初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨で億り人(おくりびと)になった人の特徴とは〜生活と税金について

仮想通貨で億り人(おくりびと)になった人の特徴とは〜生活と税金について

仮想通貨投資(ビットコインやリップルなど)に投資をして、金融資産で億を超える資産を築いた人「億り人(おくりびと)」の特徴についてまとめました。

果たして億り人とは? サラリーマンでも可能なのか?そして仮想通貨で億を稼ぐ人の生活の特徴と税金はどう言ったものなのか。

仮想通貨は特に2017年は激動と言える市場であり、ほとんどの仮想通貨が暴落を経験しつつも軒並み値上がりをしました。

仮想通貨の中には時価評価の高いリップル(Ripple)ネム(nem)といった世界的に有名な通貨でも200倍を超える値上がりをしています。

*億り人・・・金融資産で億の資金を築いた人。(相続したものは含みません。)

初期投資が少なくても資産を築ける

こちらは仮想通貨のリップル「Ripple」という通貨です。

1年の値動きのチャートですが、0.7円の当初から年末には290円を記録し、1年間の値上がりは414倍となっています。

要するに初期投資25万円のリップルの投資で2017年の1年で1億円となります。

もちろんこのようにして1億円を築いた人も中にはいると思います。

私の知り合いでも、200万円のリップルを2015年から投資をしていた人がいました。 リップルが50円まで値上がりした時に少しづつ利確(数百万程度)していたとのことですが、それでも億以上の利益は出ています。

ただここでは簡単に1億円まで行けるというイメージを持たれた方もいるかもしれませんが、仮想通貨自体が以前はもっと怪しまれていたのは確かで、普通の人がそう言った状況で簡単に投資するというのは簡単とは言えないと感じています。

しかしながら資産がなくても情報収集を継続していれば可能性はあると思います。

関連記事▼▼

億り人の状況

ビットコイン研究所の大石氏のツイッターのフォロワーからの調査に成ります。

総回答数 366

1億円以上 216(59%)
2億円以上 33(9%)
3億円以上 15(4%)
5億円以上 102(28%)
 
分布は1億円前後が最も多い。注目すべきことに5億円以上が102名(28%)も居ることだ。多数の億超えがあったとは予想していたが、5億を超えるレベルがこれほど居るとは想定外であった。
 
なお、これらはあくまで調査時点での時価評価額での回答である。仮想通貨は、ものによっては数日で半分になることもあるため、状況は変動が大きいものととらえたし。
 

同時に投資元本について聞いた。いわゆる種銭である。これもほぼ同数の341人から回答が得られた。

これによれば、200万前後という小資本で始めた人が多く60%を占める。金額の調査でも60%が1億円を保有とあるので、ぴったり一致する。

「典型的な仮想通貨の億万長者は200万円の元本を1億円にした」と読み取ることができる。約50倍のリターンである。

とりわけXRPや、NEMは、日本において根強いファンが形成されており、当時から数百万円分のXRPやNEMを保持していた層は多い。これらの層が今回の急激な値上がりにより、すべて億万長者になったと考えられる。-BLOGOS

この調査は仮想通貨に「リップル」と「ネム」高騰した2017年5月の調査です。

このサイトでも億万長者の続出とした題名でリップルとネムを紹介しています。

関連記事▼▼(若くて資産を築く人が増加)

現在はさらに「億り人」は増加か!?〜仮想通貨は最大のバブル?

これは2017年5月の調査であり、当時50円だったリップルも290円と年末にかけて上昇しており、億り人はその時以上に増加しているものと思われます。

個人資産200億といわれている株のトレーダーで有名な「CIS氏」のツイートです▼▼

投資経験が長いCIS氏が彼が一番見てきた中で仮想通貨は「バブル」と語っています。

お金持ちは情報に敏感、投資金額も大きい

株式投資がメインのCIS氏が2017年後半に仮想通貨投資に参戦、1000万円以上の元本を「モナコイン」に投資をしています。

億り人になった人はこのように投資資金が大きいという特徴があります。一般の社会人では当然1000万円の投資資金は用意するのは不可能と言えます。

値動きが大きい言われている仮想通貨に一般の人が投資するのは5万円、10万円、20万円という投資金額が一般的かもしれません。

知り合いの税理士さんから「主婦から6000万円をビットコインで収益を得たと相談を受けた」と話を聞きましたが、もちろん主婦の方の旦那さんの収入が多くそれだけ仮想通貨に投資する資本があるという特徴があります。

常に資産を増やすために情報に敏感になる〜お金持ちの実践

資産を持っている人はお金を増やすこと、稼ぐことに敏感になっているという特徴があると思います。彼らは当然資産があり余裕資金でお金を増やしたいと考えていますが、お金持ちのネットワークがあり、誰でも買って持っておけば儲かるような相場やチャンスには特に敏感と言えます。

私の知り合いもリップルに2015年から投資をしていて、本人は資産家ではありますが、投資の経験もあまりなく、ただ仮想通貨会で現在でも有名な方から当時情報をもらってリップルに200万円を投資をしていただけなのです。 なので彼は今だに仮想通貨の売買や引き出し方法はよくわからず私に聞いてきます(笑)

たとえお金持ちではなくても、経済の流れや資産を増やすことに敏感になることは誰でもできることなのです。

当然世の中で簡単に手に入る情報では詐欺のようなものも多く、それで損をして資産を増やすことを諦める人もいる方もいて非常に残念な話です。(*実際に仮想通貨のセミナーでも怪しいのが結構あります。)

ですがやはり諦めずに情報収集をしていくことこそが成功に必要だと感じています。

ビットコインではなくアルトコインにも分散投資

仮想通貨で億り人になった「ともやん」さん。*ALT(アルトコインの意味)

彼のツイートにある通り、ビットコインの値上がりは2017で17.5倍。

少ない投資資金からより多くの資産を築こうとするとリップルやネムのようにアルトコインで200倍以上の値上がりをする通貨を選ぶことが必要になるというまでもありません。

1000種類以上ある仮想通貨で、大きな値上がりは日常的に調べれば見つけることがあります。ですが、大きく高騰して暴落をして価格が低いままの通貨も多くあるのが現状です。 

そして将来的には90%以上の仮想通貨が実用性のない草コインとして無くなるとも専門家からの意見であります。

仮想通貨は、ギャンブルとして値動きだけ追って投資するのではなく、実用性、将来性を見て株のように投資するのが本当だと思います。私の配信するメルマガでも常にそういった視点で配信をしています。

関連記事▼▼(少ない資産から1000万円に到達)

関連記事▼▼(仮想通貨情報配信の無料メルマガ)

億り人が多い取引所とは?

私が把握している中でも億り人の人は基本「複数の取引所」分散投資をしています。資産を持っている人で資産を預けている取引所として多く話を聞くのが国内取引所の「コインチェック」になります。

コインチェックといえば、以前から仮想通貨取引所として、積極的に時価評価額の高い通貨を取り扱ってきた取引所です。

取り扱い仮想通貨数は「国内最大」で、コインチェックでは以前からリップルやモネロなど爆上げした仮想通貨を取り扱っており、以前からコインチェックでビットコイン以外にも分散投資をしていた人は資産を築いている人が多い傾向にあると感じてます。

コインチェックは最近芸能人の「出川哲朗」氏を起用したCMを配信し話題になっています▼▼

コインチェックでは以前から「日本一簡単に仮想通貨が買える取引所」としてキャッチフレーズを出しており、実際に仮想通貨を取引する画面は見やすく、私は現在でもメインで取引する取引所の一つとなっています。

注目の仮想通貨が取引ができるオススメの国内取引所コインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

億り人の税金について

「ビットコイン」など仮想通貨の急激な値上がりを受け、国税当局は多額の売却益を得た投資家らの調査を始めた。数千万~数億円の利益を得た投資家らをリストアップ。2018年の確定申告に向け、取引記録や資産状況をデータベースにまとめ、税逃れを防ぐ考えだ。仮想通貨をめぐる本格的な情報収集への着手は、初めてとみられる。

 仮想通貨を物品やサービスへの支払い手段として初めて認める法律が国内で施行されるなど、17年は「仮想通貨元年」と呼ばれた。時価総額1位のビットコインは、1月の1ビットコイン=10万円前後から12月は一時200万円台に、2位のリップルは年初の200倍以上に高騰。1億円以上を稼いだ投資家を指す「億(おく)り人(びと)」が続出したとの情報も出回る。-Hushpost

仮想通貨の利益は基本的に「雑所得」であり、累進課税(稼いだほど税率が高くなる。)で最大55%もの税金がかかる可能性あります。

 

現在FXや株は分離課税が適用され「20%」となっています。 FXも以前は仮想通貨と同じ雑所得としての累進課税が適用されていました。

関連記事▼▼

もちろん1億円の仮想通貨資産があるから全てに税金がかかるわけではありません。

「利益確定」の分に利益がかかってくるのです。なので将来的な税制改定を見越してホールドしている方が大半なのではないでしょうか。

投資資金が少なくても資産を増やすことを諦めないことが重要

以上記事で「億り人」についてまとめてきましたが、仮想通貨だけで億を超えている人は、初期投資も多い傾向があります。しかしながら例え現段階で「億り人」が遠い人でも、仮想通貨のチャートが資産が少ない人でも資産を増やすことができるチャンスがあることを示してくれています。

私の周りにも、本当に普通の会社員で若くて15−20万円を投資資金として500万円に増やした人もいますし、その500万円をさらに生活費以外にも他の仮想通貨の投資に当ててさらに資産を増やしていっている人もいるのです。

仮想通貨の値上がりの中で、金儲けのための詐欺通貨が増えたり、セミナーなどで積極的に勧誘してマイニングに投資をさせたり、代行して運用したりということを行っていることもあって、残念ながら一部ではそういったことで損が出ている人もいます。なので人から積極的に通貨を買うようなことを言われて、それが何かの団体やその人に資金を預けるようなことには、少し注意が必要だと思いますし、基本的には自分で情報を取りに行って投資をすることがやはり姿勢が必要になると思います。

ただ「億り人」によらず何かに成功しようとする場合は常に情報収集など「自分なりの努力を継続していく」ということが非常に重要だと言えます。 そうしないとチャンスが来た時にチャンスを逃すからです。資産を築いている人はそれを実践しています。

この記事も一言で言うと「億り人」になる、または少しでも近くなら「資産を増やすための努力を継続していく」に尽きるのです。

関連記事▼▼

注目の仮想通貨が取引ができるオススメの国内取引所コインチェックの特徴はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)