Ripple(リップル)

リップルの価格はなぜ上がらない?←わけない!上がると思う理由と根拠のまとめ

リップルの価格はなぜ上がらない?←わけない!上がると思う理由と根拠のまとめ

2019年7月時点で仮想通貨リップル(ripple 通貨単位XPR)は、時価評価額が高いビットコインやイーサリアム と比べても年内の価格の上昇率が低い傾向となっています。

なぜリップルの価格がほかの通貨と比較して上昇しないのか?

上がらない理由は?

実際にリップルは銀行間と送金システムで提携をしてどんどん実用化に向けてプロジェクトを進めているためファンダメンタルズ的に価格を上げてもおかしくない状況と言えます。

リップルの価格が上がらないことで、リップルの保有者は不安になったりしていますが、リップルはこれまで大きな上昇を繰り返しており、そのポテンシャルは他の通貨に負けず強いと感じています。

ケイシ
ケイシ
リップルの2019年末の価格予想ですが、もし仮想通貨市場全体がビットコインを筆頭に上昇した時には、私は100円を近い水準まで達するのではないかと考えています。
ヨリコ
ヨリコ
リップルは実質半分以上をリップル社が保有していて、少しづつ市場に放出している状況と言えるわ。

逆にいうと下がりにくいという利点があるの。リップルが依然としてイーサリアムの次に時価評価額が高い(3位)通貨であるのはやはり保有者が多いことを示しているわ。

リップルの購入なら、金融大手マネックスが運営している初心者から取引がしやすい「コインチェック」がオススメね。

リップルの2019年の価格の上昇率〜他のアルトコインに出遅れている。

ここから仮想通貨の時価評価額が高い、ビットコイン、イーサリアム、リップルについて2019年の価格を比較していきます。

ビットコイン2019年の値上がり

ビットコインは2019年2月に37万円の年内最安値を記録しました。その後4月に大きな価格上昇があり、その後米中貿易摩擦などの影響からビットコインが買われることになりました。

100万円という価格を超えたのは2017年末のバブルの時以来ですが、現在のところ底堅い展開が続いています。

イーサリアム2019年の値上がり

イーサリアムの年内の最安値は2月につけた11000円となっています。実際にイーサリアムを始め、アルトコインの価格が上がり始めたのは、ビットコインの上昇に次いで5月中旬からでした。

ケイシ
ケイシ
私がイーサリアムを当初から目をつけていたので、実際に1万円に近い水準で購入することができました。

その根拠としては海外取引所のビットメックスCEOがイーサリアムが1万円を切る可能性があると発言していたのに注目をしていたからです。

ヨリコ
ヨリコ
その後ビットメックスCEOはイーサリアムは2019年の注目通貨となると発言しているわ。

リップルの2019年の価格上昇

リップルの年内安値の水準は2月から5月まで度々32円近くまで下がっています。

そして上昇のタイミングとしてはイーサリアムと同じ5月中旬、一度は50円を記録しましたが、その後は40円代で落ち着いている状況です。

各通貨の上昇率を比較

2019年最安値2019年高値上昇率
ビットコイン37万円140万円270%
イーサリアム11000円33000円200%
リップル32円46円43%

*2019年7月10日現在

各通貨の上昇率を上の表でまとめました。

一番の上昇率はビットコインで270%でイーサリアム を200%と高い水準で上昇しています。

しかしながらリップルは年内で上昇はしているものの、43%の上昇でとどまっています。

 

リップルのこれまでの価格上昇率。ポテンシャルの高さ

これまでリップルが大きく高騰する通貨であることは有名でした。

以下短期間での値動きで大きいものを2017年以降の相場からまとめています。

時期安値高値上昇率
2017年4月4円40円1000%
2017年12月35円400円1040%
2018年4月50円100円200%
2018年9月30円64円113%

これらを見るとリップルは2017年から非常に大きな高騰を繰り返しているのがわかります。

ヨリコ
ヨリコ
2年スパンで見ても、4円から今は42円だから10倍以上の値上がりはしているわね。
ケイシ
ケイシ
そうですね、短期でいうと上昇率は年々落ちてきている状況ですが、長いスパンで見るとリップルは短期的な高騰を繰り返して、上がってきているのがわかります。

 

リップルの大部分はリップル社が保有し、少しづつ市場に放出しているため大暴落は生じにくい

リップルがどのように流通されているかは上の表の通りです。

実は大部分がロックアップと言われ、預けられている状況にあります。

ヨリコ
ヨリコ
ロックアップされるということは、価格がある一定の価格から大きく下がりにくいことを意味するのよ。

実際に大部分をロックアップしているからリップルの価格が上がらないなんていう分析もあるけど、現に2018年1月にはロックアップしていても400円まで上がっているわよ

リップルの大部分55%はロックアップされていて、リップル社を加えると63%が固定。

○ロックアップされているから大量に売られて価格が暴落する可能性が他の通貨に比べて低い。

○これまでの上昇を見ると資金が入った時の高騰のポテンシャルが高い

あわせて読みたい
リップル(Ripple)が1ヶ月で13倍もの価格高騰!!〜ロックアップの要因を検証リップルが(通貨名:XRP)の価格がさらに歴史的な高騰中であり、その要因としてリップル社が550億XRP(通貨量)をロップアップといい、...

リップルの送金システムは着実に実用化されている。

元ゴールドマンサックス幹部のブレアナ・マディガン氏がリップル社に入社したことが分かりました。「私は、グローバルな機関投資家チームを率いるためにリップル社に加われたことを嬉しく思います。デジタル・アセットの大量採用を促進し、国際決済システムの変革に努めていきます。ーみんなの仮想通貨

 

リップルを使ったxRapid(エックスラピッド)はリップルの流通を促す

xRapidとはリップルを使った送金システムになります。

通貨の受け渡しの際に、リップルを

ドル(送金したい通貨)→リップル(送金に使用)→ドル(リップルからドルへ変換)

という風にリップルを送金の目的で使用することになります。

xRapidがリップルを使ったものとしてリップル社は現在そのシステムの普及を行なっています。

リップルを送金に使っても一時的な交換でしかないという意見もある。

しかしリップルを使った送金が増える(xRapidを採用する銀行が増える)と、それに使われるリップルの流通量が増し、価格に影響を与える

リップルの価格は上がらないという理由について

以下リップルが上がらない理由について私なりの考えを整理したいと思います。

*私個人の見解も含みます。

xRapidではXRPの変動幅のリスクから採用していない。

xRapid対応する銀行は増えてきている。そしてxRapidは送金に使われ、即時に法定通貨に変換されるため価格変動の影響は少ない

ケイシ
ケイシ
すでに説明しましたが、xRapidを使った対応の銀行は増加傾向にあります。

リップルを使った送金が増えるということは、リップルの流通量が増し価格に影響を与えるとリップル社も見解を出しています。

リップルは既存の国際送金であるSWIFに取って代わることができないのではないか?

送金スピード、手数料等、実用性においてはリップルが高いのは明白。今後普及がどの程度進むかが鍵となる。サービスを選ぶのは銀行ではなく、最終的には利用者ではないか。

ケイシ
ケイシ
これについては、現在世界の国際送金のメインとなっているスウィフトが利権を持っています。しかしながら既存の国際送金は送金時間と中継銀行を入れているため、手数料が高く実用的でないと言われています。

今後リップルがSWIFTと置き換わることができるかはリップル社がどのようにプロジェクトを進めていくかが鍵となります。 もしリップルが国際送金に採用されると現在の国際送金を扱っている銀行は収益がおそらく落ちることになると思います。

それでも送金を利用するユーザーが、より早く、手数料が安いサービスを求めるのであれば、それが主流になってくるのは時間の問題ではないでしょうか。

リップルは中集権的で分散化されていない。

たとえ中央集権的であったも銀行での国際送金が必要になる限り需要は生まれる。現にリップルの送金システムを採用する銀行は年々増えてきている。

ケイシ
ケイシ
リップルはビットコインと違い、リップル社がロックアップしたり、マイニングがないなどリップル社が管理しているため中央集権的だという批判があります。

ですが、国際送金で送金スピード、手数料を改善するためのシステムとして需要があるため、銀行が存在する限りリップルが中央集権的であっても使われる可能性は高くなります。

リップルは有価証券の可能性がある

リップルが有価証券であるかどうかの見解は出てない。

だがすでにイーサリアムを次ぐ仮想通貨の時価評価額第3位となっていて、多くの人間がリップルを保有している。投資家保護の観点から有価証券という可能性は困難ではないか。

これについては世界最大の取引所であるバイナンスのCEOがリップルは有価証券に当たらないという見解を見せています。

現代社会では非常に典型的なことですが、もしあなたが告発された場合には、あなたは多くの関係者から”有罪”とみなされます。「XRPが証券であるかどうか」についてのXRPに対する訴訟が行われていることは皆さんご存知だと思いますが、私たちは「XRPは証券ではない」と考えています。

当社は「XRPは証券ではない」と証明される前にXRPの取り扱いを開始しました。そして幸運にも私たちがXRPを取り扱ったことによって、他の取引所を巻き込むことができました。これは良いことです。私たちの判断が単独のものではないということは社会にとって非常に前向きなステップだと思います。

訴訟があったからといって「それらの人々が罪を犯している」とは限らないため、私たちは私たち自身の判断を適用し、常にXRPを強く支持しています。

「XRPは過度に集中している」などと文句を言う人がたくさんいますが、市場を見てみるとXRPは実際に多くの票を得ており、時価総額最大のコインの1つとなっています。

 

ケイシ
ケイシ
このようにリップルはすでに巨額の取引が世界中でされています。 日本人のリップルの保有率はビットコインを上回るという結果(2019年現在)が出ており、投資家保護の観点からリップルを有価証券とするのは困難ではないでしょうか。

そしてリップル社は「リップルはリップル社がなくなっても機能するため有価証券には当たらない」と発言をしています。

仮想通貨はビットコインで十分ではないのか?

送金についてはビットコインよりもリップルの方が実用性があり、実際に送金システムでリップルはシェアを伸ばしている。そしてリップルは通貨としても機能し、資産としても保有が可能。

ケイシ
ケイシ
リップルはすでに世界で1兆6000億円(2019年7月現在)もの巨額な取引きがされています。

安全資産としてビットコインが大きな影響力を持っていますが、送金の実用性や資産としてもリップルは価値を持っています。なので、日本ではビットコイン以上にリップルの保有者が多いのです。

資産というのは様々な価値を変えていっています。昔はお金が貝殻であったように、現在は金、銀、プラチナなど様々な資産があります。 その資産は需要であり信頼でもあるのです

リップルの価格は将来的にあがっていくの?

今後はリップルの流通がますます増えてくると思われます。またSBIの北尾会長をはじめリップルの価格予想では1000円を発言するなど将来的を有望視する声もあります。


*10ドル→約1100円

ケイシ
ケイシ
今後リップルについては

リップルの送金システムの利用からの流通量の増加

リップルを基軸通貨として取引所の採用が増えており、取引が増加をする。

という可能性を考えています。

ヨリコ
ヨリコ
資産としての価値が上がれば上がるほど、取引する人も増える。リップルが既存の国際送金について実用性を有している技術だからこそ、その通貨であるリップルを資産として持ちたいという信用は合理的だと思うわ。

だった日銀は発行する日本円だからこそみんな持っているのはそれが国の信用で成り立っているからよね。今後日本円が信用できなくなるから、リップルを一部保有したいという考えは特におかしくないわ。というかたくさんの人が現状としてガチホしているし。

あわせて読みたい
仮想通貨リップルの2019年末価格予想と根拠・イベントのまとめ日本人の保有率がトップの仮想通貨リップル(ripple 通貨単位XRP)。 リップルの今後2019年からの専門家の価格予想は上昇していく...

まとめ〜リップルは多くの取引所で取引が可能

以上リップルの価格の今後の展望についてまとめてきました。

リップルは現在、既存の銀行間送金でより実用性を目指して事業を進めており、毎年秋頃に開催しているリップルの国際会議「SWELL(スウェル)」では元FRBのバーナンキ議長や、クリントン元大統領が基調講演を行うなど影響力を高めている通貨です。

現在リップルでは仮想通貨取引所コインチェックを始め、国内では多くの取引所が採用をしています。

あわせて読みたい
おすすめしたい仮想通貨取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『仮想通貨取引所』というところで法定通貨である円で仮想通貨を...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら