CoinCheck(コインチェック)

コインチェック取引所で行う資金調達「IEO」とは?〜注目の銘柄と価格について

コインチェックで行う資金調達「IEO」とは?〜注目の銘柄と価格について

国内の仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)が、国内では初めて取引所が行う資金調達であるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファーリング)を発表しました。

IEOでは取引所が精査・審査した案件について資金調達を行うため従来のICOでの資金調達に比べて安全性や将来性が高く、多くの投資家を呼び込む可能性があると言われていて評判や口コミも広がっています。

投資が利益を狙っている中で、注目はコインチェックがどのような銘柄を扱うのかということです。

IEOで購入することができる仮想通貨は価格が付くため、良い案件であれば上場後に価格が上昇する可能性があり、投資家での注目の投資と言えます。

ヨリコ
ヨリコ
ついにきたわね! コインチェックは国内でも仮想通貨の銘柄が豊富で、いつも新しいサービスを展開している取引所。

IEOは仮想通貨のメリットを最大限に活かすことができ、国内で注目されると仮想通貨の認知も高まるはずだわ。

公式ページ

コインチェックがIEOを使った資金調達を発表

トークンによる資金調達を仮想通貨取引所が支援する事業は「IEO(Initial Exchange Offering)」とも呼ばれており、企業やプロジェクト等の発行体がユーティリティ・トークンを電子的に発行することで資金調達を行う仕組みである決済型ICO(Initial Coin Offering)の中でも、仮想通貨取引所が主体となって発行体のトークンの販売を行うモデルです。

仮想通貨取引所がしっかりと審査をして、企業の資金調達を支援することはより多くの投資家を呼び込むことになると予想されます。

従来のICOの持つ「資金調達コストの削減」「ファンコミュニティや独自の経済圏の創造」「エクイティの分配を必要としない資金調達」等のメリットを残しつつ、仮想通貨取引所が発行体の審査等を行うことにより、より信頼性を担保した手法と言われています。海外ではすでに、大手の仮想通貨取引所がIEO事業を開始し、多種多様な発行体が世界中の投資家から資金調達を行っており、新たな資金調達手段として注目を集めています。

 

仮想通貨はデジタルな通貨・資産としての特徴から資金調達について非常に相性がいいと言えます。

またIEOでは「仮想通貨取引所が審査するためより良い案件に投資ができる可能性が広がる」というのが大きなメリットと言えます。

仮想通貨の資金調達の利点

●送金スピードが早くコストが安いため資金調達がしやすい

●仮想通貨を使うことのより、一般の投資家を含めて多くの投資家を呼び込むことが可能

という利点があります。

ヨリコ
ヨリコ
銀行送金などで送金する場合に比べて、仮想通貨は非常に効率よく投資ができるわ。

そして資金調達を受ける側も従来の資金調達よりもハードルが下がり、国内でも資金調達が難しく、有望なベンチャー企業も利用できるようになるよ!

従来のICOとIEOの比較について

資金調達内容安全性
IEO取引所が資金調達を希望する会社に代行してコインを発行高い傾向
ICO資金調達をしたい会社がコインを発行。全体的に低い傾向

IEOと従来のICOについては以下の通りです。

ICOは2016年からどんどん世界的増えていきました。

2017年は特にICOの全盛期で毎日のようにICOが実施されましたが、中身の無いプロジェクトである、つまり詐欺ようなものばかりでした。

ヨリコ
ヨリコ
2017年は特にICOが乱立した年でもあったわ。

ほとんどが怪しいICOだったけど、ちゃんとプロジェクをリサーチして投資をすれば、上場後2倍ー5倍の上場などは、割と簡単に狙える状況であったと言えるのよね。

ケイシ
ケイシ
つまり先行者利益投資という視点は投資に重要になるとも言えます。

コインチェックのIEOの参加者について

コインチェックでIEOを行うための参加者について「これまでトークンを活用した資金調達を行っていない企業やプロジェクト等」となっています。

現在のところの具体的なIEOの参加条件については以下の通りです▽▽

IEOの参加企業条件

●すでに事業を行なっており、コミュニティと事業を成長させたい企業

●トークン(通貨)を有効に活用して自社のコミュニティを拡大させる

●会社の事業単位で資金調達を検討している。

これまでの海外の取引所のIEOの状況

海外の取引所ではいち早く取引所でIEOを行なっています。

ここでは有名なIEOをピックアップし、上場後の価格の状況についてもご紹介していきます。

世界最大の取引所バイナンスのIEOは全勝中!

世界最大の取引所であるバイナンスはいち早くIEOを実施し世間の注目を集めました。

2019年8月までに行なったIEOは以下の通りです。

通貨名IEO価格上場日上場後高値倍率
BitTorrent0.013円2019年1月0.197円15倍
Fetch.AI9.5円2019年2月53.6円5.64倍
Celer Network0.737円2019年3月4.4円5.97倍
MATIC NETWORK0.29円2019年4月4.96円17.11倍
Harmony0.35円2019年6月3.39円9.69倍
Elrond0.072円2019年7月

以上がバイナンスでのこれまで実施したIEOですが、全て5倍以上の値上がりとなっているのがわかります。

特にMATICNETWORKに関しては17倍とバイナンスでのIEOでは最高の値上がり倍率となっています。

BitTorrentのIEOから大きな注目を集める

BitTorrent(ビットトレント)は2019年1月に仮想通貨トロンのCEOであるジャスティン・サンが買収したことで大きな話題になりました。

BitTorrent(ビットトレント)は買収された時にすでに1億人を超えるユーザーを抱えるプロジェクトでした。

その後ビットトレントはバイナンスでのIEOを通じて資金調達を行います。

バイナンス初のIEOということで、大きな注目を集めたこともあり、上場し価格は一定の価格を保っていましたが、10日を経過したあたりから大きく上昇し、最大15倍の価格を記録しました。

ヨリコ
ヨリコ
バイナンスのIEOがなぜこれほどまでに成功したのかというと

バイナンスという世界最大の取引所の知名度とこれまでの実績」と「IEOを初期に行なった

という2つの要因が大きく影響しているのではないのかしら

あわせて読みたい
Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録(口座開設)方法と評判について海外で世界最大級の仮想通貨取引所と言われる中国発ののBinance(バイナンス)は、海外で様々な仮想通貨(暗号資産)の売買をしたい人にオ...

BTCNEXT取引所

ノアコインのプロジェクトが設立した取引所のBTCNEXT。BTCNEXTはフィリピンとエストにはで仮想通貨取引所運営のライセンスを取得しています。

BTCNEXTのIEOであるQDAO(キューダオ)

BTCNEXTが発行するステーブルコインの裏付けとなる通貨であるQDAOは2019年6月にBTCNEXTからIEOとして発行されました。

IEO時期2019年6月(月1回づつ実施)
上場後の価格110円 (6月)
上場後最高値6500円 (8月)
上昇率5900%

QDAOについては、上場後の最高価格としてなんと59倍もの値上がりとなっています。(2019年8月末時点)

QDAOのIEOは少し特殊でいつでも通貨が買えたわけではなく、毎月1日にIEOが実施されています。

なので各月にIEOがどのくらいの人が買えたかというのが重要な視点となると思います。

コインチェックのIEOの方向性と投資方法

国内ではいち早くコインチェックがIEOを行うと発表しました。

今後IEOが実施されるとなると国内でも大きな注目を集めるに違いないと予想されます。

注目が集まる最初のIEOだからこそ、有望なものを上げてくる可能性がある

ヨリコ
ヨリコ
国内初のIEOとなるとコインチェックも第一弾は優秀なIEOを選定してくる可能性があるわね。

だって一番目のIEOが成功することは今後のIEOの実施にもつながるもの。

ケイシ
ケイシ
そうですね。

私もコインチェックのIEOには注目しているし、プロジェクトの内容が面白そうであればぜひ参加してみたいですね。

IEOの参加多数が予想され抽選などになる可能性も

IEOの参加については多くの注目が予想されるので、以下のような場合もIEOの参加条件可能性として考えられます。

IEOの参加条件

●コインチェックに口座を持っている(必須)

●応募については抽選になる可能性(予想)

●プロジェクトによっては一人20万円までなどの金額の上限(予想)

コインチェックの参加条件については様々な場合が考えられますが、応募が殺到する場合などは抽選制や一人当たりの金額の上限が設定される場合があります。*通常は資金調達額の上限を定める場合が多いため。

一人の投資家が多くの資金調達をすると、その人の投資の状況によって大きく価格に左右されることがあるからです。

ヨリコ
ヨリコ
そうよね!

例えば1億円の資金調達で、一人が5000万円の通貨を保有していると、その人の売りだけで大きく通貨が下落して、そのほかの人まで巻き込まれることになってしまうわ。

なので相場の安定を考えると多くの人に出来るだけ参加してもらい、そしてより調達額に到達してもらいたいと思うはずよ。

コインチェックのIEOの評判と口コミについて

コインチェックのIEOの銘柄について

*発表され次第、IEOの銘柄と分析をここに記載します。

コインチェックの国内初のIEOは見逃せない

今回国内の大手仮想通貨取引所であるコインチェックが、取引所を通じての資金調達を行うIEOを発表しました。

時期については今の所未定としており、IEOのプロジェクトについては募集中ですが、国内初のIEO、そして成功についてはIEOが乱立する今後と比較しても成功しやすい状況になると言えます。

今後のコインチェックのIEOを含めた取り組みに期待です。

公式ページ

 

あわせて読みたい
コインチェック(coincheck)の使い方と評判〜初心者が使いやすい取引所コインチェック(Coincheck)は、仮想通貨取引所として簡単に魅力的な通貨の取引ができる初心者に使いやすく、取引がしやすい取引所と言...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら