GMOコイン(Z.com)

GMOコインの評判を検証〜特徴と使い方についても解説

FXや株でも有名な大手インターネット企業であるGMOコイン(旧Z.comコイン)がビットコイン(Bitcoin)リップルなどを取り扱う国内仮想通貨取引所になります。

GMOコインは見やすく使いやすい画面のため仮想通貨が購入しやすく初心者から口座開設を行う人が増えてきています。

この記事ではGMOコインの取り扱い通貨や手数料の特徴、そして口座開設方法についてご紹介していきます。

FX(外国為替)で事業である「GMOクリック証券)」で大きな実績のあるGMOだけに今後の仮想通貨取引について大きな注目を集めています。

公式ページ

GMOコインの会社概要

名前 GMOコイン株式会社
設立年月日 2016年10月
代表取締役社長 代表取締役社長
株主 GMOインターネット株式会社
GMOクリックホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
加入協会 日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会
日本ブロックチェーン協会
住所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー

 

以下GMOコイン株式会社の親会社であるGMOインターネット株式会社の説明です▼▼

GMOインターネット株式会社(ジーエムオーインターネット、GMO Internet, Inc.)は、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業で、GMOインターネットグループの持株会社でもある。本社は東京都渋谷区桜丘町のセルリアンタワー内に所在する。

インターネットインフラ事業を中心とし、グループ全体でインターネット広告・メディア事業、インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業を営む。ドメイン名登録事業、レンタルサーバー事業においては国内大手。本社を含む9社が上場している。企業理念として「すべての人にインターネット」を掲げており、24時間無料の社員食堂や、託児所を設けるなど社員の為の福利厚生にも力を入れている 。また社内で多くのIT勉強会を開催している。ーウィキペディア

大手ならではの高い資本金と経営能力は今後国内仮想通貨取引においてより安心で安全な取引ができる場として注目をされています。

 

同じグループの大手FX証券会社である「GMOクリック証券」の動画です▼▼芸能人の新垣結衣さんを起用しています。

取り扱い通貨〜順次拡大予定

GMOコインが取り扱う通貨はビットコインから拡大し、「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」そして「リップル」も追加されました。

注目の仮想通貨「リップル🔗」が取引できる仮想通貨取引所は国内では多くなく、GMOが取引を採用したことで大きな注目を集めています。

ビットコイン取引の特徴

通貨 ビットコイン(BTC)
取引時間 24時間 365日
手数料 無料
最小注文量 0.001BTC/回
最大注文数量 5BTC/回

ビットコインを含めて他の通貨については100円から1000円単位で購入することが可能です。

ビットコインFXについて

通貨 ビットコイン(BTC)
レバレッジ 5ー25倍
手数料 無料
注文方法 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFDーOCO
ロスカット 証拠金維持率が75%を下回った場合
レバレッジ手数料 0.05%(日)

ビットコインFXはレバレッジ取引であり、レバレッジの倍率(5−25倍)の資金を借りてトレードすることができます。

つまり1BTC持っている人が5BTCで取引ができるということです。 

ですが元本はあくまでも1BTCなので、1BTCで資金管理をする必要があります。

GMOのビットコインFXでの特徴は多彩な注文方法が可能ということ。 

ビットコイントレードで注文を出した後には、どこまで下がったら決済、どこまで値上がりしたら決済など簡単に注文を出すことができ、一度注文を出すとチャートに張り付く必要がありません。

取引環境

上の画像はPCでのGMOコインの取引画面になります。左側に注文する画面。右側にチャートを見て取引することが可能です。

 

上の画像はスマホアプリですが、よりスムーズな取引に特化した多彩な注文方法を備えています。

GMOコインのセキュリティについて

顧客資産を分離して管理

お客様から預託を受けた金銭は、当社の自己資金とは別口座で管理しております。

仮想通貨の保管場所は、当社保有分とお客様保有分で物理的に分離しています。

オフラインでの資産管理

 

ハッキング対策: オフライン保存

仮想通貨の秘密鍵は、即時送付に必要な分以外、すべてインターネットから隔離された「コールドストレージ」にて保存しています。

即時送付に必要な分についても、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用しており、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に設置し、リスク低減を図っています。

内部不正対策: マルチシグネチャ

内部による不正を防止するため、「コールドストレージ」管理の内部統制を行なっております。

「コールドストレージ」からの仮想通貨の送付には、技術的に複数部署の承認を必要とすることで、一部担当者の不正により秘密鍵が盗難されるリスクを防止する体制を整備しています。

オフラインで管理するということは、ネットに繋がっていない状態であり、ハッカーが通貨を盗めないようにする最大のセキュリティ方法と言えます。

また内部の犯行で通貨を盗まれない対策も厳重に行っていると説明されています。

GMOコインの手数料について

日本円 ビットコイン
入金 無料(送金先銀行の手数料を除く) 無料
出金 無料 無料
仮想通貨売買 仮想通貨FX
手数料 無料 新規注文・決済:無料

ロスカット:無料

レバレッジ手数料:0.05%

ほとんど手数料は無料ですが、仮想通貨FXのレバレッジ手数料については、レバレッジ取引のため資金を借りてくるために手数料が建玉ごとにかかります。

 

GMOあおぞらネット銀行について

GMOあおぞらネット銀行は、GMOコインと同じGMOグループからリリースしたネットバンクになります。

GMOあおぞらネット銀行はすでに株の証券会社である「GMOクリック証券」と口座を連携するサービスを開始しており、将来的にも同じログインで簡単に口座を使い分けることができるようになる可能性があります。

GMOあおぞらネット銀行の特徴

①振込手数料月1回無料

②ATM引き出し手数料月2回無料

③GMOクリック証券の口座連携で定期預金金利0.110%

④デビットカード利用で0.6%のキャッシュバック

公式ページ

ヨリコ
ヨリコ
GMOグループのサービスを利用している人なら使い勝手が良さそう。まだ新しい銀行なのでさらにサービスをグループ間で広げて行くと思うわ。

GMOコインの口座開設の手順

GMOコインはこちらから進めます▼▼

 

書留郵便で送られてくるハガキには口座開設コードが記載されていますので、それをサイトで入力して口座開設が完了となります。

口座開設の手順はメールアドレスからまず登録をして、上の画像のような進みになります。 メールアドレスとパスワードを最初に設定すればすぐにGMOコインにログインできるためその後で準備が整い次第、「個人情報入力・本人確認書」についてPC上で提出すれば大丈夫です。

まずメールアドレスの登録は上の画像のようになるため、メールアドレスを入力して「無料口座開設」をクリック。

その後登録したメールアドレスにメールが送られてくるので、その後にパスワードをすぐに設定することが可能です。

GMOコインの今後に期待

今後仮想通貨取引はますます増えてくることが予想されます。 

そんな中で2017年から本格的に仮想通貨事業を開始してGMOは、大手としての安心感と安全面という上では非常に期待ができる取引所と言えます。

2017年11月末時点でGMOコインではあの「リップル」も追加され積極的に仮想通貨取引事業を行っています。

大手取引所として今後の国内での仮想通貨サービスについては今後も目が離せません。

 

GMOコイン公式ページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在仮想通貨がもれなくもらえるキャンペーンを実施中!!

 

詳細ページ

公式ページはこちら

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら