(海外)Binance(バイナンス)

仮想通貨取引所「バイナンス」が新型コロナウイルス で1億6300万円を寄付

仮想通貨取引所「バイナンス」が新型コロナウイルス で1億6300万円を寄付

世界最大の取引所として知られるバイナンス(Binace)のCEO「CZ」が、中国で感染拡大がおこっている新型肺炎コロナウイルスについて寄付を行う支援の表明しました。

CZから発言があった寄付額は約1億6300万円となっていて、今回バイナンスはビットコインなどの仮想通貨を使った寄付ではないようで、別の方法での寄付を行うとされています。

バイナンスはこれまで、西日本豪雨災害ノートルダム大聖堂、そしてオーストラリアの森林火災など世界的な災害に対して積極的に寄付を行っています。

またCZのツイートには仮想通貨での寄付を呼びかけるMatthew Graham氏のツイートのリンクが記載されており、そこでは500万円ほどのUSDTでの寄付が行われています。

仮想通貨取引所バイナンスが新型肺炎の被害(犠牲者)に対して寄付を表明

バイナンスCEOのCZ氏は、26日、ツイッターに同社がコロナウイルス患者への支援として、150万ドル(約1億6300万円)の寄附を約束すると投稿。 その後も、次のような支援の様子をツィートし続けている。

・中国や日本など近辺諸国では空気感染を防ぐ「N95マスク」が品切れ状態が続く中で、8000超のマスクを購入し、武漢へ送り届けるロジスティクスを模索。 

他国から約70,000枚のマスクの注文を追加。 中国のEコマース最大手やロジスティクス企業と連携中。 混乱を避けるために中国政府も我々の支援努力を調整中。

・バイナンスチームが慈善活動を推進していることを大変誇りに思う。 人々が回復するのを助けるために、自分たちの役目が果たせることを願っている。

 

上のツイートが実際にCZのコメントになります。

中国の「武漢」で仮想通貨で寄付を行うのでは現状として得策ではありません。バイナンスは今回の犠牲に対して、150万ドルの寄付を考えています。

また最近は非常にバイナンスの運営が忙しく、私たちは特にアナウンスは出来ませでした。

バイナンスでの仮想通貨のこれまでの寄付は以下のとおりです。

西日本豪雨災害

ノートルダム大聖堂の火災

オーストラリアの森林火災

ツイッター上でマシューグレハム氏が仮想通貨の寄付を呼びかけ

マシュー氏は、Sino Global CapitalのCEOで、中国のブロックチェーンと関連があります。

そうしたことで、彼はツイッター上で仮想通貨USDTでの寄付を呼びかています。

*USDTはドルの価格に連動した仮想通貨

上の画像は彼が呼びかけている募金のアドレスの取引状況です。

ヨリコ
ヨリコ
基本的に仮想通貨のアドレスは、ネット上公開されているので誰でも入出金全ての履歴を見ることができるの。
あわせて読みたい
仮想通貨(ビットコインなど)で寄付(募金)をする方法について〜送金の仕方ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を使って、災害の被災地などに寄付(募金)をする方法についてご紹介して行きます。 「仮想通貨...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

国内最大級の仮想通貨自動売買システム

クオレア(QUOREA)〜仮想通貨自動売買の実績・評判と口コミを徹底検証

初心者でも利益が上げやすい自動売買システムは、国内ではクオレアが1000以上の自動売買システムを提供。 価格の上昇だけでなく価格の下落からも利益が狙える自動売買は通常の投資と組み合わせて効率的に運用が可能

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら