初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

与沢翼氏が仮想通貨投資を開始〜3億円の予算

与沢翼氏が仮想通貨投資を開始〜3億円の予算

あの秒速で億を稼ぐと言われている「与沢翼(よざわつばさ)氏」が予算3億円仮想通貨投資(暗号通貨)を開始したとのことです。 直近の2017年9月にはリップル(Ripple)を1億円買ったとツイッターでつぶやいたことでも話題になりました。(ビットコインも同時に保有)

当初より与沢翼氏は仮想通貨は『投資に値しない』とユーチューブで発言をしていましたが、ここにきて方向転換し仮想通貨の投資を開始しています。

与沢氏が当初 「仮想通貨投資を投資として値しない」と発言した理由とは、そしてなぜリップルを1億円買ったのかをまとめました。

関連記事▼▼

秒速で億を稼ぐ与沢翼氏について

与沢 翼(よざわ つばさ、1982年(昭和57年)11月11日 – )は、日本の実業家、投資家。ドバイ在住[3]。早稲田大学社会科学部卒業[1]。ネオヒルズ族を自称していた[4]。株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings、株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス[4][5]、株式会社All of me(オールオブミー)代表取締役社長[6]。ーウィキべディア

与沢氏といえば、最近はドバイからユーチューブで動画配信をしており、そこで株や不動産など投資関係についての配信をが主になっています。

当初与沢氏は仮想通貨投資を否定していた。

この動画では与沢氏が仮想通貨投資について、ブロックチェーン技術を含めて仮想通貨投資の特徴を配信しています。(2017年1月現在) この動画で与沢氏は

仮想通貨は投資に値しない

という発言をしています。  

2017年9月の段階で彼は億単位の資産をつぎ込んでいるので、「この段階での発言」というべきでしょう。

与沢氏のこの動画の発言の特徴としては

  • 株のように配当がなく値上がりの利益しかなくリスクが大きい。
  • 仮想通貨は中国での割合が大きく、その影響がバブルにつながっている。
  • IT大国として進んでいるドバイではビットコインが普及していない。(フェラーリでビットコイン決済をしたいらしい) 
  • ビットコイン導入店が為替差益の影響を受ける。
  • 税制が不透明であり、国が管理できるかが疑問が残る。

が主な項目としてあげられます。

株のように配当がなく値上がりの利益しかなくリスクが大きい。

通常株や不動産(住居者がいる場合)などの資産は保有しているだけで、配当や収益が入ってきます。 それに比べて仮想通貨の場合は値上がりした場合にプラスとして収益が入ってくることになり、この点では株などに比べて外国為替に最も近いことになります。

しかしながら株も値下がりする場合もあり配当金以上に損失を受ける可能性もあります。また不動産についても入居者がいることで収益が入ってくることになり、これらも投資としてはある程度のリスクがあるには変わりがありません。

仮想通貨は中国での割合が大きく、その影響がバブルにつながっている。

与沢氏が2017年1月時点でこのような発言をしているのは、2016年末の中国の仮想通貨取引所の引き出し制限の問題からビットコインが急落したことが理由になっていると思います。

当時の中国の世界での仮想通貨のシェアは高く、中国政府の規制が大きな価格の変動に影響していたことは周知の事実です。

ですが、この急落は1ヶ月もしないうちに回復をしており、この後、日本のビットコインの取引高は一時的ですが世界の40%のシェアを占め中国だけのシェアではないことを証明しています。

関連記事▼▼

IT大国として進んでいるドバイではビットコインが普及していない。

以下のようにドバイは仮想通貨の技術を積極的に取り入れています。

This wave of digital innovation comes as part of the government’s plan to become the first Blockchain government by 2020. Some of Dubai’s recent Blockchain ambitions by 2020 include:

  1. Reducing the cost of document processing by billions of dollars through eliminating manual processing of residencies, passport documentation and visas through a partnership with ConsenSys.
  2. Improving governmental operations and Islamic banking by moving inter-governmental paperwork onto the Blockchain through a new local startup called ArabianChain.

Several other Blockchain prototypes are currently being deployed by the Dubai government and the tech giant IBM, using Hyperledger’s Fabric tech.

It is, therefore, safe to say that Dubai no longer views Blockchain as a fad, and will likely be the world’s first in deploying fully functional governmental Blockchain services.ーcoin telegraph (2017.8.31)

翻訳→ このデジタル化の波は、最初のブロックチェーン技術を使った政府としての計画をドバイは2020年までに加速させるとしています。1企業とパートナーシップを組み、パスポートや住居証明などの書類については大幅(何千億円規模)なコスト削減を図る。2政府の仕事やイスラムの銀行のペーパーワークについてブロックチェーン技術で解決を図る。 幾つかのプロトタイプとしてドバイ政府やインターネット巨大企業のIBMの技術を使って行われています。これらのことを含めドバイはブロックチェーン技術を使った世界で初の政府を目指しています。

A British baroness and asset management conglomerate Knox Group have partnered with BitPay to offer luxury Dubai property for Bitcoin.

The three-way venture will see 1,133 apartments on offer by 2019 worth around $330 mln, with the first 150 for sale at a 20 percent discount..ーcoin telegraph (2017.9.6)

→イギリスの資産運用会社であるKnox グループはビットペイ(Bitpay:アメリカのブロックチェーン関連会社、ウォレットやビットコインデビットカード事業を行っている。)とパートナーシップを組みドバイの高級不動産のビットコインの支払いに対応する。2019年までに1113の不動産(約360億)が出される予定となっており、最初の150の不動産は20%のディスカウントとなっています。

これらのニュースのように、ドバイは仮想通貨の技術を積極的に取り入れ始めています。またビットコインを使った不動産の購入についてはおそらく世界初でのニュースとなっています。

私の知り合いもドバイに住んでおり、海外の取引所で大きな金額で仮想通貨に投資をしていますが、私が彼に「そんなに稼いで税金はどうなの?」というと「税金?払う必要ないけど。」。。。 与沢氏がドバイに住んでいる理由の一つでしょうか。

ビットコイン導入店が為替差益の影響を受けるのか

現在ビットコイン支払い可能店舗は関東を中心にどんどん増え始めています。

ビットコインで決済する場合、その店舗にビットコインを送金しますが、最終的には取引所から店舗との間で日本円とビットコインを交換することになるのです。 なのでどのレート(ビットコインが値上がりしても値下がりしていも)にしても店舗が日本円で受け取る金額は基本的に請求額と同じになると思われます。

すでに記事で書きましたが、今後ドバイの高級不動産の購入にビットコイン決済が可能になることが決まっています。なので与沢氏の当時の意見から半年後は大きく自体が変わっているのです。

関連記事▼▼

税制が不透明であり、国が管理できるかが疑問が残る。

国税がどのように仮想通貨の収益を管理するのかはまだ今の所はっきりしていませんが、ビットコインを含む仮想通貨は、為替差益で利益を得る「外国為替」と似ていますが、通貨として保有している仮想通貨は、ICOの投資、個人のウォレットや海外の取引所などブロックチェーン上でつながったあらゆる所へ資金移動が可能です。

ブロックチェーン上の履歴はインタネット上で公開されているため、それを追うことは可能ですが、複雑に取引された通貨間で収益を把握するのは、簡単ではないのは言うまでもないと思います。

この辺の所については、今後規制で入り収支として管理しやすくなる(海外送金の制限?)体制の構築の可能性も考えれます。

関連記事▼▼

 

与沢氏が1億円投資をした「リップル(Ripple)」とは

 

 

与沢氏は以前ファクトムを購入していましたが、突然それを売り、「リップル」を購入しており、また与沢氏はリップルの購入について動画でSBIで使用されたリップルの資料を使ってリップルの実用性を説明しています。

リップルについては、私も投資をしていますが、2017年3月から大きな値上がりを見せ、2017年だけでも50倍以上の値上がりを記録しています。(その後価格は下落しています。50円から25円へ)

関連記事▼

確かにリップルについては与沢氏が説明しているとおり、世界的な銀行送金の仕組みを変えるというとても大きな事を行っているのは確かです。 本来仮想通貨は個人間の迅速な取引であり、管理者がいない仕組みですが、リップルの技術を使った銀行間送金では、銀行が管理する中央集権的な仕組みは、他の仮想通貨と大きく違うところがあります。 その辺が価格にどう影響してくるかが注目するポイントだと感じています。

ネムやモネロなどの通貨が2017年夏に大きく値上がりを見せている中、リップルは静けさを保ったままになっています。しかしながら下値で推移しているからこそ、もし値上がりした時は利益が大きく出しやすいのは言えると思います。

「リップル」「イーサリアム」「モネロ」「ネム」などの世界的に有名な通貨が取引できる国内注目の取引所『コインチェック』はこちら▼▼

コインチェックの登録はこちらから↓↓(メールアドレスで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

与沢氏の発言から常に世界は変わってきている

与沢氏が仮想通貨投資は「投資に値しない」と発言した2017年1月から、ドバイ政府も積極的に仮想通貨の技術を取り入れ、高級不動産のビットコイン支払いに対応したりと大きな変化を見せています。

なので与沢氏が発言したその時に例えその発言がそうだとしても世界は常に変化しており、その時の与沢氏は仮想通貨の技術が将来的にどのように採用されていくのかは、その時点ではまだ予測が本人では難しかったのかもしれません。 

しかしながら、今回仮想通貨投資を決断して行うフットワークの軽さについては、投資家として時代の流れを常に把握しているからこそできることではないでしょうか。 彼がしっかりと投資について勉強を行っているのは間違いありません。

与沢氏の投資方法は世間一般に当てはまるのか

与沢氏は今回リップルに一億円の資産を投資しています。 この一億円が与沢氏の資産の中でどの程度なのかはよくわかりません。彼の年収は一方では13億円という話があります。

しかしながら、通常の投資を行っていく上で、手堅く大きな収益を上げている人の特徴としては時価評価額の高い通貨に「分散投資」をしているのがあげられます。 

これまで仮想市場全体が値上がりしてきたため、仮想通貨を普通に持っていれば利益を上げることができる状況であったと言えます。しかしながら今後1000種類を超える通貨で90%上が今後実用性がなく消えてなくなると言われており、私たちは自分で通貨のことを調べ、手堅い通貨へ分散投資をすることが重要になってくると思います。  有名人の投資は大きな話題を集めますが、私たちは簡単に噂に乗ることなく手堅くいくべきなのです。

関連記事▼▼

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事