仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
キャンペーン
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

ビットコイン(bitcoin)が長期的に値上がりする理由について

ビットコイン(bitcoin)が長期的に値上がりする理由について

仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)が投資の対象として、これから長期的(将来的)価格が上昇(上がっていく)していくことについて、魅力をまとめてみました。

以前の記事でビットコインについては、値上がりする理由として、技術が優れているため、将来的に価値が高いという話をしてきました。

将来的にニーズがあるものは買われるそして価格が上がる。基本的にこの認識を持つことは重要です。 実はもう一つ長期的にビットコインが値上がりする理由があります。

ビットコインは安全資産として考えられている

ビットコインは安全資産 仮想通貨

それは『安全資産』としての仮想通貨です。

安全資産として有名なのが、日本円です。特に金はここしばらく上昇をし続けています。(調整が入って下がることもあります。)

一方で近年経済危機として世界中に波及したのがみなさんご存知の『リーマンショック』。その時は多くの貨幣が売られ、国に対する信用も大きく揺らいだ時期でした。

信用は通貨の価値と大きく関係しています。信用がなくなった通貨は売られていくのです。そして経済は基本的に安定は言えない状況です。そうするとこの先将来経済はどうなっていくでしょうか?

現在皆さんもご存知のように日本とアメリカは多くの借金を抱えています。

日本の借金は1000兆円と言われ、毎年増える負債の償還のため、税金や物がどんどん値上がりして行っているのです。

みなさんの給料は同じように右肩あがりでしょうか? そしてそのツケは将来にわたってどんどん蓄えられているのです。

今後の将来を見据えて、通貨は分散させることが非常に重要なってきます。

通貨は相対関係なので、それ独自でというわけではなく必ず相対する通貨との関係で価値が現れます。

信用が仮想通貨の価値を決めていく

Screen Shot 2016-06-04 at 22.29.51

理解する上で重要なのは「政府」「組織」に対する信用というのは、長期的にみて下落傾向なっているということです。

ギリシャがお金を返さなかったり、VWや東芝の不正問題を見たら、大企業でも信用していいか?不明なところがあります。

その信用が下がっていることを認識するのが必要であり、世界を格安で送金する技術を持ち、有限通貨である仮想通貨であるビットコインが必要とされていく可能性は高くなっています。

その証拠にビットコインは右肩あがりで値上がりを続けています。

もちろん先のことは誰にもわかりません。ですが現状を認識して私たちがするべきことは、将来に向けて何かを考えるということが重要なのです。

オススメの読んでおきたい記事

なぜ盗まれても、取引され価格が上がってるのか。

 

こちらの画像は、ビットコインの2013年4月〜2016年12月までのチャートになります。

2013年末に一度価格が上昇しましたが、その後マウントゴックスの破綻により価格が下落していきましたが、2016年に上昇を開始、同じ水準までに価格が上昇しています。

これまでビットコインは紛れもない資産としての位置付けから、ハッカーに狙われてきました。デジタル上の通貨は一度盗まれるとほとんど戻ってこないという特性から、ハッカーは現金を盗むより、ずっとビットコインを盗む方がリスクが少ないからです。

しかし、「マウントゴックス」の破綻、香港の取引所「ビットフィネッククス」のビットコイン流出問題等の経験をしてきたビットコインですが、ビットコインは前にも増して、取引を増やし価格を上げてきているのです。

一般の方は「ビットコインは盗まれるから危ない」という認識をお持ちです。 もちろんある意味では間違ってはいないと思います。ですがそれは現金でも同じことなのです。

現金を外出先で、例えばカフェのテーブル置いたり、トイレに忘れたり、皆さん気をつけていると思いますが。それは「盗まれる可能性があるから」ということなのです。それって「ビットコインは盗まれるから危ない」と同じことではないかと思います。

現金を振り込ませる「振り込み詐欺」なども同じではないでしょうか?資産価値がある現金を盗むために行っているのです。銀行強盗よりリスクは低いですよね。

つまり 「盗まれる」=「資産価値がある」

という考えが出てきます。

ですがどうして、それでも取引を増やし価格が上がっているのか。つまり需要が増えてきているのか。

そこを知ることによって今後の将来性が見えてくるのではないでしょうか。

2016年のビットコインのニュースから見えてくる

以下ビットコイン関係の概略のニュースです。*文字の色が変わっているところは、リンク先へ行けます。

一部の主なニュースですが、これだけでもビットコインを含めた仮想通貨が注目されてきていることがわかると思います。

世界各国の動きを知る〜仮想通貨の需要が見えてくる。

仮想通貨は国内だけでなく、全世界を結ぶネットワーク上の通貨といえます。

日本では仮想通貨は現在以前として「投資」としての見方が強く、それは日本の貨幣制度がある程度成熟しているという理由があります。

しかし、世界では自国の政府や紙幣が信じられない国や、極端なインフレーションで紙幣が紙くずのような価値になったりと、「紙幣」としての価値が無くなりつつあるところがあるのです。 

そこで期待されているのが「ビットコインをはじめとした仮想通貨」ということになります。

以下世界各国の動きをまとめました。

中国が資本規制によりビットコインに注目

中国投資家が資本注入の方法としてビットコインを利用することが主流になっているとニュースになったが、既に中国当局によれば、規制が入っている段階だという。

中国は、何年もの間、ドル高・人民元安の体制を続けており、当局は価値の流出を阻止するよう行動してきた。投資家たちは、中国から資金を逃がすために、さらなる巧妙な方法を模索せざるを得ないような状況だ―ビットコインがそのためのメソッドになりつつある。 -contelegraph japan 

先週、コインテレグラフは、インド政府による金の輸入と、金への投資に対して厳しい規制をかける規制案について取り上げたが、12月1日、中国もまた、海外への国内の資本流出を防ぐため、金輸入規制を強化している。

過去数ヶ月にわたって、中国人民銀行と中国政府は、資本規制のために厳しい財務規制を執り行っており、理財商品 (WMP) 、外国投資、海外送金に対しての規制を強化している。

現在、中国政府が人民元切り上げのために主に行っているのが金輸入の規制だ。中国政府は、これを、銀行や他の大手金融機関等による、海外の販売元から金を輸入する際に必要な政府へのライセンス申請などを拒否するなどして実現している。

中国には、主に、ビットコイン・マイナーの人口が多いことから、巨大なビットコインの店頭市場が存在している。仲介人や第三者を必要としない二者間によるビットコインの直接取引は規制を免除されているため、ビットコインは、中国においては、大部分の企業や投資家にとって、富を保護するための最適の方法として利用されている。-contelegraph japan 

2017年にビットコインが2000ドルに到達する可能性

The price of Bitcoin could hit more than $2,000 in 2017 driven by expectations that U.S. President-elect Donald Trump may introduce economic stimulus policies, which could send inflation soaring and propel the dollar to record highs, a report from Saxo Bank claims. 

Saxo Bank’s note said that this could increase the roughly $20 trillion of U.S. national debt and triple the current budget deficit from approximately $600 billion to $1.2-1.8 trillion, or some 6-10 percent of the country’s current $18.6 trillion economy. -CNBC

英訳➡︎2017年には、仮想通貨ビットコインの価格が「2,000ドル」以上に到達する可能性があるということです。時期大統領のドナルドトランプ氏が財政支出を行うのに対して、その可能性があるとサクソバンク(デンマーク投資銀行)が伝えています。  またサクソバンクは、現在の米国債務20兆円は20兆円に膨らむとしており、また財政赤字は約600億円から1兆2億または1兆8億円に膨らむとしています。これは、国会の貨幣価値18兆円の6−10%に当たるとしています。これらのことによりビットコインの価値が高騰する可能性があるとしています。

インドでビットコインの取引者が急増

LocalBitcoinsによると、インド国内でのビットコイン利用者が増加してきているようだ。Coin Danceで比較すると、LocalBitcoinsの週ごとのビットコインの取引ボリュームは、先週の1,630万ルピーと比べ、11月26日付で2,770万ルピー (INR)である。

今回の取引ボリューム増加の要因は幾つか存在する。1番大きい要因は、最近のインド通貨の廃貨政策だ。インドは、世界最大の送金受取国である一方、500ルピー札と1,000ルピー札は廃貨される形となった。他の要因としては、噂されているインド政府による金の輸入禁止政策がある。

しかしながら、インドのような国の巨大な市場価値を踏まえると、現在の約40万8,000ドルに相当する取引ボリュームは未だ不相応だと考えられる一方で、関連した値を見てみると、ビットコインがゆるやかに活発化し始めていることがわかる。-contelegraph japan 

ビットコインがAmazonで取引可能に

ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、ブラック・フライデーに触発された形で、Amazonにてビットコイン決済が可能なAmazon Directという統合ツールのリリースを発表している。

ーAmazonの商品1億点以上がビットコインで購入可能にー

iPayYouは、2016年5月にリリースされると、瞬く間に幅広いレンジでサービスを拡大し、フィアット通貨を利用することなく利用できるサービスを大手販売店など様々な分野で提供している。

“Amazon Directは、世界最大のオンラインストアで1億点以上の商品がビットコイン購入できる革命的なサービスです”

と、火曜日のプレスリリースが発表された際に、創設者でCEOである、Gene Kavner氏が語っている。contelegraph japan 

 

まずは少額でもビットコインに触れてみると、世界を感じることができる

ビットコインを少額でも持つことによって、その機能を知ることができます。

送金が一瞬で済んで、10万円で手数料が15円だった。」「銀行みたいに平日3時までじゃなくて、24時間365日取引できるなんて便利」「2016年頭にビットコインを4000円分買ったけど、2016年末には3倍くらいで増えてた・・・・。

以上のように感じることができれば、仮想通貨は、「魅力的な投資対象」としてその人が感じることができるようになるのではないでしょうか。*実際サイトを通じていただいたユーザーさんの声です。

ビットコインはどのように手に入れるかというと、それは『取引所』と言われるところで日本円とビットコインを交換して得ることができます。

ビットコインはかなり少額から持つことができ、例えば100円からでもビットコインを持つことが可能です。

以下に日本国内を中心とした取引所をご紹介しているので参考にしてください↓↓

 

ビットコイン等仮想通貨について質問がある場合は、お気軽にご連絡ください。

➡︎お問い合わせはこちら

多くの方に参加していただいている「仮想通貨の実践講座」無料メルマガの概要はこちら↓↓

➡︎「仮想通貨の実践講座」無料メルマガ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事