仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
仮想通貨投資でより実践的な投資内容をお伝えする特別記事になります。将来性のあるオススメの仮想通貨やICOをご紹介

コインチェックが取り扱う魅力的な仮想通貨の種類について

コインチェックが取り扱う魅力的な仮想通貨の種類について

国内の仮想通貨取引で現在注目をされている「コインチェック(coincheck)」。

他の取引所に比べて魅力的な通貨を複数採用し、店舗でのビットコイン支払いの対応、ビットコインでの電気料金(公共料金)対応など、積極的に仮想通貨のサービスを展開している取引所です。

現在(2017年2月時点)コインチェックが取り扱う通貨は「ビットコイン(bitcoin)」「イーサリアム(Ethereum)」「イーサリアムクラシック(Ethereum classic)」「リスク(Lisk)」「ファクトム(Factom)」「モネロ(Monero)」「オーガー(Augur)」「Ripple(リップル)」「ジーキャッシュ(Z-Cash)」「Litecoin(ライトコイン)」「NEM(ネム)」「Dash(ダッシュ)」と時価評価額上位の通貨を取り扱っている取引所になります。

*2017年4月に世界的に注目の通貨「Litecoin(ライトコイン)」「NEM(ネム)」「Dash(ダッシュ)」が追加されました。

注目の取引所「コインチェック」の特徴はこちら↓↓

注目の取引所「コインチェック」の口座開設はこちら↓↓(メールアドレスのみで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

現在時価評価額ダントツ1位のビットコインは、おそらくこれから通貨としては世界で一番使われいていく可能性が高い通貨です。この時価評価額は桁が違い、どの通貨もかなわない状況です。

 

仮想通貨をより簡単に使用できるものへ

コインチェックは、他の取引以上に仮想通貨をより日常的に使用できるものとして普及させたいという気持ちがあります。 コインチェックの取り扱う通貨は仮想通貨では多く取引されている通貨を取り入れています。

コインチェックで働いているエンジニアは通貨の「ホワイトペーパー」と言われる通貨の仕様書をもとに通貨を採用しています。また世界で最大級の取引所とされている「ポロニエックス(poloniex)」でもコインチェックであつかっている通貨は全てカバーをしています。

コインチェックで取り扱う通貨はビットコインのように通貨のみのものだけではなく、「契約を自動化するもの」「匿名性を有するもの」「通貨間の取引の両替機能有するもの」など様々な機能を持つ通貨になっています。

仮想通貨の代名詞ビットコイン(bitcoin)

言わずとしれた仮想通貨の代名詞ビットコイン。

ビットコインについてはこちらでご紹介しています↓↓

暗号通貨2.0の代表格イーサリアム(Ethereum)

こちらまではビットフライヤーまで取り扱っている通貨になります。暗号通貨2.0というのは、通貨機能以外の機能を有した通貨になります。ビットコインが通貨の代表格するとイーサリアムについては現在のところ暗号通貨2.0の代表格と言えます。

現在時価評価額がビットコインに次いで第2位でセキュリティーの問題をクリアできればビットコインの次に注目されている通貨と言えます。

イーサリアムについての特徴はこちら↓↓

イーサリアムクラシック(Ethereal classic)

イーサリアムクラシックについては、イーサリアムが2016年にハッキングを受けて、切り離しを作業(ハードフォーク)を行い、その片方(切り離された方)の通貨になります。

ハードフォークの後にイーサリアムクラシックはハッカーが購入し価格が上がるなど話題になりました。「スマートコントラト(契約の自動化」の本命は今でもイーサリアムです。このクラシックが今後どのような役割を持つのかは注目したいところです。

2016年末に価格が上昇しています。個人的に投機的な価格の値動きではないかと感じています。イーサリアムクラシックがETFに上昇するなどの情報も見かけましたが、もし採用されるにしてもまだまだ先のことではないでしょうか。

ハードフォークの特徴についてはこちら↓

リスク(Lisk)


LISKとは、Lisk(リスク)と呼ばれる分散型アプリケーションプラットフォームプラット内で使用される仮想通貨です。
サイドチェーンの使用や、開発に参入しやすいJavascriptを言語を採用するなど、革新的な仮想通貨ということで注目を集めています。

Liskは、ユーザーがブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、それぞれのDApps(分散型アプリケーションの略)でブロックチェーンを立ち上げ、そこにコードを書き込むという仕組みになっています。

DAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムは開発者が自由にカスタマイズできるという特徴があり、承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代替となるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更もできます。

同じDAppsを用いたシステムにEthereumがありますが、使用する言語やサイドキックの使用はLiskならではの特徴であり、エンドユーザーへのサービス充実が注目されています。-coinchck より

 

チャートでは公開直後から大きく上げ急落、その後2回目の上昇から底値と思われる価格で推移しています。 もう一度、前の上昇の価格まで上がるのであれば、この安値で買っておくことが最もリスクが低い方法となります。

現在時価評価額21位(2017年2月現在)で、最大約46倍もの値上がりをしています。(0.15➡︎7ドル)

ファクトム(Factom)


ファクトムは、貸付記録や証券、保険等、あらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することを可能にします。

Fact(事実)という語源から来ている通り、例えば登記簿登記や印鑑証明など、特定の事実を証明する公証のような役割を期待されています。

大量の記録やデータを中央データベースで管理することは、管理に問題があり、多額の罰金を支払わなければならなくなった例もあるほど、大きなリスクと手間がかかります。
ファクトムを利用することで、世界中に分散されたコンピュータによる安全且つ透明性の高い状態での保存記録が可能になります。

ファクトムがブロックチェーンに記録するのは書類やデータのハッシュのみなので、個人情報や機密データが漏洩することはありません。様々な記録や証明を、大量に、安く、そして機密を保護しつつ記録できるというメリットがあります。

イーサリアムに似た機能を有する通貨で専門家も注目している通貨と言えます。チャートでは緩やかな上昇を続けており、投資の観点からいうと徐々に普及している印象を受けます。 

他の通貨に比べて安定した取引と言えると思います。

未公開からでは約40倍近く値上(0.1➡︎4ドル)がりをしています。

モネロ(Monero)

Monero(モネロ)は、「コイン」「硬貨」という意味の仮想通貨です。
匿名性に特化したアルゴリズムで、リング署名(グループの一員なら誰でも署名でき、検証者に対して匿名性が保証できるデジタル署名の一種)を実装しているCryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Workを使用しており、代表的な仮想通貨であるビットコインよりも匿名性が高いという特徴があります。

その他の特徴として、Moneroのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されるため、
非常に長いアドレスになるという特徴があります。
Moneroアドレスはマスターキーのような役割を果たします。
送金を行うとマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成し、そのワンタイムアドレス宛にコインを送信する仕組みです。

こちらも大きく値上がりした仮想通貨の中で注目されている通貨になります。上げ下げは大きく緩やかな上昇とは言えず、非常に角度がある急な上昇になります。モネロは秘匿性が高い通貨で、通常公開される通貨に比べて取引で需要があるということでしょうか。

将来的にも企業と顧客とのやりとりなのでも、このような仕組みは用いられていく可能性があると思われます。値上がりした通貨でも注目されている通貨になります。

値上がりは約50倍以上にもなります。(0.5ドル➡︎15ドル)

「オーガー(Augur)」

Augurは、Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトプロジェクトの一つで、「占い師」を意味する言葉です。
未来予測市場のための分散型プロトコルで、オープンソースの未来予測市場のプラットフォームにユーザーが参加し、未来を予測して、その予測が正しければ仮想通貨で報酬をもらえるという仕組みで、「群衆の知恵」というシステムとブロックチェーンを使用しています。

群衆の知恵とは、多くの人々がお互いの知識に影響されることなく、個別に自らのデータを生み出し、その個別データを匿名で集計することで、知恵が得られると考える仕組みです。

Augurのプラットフォーム内でトレード可能な仮想通貨は「Reputation(評判)」。
未来を正しく予想できた人はReputationを受け取り、失敗するとReputationを失います。
通貨単位は「REP」、総発行数は1,100万REPです。

あのブックメーカー(イギリス公認のカジノで、サッカー、野球、選挙など幅広い分野でギャンブルができるシステム)や、保険の適用などに期待されている通貨です。

ホリエモンがオーガについて動画でコメントをしています。

公開当初からの値上がり約10倍になります。(1.5➡︎15ドル)

「Ripple(リップル)」

通貨の両替機能を有するリップル

リップルの特徴は下記の記事に記載しています↓↓

実はこれまでリップルは時価評価額第3位だったのですが、「DASH」という通貨に抜かれてしまいました。(2017年3月現在)

ジーキャッシュ(Z-Cash)

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることがZCASHとビットコインとの大きな違いです。正当性を証明するために、ゼロ知識証明が採用されています。

ビットコインで採用されているブロックチェーンは、高い匿名性と信頼性を実現したシステムです。
しかし、ビットコインは仮名性で取引を追跡できることから、完全な匿名性とは言えません。

ZCASHは、取引を追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨です。
ブロックチェーンに加え、各取引の仮想通貨の量、送信者、受信者を非公開にした状態で送金処理が可能になりました。

ブロックチェーンシステムを利用する仮想通貨の取引では、仮想通貨の所有という事実を証明する秘密鍵情報を使用し取引が行われます。
ZCASHはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済を可能にし、取引の追跡を不可能にする仕組みです。

公開当初にものすごい値上がりをしたし通貨です。

ですが、その値上がり中に仮に買った場合はかなりリスキーな投資になったと言えます。価格が急落後には、まだ値段が戻らない状況が続いています。

しかしながら現在の状況が底値付近として買っておいた場合に、将来的に大きく上昇し、前の水準まで戻した場合は大きな利益が上げられる通貨です。 今の低価格の状況で通貨を買っている人もいるようです。(私も持っています。)

しかしながら将来的に価格が上昇していくとしても、ビットコインが成熟し、これらの通貨が用いられるのと同じように、もうすこし先になるかもしれません。

こちらの価格は160倍ほどの上昇になります。(30ドル➡︎4800ドル)

「Dash(ダッシュ)」2017年4月追加!

2017年からのチャートで、2月後半の15ドルから上昇し、一時100ドル超えの上昇を見せています。その後価格が少し下がりますが、安定した値動きとなっています。

DASHはコインミキシングという手法を用いた「Darksend」と呼ばれるトランザクション形式を採用しています。通貨が送受信される際に経由する管理ノードにより複数の依頼がシャッフル(ミキシング)されるため、誰のコインが誰に渡るのかといった情報が分からないのが特徴です。

また、DASHでは「InstantX」と呼ばれる機能の導入により、即時取引が可能となりました。InstantXでは分散されているノードから承認用のノードを選出し、選出したノードに承認作業を一任することで承認作業の高速化を実現しています。ビットコインの承認が10分かかるのに対し、DASHでは数秒〜数十秒程度だと言われています。

「Litecoin(ライトコイン)」2017年4月追加!

2017年に入ってかららのチャートですが、3月から大きく値上がりをしています。 (約4ドル➡︎約10ドル)

これはライトコインがビットコインに先行してスケーラビリティ(拡張性)を改善する「セグウィット(Segwit)」を取り入れたためだと言われています。

取引速度をより早く、ビットコインの改良版として開発したライトコイン。実際にセグウィットが取り入れられるとさらに価格が上がるかも知れません。基本的な仕組みはビットコインと同様ですが、ビットコインに比べ、より高速な取引が可能です。また発行枚数の上限が8,400万枚とビットコインのおよそ4倍に設定されています。一般的なスペックのコンピューターでも採掘が可能なため、採掘対象のコインとしても注目されています。

ライトコインに関する記事はこちら↓↓

「NEM(ネム)」2017年4月追加!

2017年からのネムのチャートで、0.0036から4月には0.03ドルを超えるなど10倍近い値上がりを見せています。

NEMは多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨です。ビットコインでは採掘を「マイニング」と表現しますが、NEMでは「ハーベスティング」と表現します。

仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)は、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。全ての人に平等に利益を得る機会を与えていることから、「富の再分配」と表現されています。

一歩先を進んだ国内仮想通貨取引所「コインチェック」

このように、時価評価額が高く注目されている通貨を取り扱う国内仮想通貨取引所「コインチェック」は、他の取引所に比べ一歩先を進んだ取引所と言えます。

現在はどの取引所よりもビットコインの普及に努めており、注目を集めています。

注目の取引所「コインチェック」の特徴はこちら↓↓

注目の取引所「コインチェック」の口座開設はこちら↓↓(メールアドレスのみで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事