラクトプラットフォームであるMina Protocolは、2つのテクノロジーを統合するための統合を発表しました。

今日のコラボレーションは、開発者がMinaの再帰的なzk-SNARK対応アプリケーションまたは「スナップ」を使用してPolygon上でアプリケーションを構築できることを意味します。

「PolygonとMinaの間にブリッジを構築することは、ユーザーがデータを制御できるようにするdappsの完全に分散化されたエコシステムという共通のビジョンを実現するための重要なステップです」とPolygonの共同創設者であるSandeepNailwalは述べています。

参考記事

Mina Foundationは、ゼロ知識証明の採用を加速するために9,200万ドルを調達〜2022年3月18日

ゼロ知識証明は木曜日に一歩前進し、ミナプロトコルの採用を加速するために9200万ドルのトークンセールを行いました。

ラウンドはFTXベンチャーズとスリーアローズキャピタルが主導し、この昇給はゼロ知識プロジェクトへのFTXベンチャーの最初の投資を表しています。他の参加者には、Alan Howard、Amber Group、Blockchain.com、Brevan Howard、Circle Ventures、Finality Capital Partners、Panteraが含まれます。

「ここでの主な機会は、通常の開発者のためにゼロ知識でプログラミングできることです」と、MinaFoundationのCEOであるEvanShapiroはCoinDeskとのインタビューで述べています。

彼は次のように付け加えました。「歴史的に、これは不可能でした。あなたは、たまたまゼロ知識証明を扱うために必要な種類のプログラミングに非常に優れた暗号研究者でなければなりませんでした。これをエキサイティングなものにしているのは、JavaScriptがZK証明を使用できるようになったことを知っている開発者なら誰でもです。」

参考記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら