初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨を守るセキュリティ対策で安全に通貨を保管(管理)する方法

仮想通貨を守るセキュリティ対策で安全に通貨を保管(管理)する方法

ビットコイン(bitcoin)をはじめとした仮想通貨の取引においては、より安全性を高め取引を行うために2段階認証方法等をはじめとしたセキュリティー対策は常に万全にしておかなくてはいけません。

仮想通貨はブロックチェーンという技術により、従来の通貨の取引を大きく変え、より便利に使うことができる特徴を持っていますが、セキュリティー対策については基本的に「自己責任」が必要となっています。

仮想通貨は、投資としてのこれまでの魅力的な値上がり益に加え、2017年4月に正式に「通貨」として採用、また日本では大手家電量販店であるビックカメラでビットコインの支払いに対応するなど、日々世間に認知されつつあります。

その一方でセキュリティー対策として、個人ウォレットでパスワードを紛失したり、取引所での2段階認証を設定しておらずハッキングされ、不運にも通貨を失った事例が出てきています。

ここでは仮想通貨を守る上でのセキュリティー対策についてまとめました。

*他のセキュリティー対策でオススメなものがあれば教えていただけたら幸いです。本記事で取り上げ周知したいと思っています。→連絡はこちら

セキュリティ対策に対策について動画でも解説をしています↓↓

パスワードとIDは必ず控えを取る(パソコンの自動記憶のみにしない)

取引所にログインする際や、個人のウォレットにログインする場合、パソコンの自動記憶のみで記録している場合が見られます。しかしながらパソコンを買え変えたり、アップデートした場合などは、パソコン自動記憶が消えたりした際に、ログインできなくなる場合があります。

取引所の場合は、取引所が管理していますので問い合わせで照会すれば、パスワードを復活させることができますが、取引所は顧客の増加で対応も遅くなることも多く、ログインするまで時間がかかってしまいます。

また個人用ウォレットの場合は、基本ほとんどが自己責任になるためパスワードを紛失場合は復活できない場合があります。パスワードの復活させる「パスワードを復活させる質問」をあらかじめ設定しておけば、もしパスワードを紛失しても復活させることができます。

いずれにして、必ずIDとパスワード必ず、紙またはEvernote(パソコンのメモ帳)などのメモで、別に保管することをオススメします。

 

パスワードを他のアカウント(グーグル・ヤフー等)と一緒にしない。

ログインがハッキングされたものとして、グーグルやヤフーなどの別のアカウントと同じパスワードしていた事例が見られます。

その場合グーグルやヤフーのアカウントがハッキングされた際に、同じパスワードを使用していた場合に取引所や個人用のウォレットも同時にハッキングされ通貨を盗まれる可能性があるため、必ず仮想通貨に関するパスワードは個別に設定をし、他のアカウントのパスワードと同一にしないことが肝心です。

ログイン時の2段階認証を設定する*必須


2段階認証はログイン時に、スマホも使用しログインする方法になります。

すでにご説明したようにIDとパスワードがハッキングされた時に最後の砦となるのがこの「2段階認証」となります。

この2段階認証は必ず設定しておく必要があります。そしてこの2段階認証を使う時にはお手持ちのスマホでパスワードを読みパソコンで入力するという流れになりますが、ガラケーには対応していません。

家族の誰かがスマホをお持ちであればそれで2段階認証の設定を行うことは可能ですが、その際はログイン時にそのスマホを確認する必要が出てきます。

2段階認証は完璧ではないのか。

Shahさんが見つけた2段階認証突破方法を実行するには「ターゲットのアカウント名とパスワード」「2段階認証に登録された携帯電話の番号」「発信者電話番号偽装サービス」「キャリアのボイスメール用の電話番号」の4つが必要になります。発信者電話番号偽装サービスとは、SpoofCardといったネットサービスのことで、有料ですが登録しておけば電話をかけるときに相手のデバイスに偽の番号を表示させられるというものです。

上記の4つを準備したら2段階認証の突破スタート。まずは、ターゲットの2段階認証設定されたアカウントにログイン。アカウント名とパスワードを入力すると、2段階認証用の認証コードをショートメールで送信するか、電話で送信するかなどのオプションが表示されます。この間に2段階認証に登録されたターゲットの携帯電話に電話をかけ、ターゲットの携帯電話が着信中であることを確認したら、「電話で認証コードを送る」を選択して実行。すると、ターゲットの携帯電話が通話中のため、認証コードはターゲットのボイスメールに保存される、というわけです。ーGigazine

上記の文のように2段階認証を突破する方法があるとされています。

しかしながら2段階認証を突破まで使用とするのはそれなりに資産を持っている人が狙われる可能性が高く(誰も少額資産を持つ人の資産を持つ人をリスクを冒してまで盗もうとしないのではないか)、その際は取引所に大金を置いたままにしておかず、個人用のウォレットを使用し、オフライン上で自分で管理することがより安全になります。

取引所のセキュリティについて(コインチェックの例)

私がメインで取引している国内取引所「コインチェック」 のセキュリティについてご紹介します。

coincheckでは、システムの安定性、セキュリティ認証強化や短時間でスムーズな取引を保証する堅固なサービスを持って、お客様に安心してビットコインを扱える環境を整えています。

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。
coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。
97%以上の資産が、このコールドウォレットに保管されています。

お客様からの預り金は経営資金とは完全に分離して管理しています。
預り金を会社の資金として運営に用いられることは決してございません。

コインチェックはビットコイン以外の通貨を取引ができる国内取引所では最大級の取引所となります。ビットコイン以外の通貨、「イーサリアム」や「リップル」が大きく値上がりを見せる中、大きな注目を集めている取引所になります。

注目の国内取引所コインチェックについてはこちら↓↓

 

仮想通貨を保管する自分のウォレットを持つ

ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨保管する場所になります。 例えば取引所で日本円でビットコインを買った場合、ビットコインは「取引所のウォレット」に預けていることになります。

この「取引所のウォレット」以外に個人でウォレットを作成して持つことができます。 有名なものでオンラインでのウォレットやオフラインでのハードウェアウォレット、コールドウォレットなどがあります。

ウォレットの種類とその説明についてはこちら↓↓

大金は取引所に預けておくと危険性が高まる

取引を行わない、大きな金額の仮想通貨を持っている場合は、取引所においておくのではなく、個人用のウォレットで保管することがセキュリティ上安全性が高まるといわれています。 その理由としては取引所は大変大きな金額の仮想通貨を置いている所であり、ハッカーが常に狙っているからです。

参考記事↓↓

 

現在はオフラインのハードウェアウォレットが主流

ここでオススメなのが、「ハードウェアウォレット」と言われるウォレットになります。これは、いわゆるパソコンでデータを記録するUSBのようなもので、(USBとは違います。)パソコンを通じて通貨をハードウェアウォレットに入れてあとは、オフライン(ネットがつながっていない。)上で保管することができます。

ネットがつながっていなければ、ハッカーは通貨を狙えないということです。

有名なハードウェアウォレットに「TREZOR(トレザー)」というものがあります。ハードウェアウォレットによって保管できる通貨の種類が異なりますので、購入前に確認しておく必要があります。(ビットコインはほとんど対応しているが、その他の通貨はあまり取り扱いが少ないです)

トレザー(ウォレット)はこちら

また大金でなければ、オススメなのがオンライン上でのウォレットでは「ブロックチェーンウォレット」が人気があります。

仮想通貨取引でセキュリティの知識は必須

このサイトを運営していると様々な方からご意見や質問いただきます。

ブロックチェーンウォレットでIDとパスワードをパソコンに記憶させてましたが、紛失してしまいログインできません。」「ビットコインを送金したのですが、アドレスが間違っていてコインが戻ってきません。」「取引所に何度ログインしても入れないのです。

仮想通貨取引でやはり私達が一番興味があること、それは「投資で利益を上げる」それがほとんどだと思います。

仮想通貨取引とは本来個人間の取引を実現したものです。 ですので銀行を通さないため格安な手数料ですし、海外送金であっても24時間365日好きな時に、どこからでも行うことができる画期的なものなのです。

しかしながら、私たちは従来の銀行取引と同じような感覚で「パスワードを紛失してもすぐに発行してくれるだろう」「送金に失敗しても、すぐに戻ってくる」「取引所に預けておいて、私のアカウントが乗っ取られてコインが盗まれても取引所がなんとかしてくる」と無意識のうちに考えてしまいがちです。

ですので仮想通貨つまり皆さんの「大切な資産」をしっかり守るためにも、必ずセキュリティの知識は、どなたでもしっかりと学んでいく必要があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)